山本裕典が契約解除!契約終了の原因や理由に違反内容を調査!

この記事は3分で読めます

夜、疲れて帰ってきて、食事もそこそこに子供の遊び相手をつとめ、久々に紙飛行機を折っていました。

 

紙飛行機なんて何年ぶりだろう。

すっかり折り方を忘れて試行錯誤しているうちに、折り紙が折り跡だらけで、ヘニャヘニャになってしまいました。

飛ばしてみるものの、飛んでいるのかヒラヒラ落ちてきているだけなのか。

 

子供の頃はあんなに夢中になって、どんな折り方が距離が出るのかとか、滞空時間の長い飛行機を作って、誰が一番長く浮いてられるかを競ったりしましたよね。

特別難しいものでもないと思っていましたが、すっかりやり方を忘れてしまうものですね。

真っ逆さまに落ちていく飛行機に、親の威厳も保てず、がっかりしてる子供がかわいそうになってしまいました。

 

諦めてコーヒーでも飲んでスマホをいじっていると、ビッグニュースが流れていました!

山本裕典さんが契約解除!?

 

イケメン俳優として、多くのドラマや映画などで活躍されてきた人気若手俳優さんで、個人的にも好きな役者さんでした。

 

まさか出家!?

それともゲス不倫!?

あるいは洗脳騒動!?

 

最近、その手のトラブルが多いですよね〜。

 

 

 

所属事務所によると、今回の決定の理由については、山本さんのこれまでの行動を鑑み、事務所の考える基準に至らなかったため、契約内容に違反したとの事だそうです。

契約内容に違反って、何があったのでしょうか?

 

この手のニュースにありがちな「詳細はぼかした理由」で発表されているので、何が原因かは語られていませんが、の山本さんのこれまで報道されてきたニュースなどから、契約終了・解除の理由、違反内容とは何か、などについて調べてみました!

スポンサードリンク

山本裕典の契約解除までの経緯

事務所側のコメントは以下のとおりです。

 

いつも山本裕典ならびに弊社所属のタレントへの応援、誠にありがとうございます。

この度、マネージメントをしております山本裕典が、弊社とのマネージメント業務委託契約の内容に違反したため、2017年3月21日付けで山本裕典とのマネージメント業務委託契約を終了することにいたしました。

 

本日まで数えきれないほど、山本裕典本人と話し合い、何度も熟考を重ねました。

しかしながら、本日までの一連の諸事情を鑑み、山本裕典が弊社の考える基準に至らなかったため、契約内容に違反したと考え、断腸の思いで、契約を終了することにいたしました。

 

デビュー以来11年もの間、山本裕典を多くの人たちを魅了する俳優にするべく一緒に精進し、苦楽を共にし、彼の俳優として生きる姿勢を支えてきました。

そのため、このような結果は、非常に残念であり、私共の指導力不足を痛感しているところでもあります。

 

今まで長年にわたり山本裕典を応援していただいたファンの皆様、支えていただいた関係者の皆様、ご期待に添うことができず、大変申し訳ございませんでした。

これからは別々の道を歩む事になりますが、今後山本裕典がどのように歩を進めていくのか、温かく見守っていただけたら幸いです。

 

今後も、弊社社員一同、皆様に感動を与えられるような俳優たちを育て、苦楽を共にしながら、さらに精進してまいる所存でございます。今後ともご支援とご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

引用:http://evergreen-e.com/

 

山本裕典さんに対し、事務所側は相当時間をかけて何度も話し合いを重ねたのでしょうね。

そこで、「弊社の考える基準に至らなかった」とはどういうことでしょうか。

 

 

山本裕典さんは過去に多くの熱愛スキャンダルが報じられています。

以前から女性関係についてはいろいろ問題があり、熱愛報道や写真週刊誌に撮られることも数回ありました。

かなりチャラいという噂で、六本木のクラブやバーで頻繁に目撃されていたようです。

 

ホステスのお持ち帰り写真を報道されたこともあり、週刊誌のネタになるたびに、おそらく事務所側から警告が会ったものと思いますが、それでも素行が変わらなかったので、今回の措置にいたったのかもしれません。

 

 

 

この報道がされた際は、山本さんは全面的に自身の非を認め、今後は同様のトラブルを起こさず、私生活を律する事を誓っていました。

おそらくそれを違反する行動があり、事務所側がついに決断を下すことになったということかもしれません。

 

山本裕典の今後

事務所の発表を見る限り、歩む道は違えどこれからも応援を、とのことですから、事務所は変わっても芸能界に残るのかもしれません。

 

チャラい私生活とは別に、俳優業には真摯に打ち込んでいた山本裕典さんですので、今後は舞台俳優など、テレビと距離をおいた活動をするのかもしれません。

 

以前、契約問題でもめたヘキサゴンメンバーの野久保直樹さんも、テレビから距離をおいて、主に舞台で活躍されています。

山本裕典さんも、同じように活動していく可能性はあると思います。

 

こう言うと語弊があるかもしれませんが、テレビタレントと違い、舞台役者は私生活とは無関係に芝居の良し悪しで判断される世界でしょうから、過去にスキャンダルがあったかどうかは、それほど重要ではない気がします。

 

まだ若く、キャリアはこれからという若い俳優さんですので、形は違えど、役者さんとしてまだまだ活躍してほしいですね!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。