菅野完(すがのたもつ)の正体は?妻や子供は?森友学園との関係を調査!

この記事は3分で読めます

普段はあまりテレビやニュースを観ないんですよね。

もっぱらネットで情報を仕入れたり、Youtubeで海外スポーツの結果を観たり。

 

テレビって、その時間に合わせてテレビの前にいないといけないし、突発の用事が入ったり家事の都合なんかで、ちょうどその時間にゆっくりテレビの前に座っているということが難しいことも多いですよね。

多分主婦の方や、小さいお子さんを抱えているご家族は、「そうだよね~」と同意してくれるのではないかと思います。

 

ただテレビのいいところって、情報をうまくまとめてくれるところですよね。

報道番組などで、今話題のニュースが「何がそんなに問題になっているのか」というのを、簡単にまとめた紹介動画を流してくれたりしますが、ネットだと情報が細かすぎて、全体を把握するのが難しいことがあります。

 

そんなわけで、情報に乗り遅れたものとしては、今話題の「森友学園」のニュースが、一体「何が問題で」「現在どのような状況になっているのか」、あんまりわからないんですよね。

 

でもひとつ怪しいことはわかりました。

「菅野完」というフリージャーナリストという怪しい肩書の人が、なぜか渦中の人物の元理事長、籠池泰典さんの代理人のようになっていることです。

 

代理人って弁護士とかならわかるんですが、フリージャーナリストという微妙な肩書の人が代理人って何?

ますます怪しさを助長してくれます。

 

そこで、菅野完さんというフリージャーナリストの名前の読み方、経歴、妻や子供などの情報、森友学園との関係などについて調べてみました!

スポンサードリンク

菅野完のプロフィールと経歴

名前:菅野完(すがのたもつ)
生年月日:1974年11月(現在42歳)
出身:奈良県天理市
出身高校:明星学園高等学校
出身大学:アメリカ・テキサス大学オースティン校
職業:作家、活動家、ジャーナリスト

菅野完さんは父親が地方の政治家で、家庭は裕福だったようです。

高校生時代には、部落差別の解消を目的とした部落解放同盟で活動。

高校を卒業後渡米し、アメリカの大学(テキサス大学オースティン校)に進学。

ここはかなりレベルの高い大学なので、頭の良い方のようです。

 

菅野完の経歴

大学では政治学を専攻し、卒業後は日本に帰国。

一般企業に就職したようですが、2007年の終わりごろからTwitterやブログで政治的な発言を始めます。

2013年には「レイシストをしばき隊」という政治グループ発足の際の、初期メンバーとしても名を連ねています。

その後、執筆活動を中心に活動しているようです。

 

「レイシストをしばき隊」とは、野間易通氏が在特会に対抗するために結成した団体。

在特会(在日特権を許さない市民の会)のデモへの抗議を目的とした団体です。

過激な主張をする政治団体に対し、過激な方法で対抗する団体ですから、普通の政治団体とはちょっと違いますね。。。

 

菅野完さんは逮捕歴もあります。

2016年に性的暴行で被害者の30代女性から200万円の賠償を受けたと、フライデーに取り上げられています。

こちらは被害届を16年6月末に警察に受理されており、現在も係争中です。

 

菅野完氏と女性とはツイッターなどを通して会ったようなので、ちょっと最近流行りの芸人のゲスな女性問題と同じような感じがしなくもないですね。

 

スポンサーリンク

 

菅野完の妻や子供は?

ここまでの経歴などを見ると、過激な政治活動家のような印象もありますが、結婚されていてお子さんもいらっしゃいます。

ツイッターでは奥さんやお子さんに関する「つぶやき」もあり、子煩悩なパパぶりを感じさせる書き込みもあります。

 

菅野完と森友学園の関係は?

菅野完さんと籠池理事長とはどういう関係なのでしょうか。

 

もともと菅野完さんは、森友学園の説明会に潜入してその説明会を録音していたそうです。

関係者でないのに侵入して録音って、、、。

違法ではないのでしょうか。

 

そんなことで、もともと菅野完さんは、篭池元理事長から毛嫌いされていたようですが、いつのまにか単独インタビューを行い、ある意味、代理人のように籠池氏の発言を伝えたりして、懇意にしている様子です。

これには、ジャーナリストとして反響の大きいネタを扱いたい菅野さんと、表に出たくないが主張もしたい籠池さんの、お互いの利害が一致した、ということなのかもしれませんが、この辺はまだ謎が多いようですね。

 

寄付金の証拠と言われた払込通知書が、修正液で修正されたものだったなど、まだまだ盛り上がりそうなこの話題。

菅野完さん個人のことも含め、目が離せないですね!!

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。