山本彩が行列でブチ切れた話!根に持つのは内田監督?「何が正解やねん」

この記事は2分で読めます

最近、ブチ切れたことありますか?

 

私は少し前まで仕事のストレスからブチ切れそうになることが度々あったのですが、その都度モノに当たったり、トイレで壁を蹴ったりして、自分の中のモヤモヤを吐き出して抑えていました。

 

やっぱりイラッとすることはありますよね。

どうしようもないことでストレスをためても自分が損するばかりなので、上手に吐き出して、気にしないようにしようと思うのですが、やっぱり引きずったり根に持つことがあります。

 

自分で自分がちっちゃい人間だなって思うこともあるけど、やっぱりこればっかりは自分でコントロール出来ないんですよね。

 

そんな「根に持つエピソード」って皆さんお持ちだと思うのですが、芸能人でもそれは一緒。

今回の「行列のできる法律相談所」では、ゲストの皆さんが、それぞれ根に持つエピソードを披露するそうです。

 

今回は目玉ゲストとして、小倉優子さんが登場し、あのゲス不倫のことに触れるのか?と期待が高まりますが、トップアイドルNMB48の山本彩さんも登場し、根に持つエピソードを話すようです。

 

アイドルがそんな過激なエピソードを話して大丈夫なのかという気もしますが、おそらく当事者間ではすでに笑い話になっているようなことなんでしょうね。

 

そこで気になる山本彩さんの根に持つブチ切れた相手が誰か、調べてみました!

スポンサードリンク

山本彩が根に持つ相手は?

「行列のできる法律相談所」の予告映像で、山本彩さんが「何が正解やねん!」と話している様子が映っていました。

これはファンの間では周知のネタのようですが、以前別の番組でもこのエピソードは話しているようです。

 

山本彩さんがブチ切れた相手とは、山本彩さんが出演した映画で監督をされていた内田秀実監督のようです。

 

それは2014年に山本彩さんが主演を務めた映画「NMB48げいにん!THE MOVIEリターンズ」で、メガホンをとったのが内田監督。

山本彩さんは初めての映画で切羽詰まって、プチッといってしまったそうです。

その時の様子を以前のテレビ番組で、内田監督と一緒に出演して語っていました。

内田監督は「一番最後のシーンで漫才をして笑わせながらも泣けるシーンという。すごいいろいろイメージがあったんで、7回、8回やり直しをしたところで、あまりにも撮り直しさせるんで我慢できなかったんでしょうね」と山本の心理を分析。

監督が山本に演技指導し、モニターに戻ろうとした時に山本の声が聞こえた。

「何が正解やねん」

監督は「傷つきました」と語った。

https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/04/15/0007920123.shtml

 

多分、相当煮詰まっていたんでしょうね。

内田監督の演技指導がどのような言い方だったのかわかりませんが、全否定されるような言い方だったのでしょうか。

 

役者さんではないから本人が一生懸命やっていても、技量が伴わず、本人も周囲ももどかしいことになることはありそうですよね。

 

もっとも山本彩さんはフォローしていて、これは不甲斐ない自分に向けた言葉だったと話しています。

自分に対して『どれが正解やねん』と言ったんです」と弁明。

「自分に対してかみ砕けなくて。自分に言ったことが監督さんに対して言ったみたいになって」

https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/04/15/0007920123.shtml

さすが国民的アイドルのセンター。

大人な対応でフォローしていますが、やっぱりイラッときて、つい周囲へのいらだちが口に出てしまったんでしょう(笑)。

でも、そうしてお互いが本気でぶつかったことで、いい作品ができたのでしょうね。

何か作品を作っていくということは、そうした衝突は避けて通れませんし、それがあって初めて人の心を打つ作品ができるのだと思います。

 

この神対応に、ますます山本彩さんのファンになりました。

とにかく「行列のできる法律相談所」の放送が楽しみですよね!!

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。