サッカー日本代表UAE戦の予想スタメン!招集メンバーも!本田香川長友は?

この記事は4分で読めます

※長谷部誠選手の怪我による離脱により、記事の下の方に、予想スタメンを更新しています(3月22日)。

サッカー日本代表は、3月23日、アウェーでUAE戦。

そして28日、ホームでタイ戦に臨みます。

その招集メンバー25人が発表されました。

 

招集メンバーの顔ぶれについては、いろいろ物議を醸しましたね。

特に話題になったのが、本田圭佑選手の招集。

 

かねてより所属クラブで試合に出ていない選手は代表に呼ぶのが難しいと話していて、今回本田圭佑選手はインフルエンザにも罹患していたため、ついに今回は招集しないかと思われていました。

同様に試合に出れていない海外組として、香川真司選手や岡崎慎司選手、清武弘嗣選手がいましたが、香川真司選手や岡崎慎司選手は最近の試合では出場機会も増え、出た試合では高いパフォーマンスで存在感を示しています。

長友佑都選手は相変わらず出場機会が増えませんが、それでも本田圭佑選手よりは試合に出ているので、そこまで大きな問題になっていません。

 

一方、本田圭佑選手は本当に出場機会が与えられず、今季はほとんどプレーした姿を見ていません。

それでも招集された今回のUAE戦とタイ戦。

ハリルホジッチ監督の意図としては、UAE戦が強豪であることに加え、アウェーで審判のジャッジなど難しい試合になるはずなので経験が重要、ということのようです。

 

それなりに意味がある試合に出ていなくても、ビッククラブで練習していることは考慮に値するみたい。

わからなくはないですが、今までいっていたことと随分違うな、という印象は拭えず、サポーターの反応としてもハリルホジッチ監督への信頼がなくなっているようです。

 

そこまでしてもどうしても「負けられない一戦」であるUAE戦。

その重要な試合のスタメン予想をしてみました!

招集メンバーの一覧も載せています。

スポンサードリンク

UAE戦、タイ戦の招集メンバー

今回選ばれた代表選手は、この25名です。

■GK
西川周作(浦和レッズ)
川島永嗣(FCメス/フランス)
林彰洋(FC東京)

■DF
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
長友佑都(インテル/イタリア)
槙野智章(浦和レッズ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
森重真人(FC東京)
昌子源(鹿島アントラーズ)
植田直通(鹿島アントラーズ)

■MF
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
山口蛍(セレッソ大阪)
今野泰幸(ガンバ大阪)
高萩洋次郎(FC東京)
倉田秋(ガンバ大阪)
香川真司(ドルトムント/ドイツ)
清武弘嗣(セレッソ大阪)

■FW
本田圭佑(ミラン/イタリア)
浅野拓磨(シュトゥットガルト/ドイツ)
原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
宇佐美貴史(アウクスブルク/ドイツ)
大迫勇也(ケルン/ドイツ)
岡崎慎司(レスター/イングランド)
久保裕也(ヘント/ベルギー)

(ゴールキーパー3人。ディフェンダー8人。MF7人。FWに7人。ベンチ入りは23人まで。)

 

このメンバーを見て、「あの選手のほうが良かった」など、いろいろな議論が出ますよね。

ポイントはやはり、本田圭佑選手や宇佐美貴史選手など、ほとんど出場機会をもらえていない選手が選ばれ、クラブで実績を残している乾選手や齋藤学選手などが選ばれなかった点でしょうか。

 

乾選手は年齢的なものもあるかもしれませんが、齋藤学選手はJリーグの活躍を見る限り、確実に招集されると思いましたね。

この辺は監督やスタッフの考えがあってのことでしょうから、やむを得ませんが。

 

 

UEA戦の予想スタメン

3月23日のUAE戦、28日のタイ戦が控えるサッカー日本代表。

その中でもUEA戦は、直接上位を争う国との対戦なので、絶対に負けられません。

 

そこでこのUAE戦のスタメンを予想してみました。

予想されるのはこの11人です。

■GK
西川周作(浦和レッズ)

■DF
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
森重真人(FC東京)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)

■MF
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
山口蛍(セレッソ大阪)
香川真司(ドルトムント/ドイツ)

■FW
大迫勇也(ケルン/ドイツ)
久保裕也(ヘント/ベルギー)
原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)

 

みんな気になるポイントは同じかと思います。

 

まず左サイドバックに長友選手は出場するか。

ここは酒井高徳選手で間違いないでしょう。

 

中盤で長谷部選手のパートナーは誰か。

これはアウェーということもあり、守備力から山口蛍選手に決まり。

 

トップ下は通常なら清武弘嗣選手でしょうが、まだ怪我からコンディションが完全に戻っていないことと、クラブで調子を上げている香川真司選手が選ばれるはずです。

 

そしてFWですが、本田圭佑選手はベンチスタートは変わらないはず。

大迫勇也選手と原口選手は鉄板。

右サイドに今ヨーロッパでも注目の久保裕也選手か、チャンピオンズリーグベスト8の立役者となった岡崎慎司選手か。

代表でとクラブで役割が違い、適応していないと判断された岡崎慎司選手ですが、調子が上向きなのは間違い無し。

香川真司選手との相性からも岡崎慎司選手の可能性がありますが、スタートは現在の勢いを買って久保裕也選手と予想しました。

 

若い選手も育ってきて、どの選手が出るにしてもバランスが取れてきた日本代表。

とにかく負けられない一戦ですから、絶対に勝ってほしいですね!!

頑張れ、日本!!!

 

※3月22日更新

長谷部誠選手の怪我は思ったよりひどいようで、手術に踏み切ることになったようです。

残念ながら今回のUAE戦とタイ戦は欠場となりました。

そこで、長谷部選手の代わりに誰が入るのか。

直近の練習のフォーメーションから、予想スタメンを追記しました。

 

練習では、大迫勇也選手と岡崎慎司選手の2トップ。

左に原口元気選手、右に本田圭佑選手。

長谷部誠選手の抜けたポジション、山口蛍選手の相方になんと香川真司選手が入っていたようです。

 

ただしこれは負けている展開でボランチを一人にしたときのスクランブルシステムで、初めからこれでいくとは思えません。

今回はあえてベテランに重きを置いた招集となっているので、長谷部誠選手の代わりには今野泰幸選手が入るのではないでしょうか。

 

高萩選手は怪我からチームの全体練習に合流が遅れていましたし、現在の代表メンバーとはほとんど一緒にプレーしていません。

その点、今野泰幸選手は長く代表で活躍していたので、本田圭佑選手や岡崎慎司選手、吉田麻也選手などとは違和感なくプレーできるはずです。

加えて現在の代表にとって代えの効かないキャプテンの代わりを務めるのは、経験に加え、周囲とのバランスを調整できる対応力の良さが求められるはず。

センターバックからボランチ、さらに最近ではより攻撃にバランスを移して得点力も備えている今野泰幸選手ならうってつけでしょう。

 

そこで、改めて次のようにスタメンを予想しました。

西川周作(浦和レッズ)

■DF
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
森重真人(FC東京)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)

■MF
今野泰幸(ガンバ大阪)
山口蛍(セレッソ大阪)
香川真司(ドルトムント/ドイツ)

■FW
大迫勇也(ケルン/ドイツ)
岡崎慎司(レスター/イングランド)
原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)

長谷部誠選手の代わりに今野泰幸選手が入り、FWは岡崎慎司選手。

岡崎慎司選手はクラブでの役割同様、前線からチェイスしてプレッシャーをかける。

中盤でボールを奪えればショートカウンターで大迫・香川・原口でチャンスを作る。

久保裕也選手はジョーカーとして、後半途中から岡崎慎司選手に代わって出場するのではないか、と考えます。

 

UAEの情報なども徐々に入ってきて、緊張が高まる一戦まであと少しですね!!

試合が待ち遠しいです!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。