柴崎岳デビュー戦はいつ?3月3日か12日が有力!

この記事は3分で読めます

スペイン2部リーグのテネリフェに移籍した、柴崎岳選手のスペインデビューが近づいています!

 

柴崎岳選手は、遺跡早々から胃腸炎により体調を崩したあと、チームと合流せずホテルの部屋から出ずチームメイトとの交流もなく、チームは柴崎岳選手が不安障害の可能性があることを認めて、一時バルセロナへ心理療法に向かうほどになっていました。

 

そのため早期退団まで噂されていましたが、ようやくチームメートとボールを使った練習を再開するまでに回復したことが明らかになりました。

ファンからしたら待望の明るいニュースですね!

スペインの2部が簡単でないことはわかっていても、レアルをあれだけ苦しめた柴崎岳選手の実力は折り紙つき。

チームにフィットさえすれば、確実に各着してくれるはずなので、一日も早い練習復帰が待ち望まれていました。

 

こうなると次なるファンの期待は、柴崎岳選手のスペインデビュー戦。

なにせ契約が半年しかないので、残り試合もそう多くありません。

シーズン途中にチームに加わっているので、今シーズンは目立った活躍ができないまでも、来シーズンに1部リーグにステップアップできるよう、スペインのサッカーに慣れ、その才能の一端を見せて欲しいと期待されています。

 

そんな柴崎岳選手のデビュー戦がいつになるのか、調べてみました!

 

スポンサードリンク

 

柴崎岳のデビュー戦は3月3日?12日?

3月3日はテネリフェがホームでミランデス戦を控えています。

 

2月27日にはボール使った練習を再開したと伝えられている柴崎岳選手としては、この1周間でチーム練習に合流すれば、3月3日の後半10分程度でも雰囲気になれるため出場があるかもしれません。

 

ただ現地メディアによると、まだそれは時期尚早ではないかとのことです。

柴崎のスペインデビューの日は、着実に近づいている。

記事でも「他の同僚は故障からの復帰のために依然として努力している。ラシッドと柴崎岳はホセ・ルイス・マルティにとって最も(復帰に)近い存在だ」とされている。

だが、続けて「しかしながら、火曜日に行われるCDミランデス戦は事実上不可能だ。特に日本人の場合は」と、移籍後1カ月となるなかでの“3.3デビュー”は時期尚早と指摘された。

柴崎は移籍後に心身両面の不調により、体重を6キロも減らしたと現地メディアでは報じられている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170228-00010005-soccermzw-socc

 

確かに6キロも体重を落としていて、しばらくトレーニングも休んでいた状態で、いきなり練習再開から1周間で実戦に出るというのは現実的ではないですね。

チームはそこは焦らずに調整しようという考えを持っているようです。

 

そうなると、次の週、3月12日に敵地ヘタフェ戦でのデビューが予想されます。

初戦はホームでデビューを、という計算もあったでしょうが、タイミングとしては3月12日の方が柴崎岳選手にとってもよさそうですね。

きっと体力が落ちているでしょうから、実戦で戦える体力に戻すのはこれからでしょう。

 

テネリフェのサポート

しかしそう考えると、チームが良心的なのか、それだけ期待されているのか、すごく大事にされている感じがしますよね。

普通なら日本人なんてある程度スポンサーを連れて来てくれるとか、グッズを売ってくれるマーケティング的な意味での期待があることは差し引いて考えないといけませんが、テネリフェと柴崎岳選手については、今回の心身両面での不調についてもしっかりケアしてくれて、復帰も急がず本人の事を大事に考えてくれているようです。

 

同じスペインリーグで、清武選手が半年で退団しながら、乾選手はレギュラーで活躍している背景には、所属したチームの実力やその地域の文化の違いもあるようですが、結果的にはクラブがしっかりと外国人をケアしてくれるかどうかの違いが大きいのでしょう。

 

言葉の壁でコミュニケーションに問題を抱えても、乾選手のことはクラブがしっかりとケアして孤立しないようにしていて、清武選手の方は、実力は認めながらも言葉のハンデによる戦術的な理解不足を問題にするだけで、結果的に試合から遠ざかることになってしまいました。

 

クラブにとっても安く選手を購入して高く売ることをビジネスモデルにしているのに、清武選手の価値を挙げられなかったのはもったいないことだったでしょうが、ヨーロッパやスペイン語圏以外の外国人の扱いに慣れていなかったのかもしれません。

 

一方、乾選手が活躍できた背景は、おそらくセビージャのような強豪でなく、エイバルという地方クラブに所属したことがその理由なのでしょうから、テネリフェ島のチームに所属した柴崎岳選手は、同じようにクラブ側がしっかりケアしてくれているようなので、決してチームから孤立することなく、実りのある半年間を過ごすはずです。

 

現在リーグで4位につけるテネリフェ。

あわよくば1部へ昇格して、柴崎岳選手もチームに残って、晴れて来シーズンスペイン1部リーグのデビューを果たしてもらいたいと思います。

そのためにはこの半年が重要になりますから、「メンタルが弱い」といった批判を跳ね返して、活躍されることを期待しましょう!!

 

 
柴崎岳の不安障害

嘔吐で胃腸炎→不安障害→ホテルから出れず6キロ痩せる

遺跡から現在までの流れ
クラブが不安障害を認める→退団の噂も→バルセロナへ心理療法に行く

柴崎岳のデビュー戦に日にち予想
テネリフェ島に戻り練習再開

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。