小野塚勇人(エグゼイド九条貴利矢レーザー)身長や高校に劇団EXILEを調査!

この記事は3分で読めます

「仮面ライダーエグゼイド」はまさにクライマックスに向かっていますね!

もう間もなく放送も終了となり、エンディングに向かって毎回目が離せない展開です。

 

そして映画「仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦」も大ヒット上映中です!

 

仮面ライダーやスーパー戦隊の歴代のヒーローが多数登場する、子供たちが大喜び、大人も子供心をくすぐられまくりの展開で、お子さんとお父さんがともに喜ぶ内容になっています。

 

そこで個人的に興奮したのが、まさかの「貴利矢」登場!!

 

仮面ライダーレーザーとして活躍しながら、まさかの途中で死んでしまうという展開により登場しなくなるという衝撃の展開で消えてしまった九条貴利矢が、この「超ヒーロー大戦」で復活という、ファン大喜びの展開になっています。

 

興奮したのは私だけでなく、劇場から子供の「貴利矢だ!」と驚きの声が。

みんな貴利矢の途中退場はしょっくだったんですね。

 

そこで、仮面ライダーエグゼイドに登場する、仮面ライダーレーザー九条貴利矢を演じる俳優、小野塚勇人さんのプロフィールや身長、出身高校、劇団EXILE所属の経緯などを調べました。

スポンサードリンク

小野塚勇人のプロフィール

f:id:skshinbo:20161225180323p:plain

http://www.toei.co.jp/tv/ex-aid/story/1208113_2606.html

名前:小野塚勇人(おのづかはやと)

生年月日:1993年6月29日(23歳)

出身:千葉県

身長:173cm

所属事務所:LDH

出身高校:市立船橋高校(その後通信制高校)

 

小野塚勇人さんは、サッカー推薦で市立船橋高校に入学するほどのサッカー少年でした。

しかし、急遽、歌手を目指して通信制の高校へ変更したそうです。

 

市立船橋といえば、スポーツ全般にすごい成績を残している高校ですね。

サッカー部は多くのJリーガーも輩出して、全国大会優勝なども実績もある強豪校です。

そこにサッカー推薦で入学したというから、将来有望なサッカー少年だったはずですが、それをあっさり捨てて、しかも学校を代わり通信制に通いながら歌手を目指すって、すごい行動力ですね!

もしかしたら日本中から才能のあるダイヤの原石が集まるわけで、そこで天才たちの才能に圧倒され見切りをつけたのかもしれません。

 

そして、2010年2月より行われたEXILEが行うオーディション企画「VOCAL BATTLE AUDITION 2」に参加しますが、2次審査で落選。

なんと、この時の合格者が今市隆二さんと登坂広臣さん。

 

もしかしたら、小野塚勇人さんが三代目J Soul Brothers として歌手活動をしていたかもしれなかったわけです。

 

その年の8月に行われた「第3回劇団EXILEオーディション」にも参加しますが、ファイナリストとなるも落選。

惜しいところまで行きながら惜しくも落選でしたが、審査員の印象に残る方だったのでしょう。

その後、2012年9月、舞台『あたっくNo.1』の出演をきっかけに劇団EXILEに加入することになりました。

 

今回の仮面ライダーレーザーでは、九条貴利矢を好演し「貴利矢ロス」まで起きていました。

それだけ小野塚勇人さんの演技とキャラクターが、多くの人に受け入れられたのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

仮面ライダーレーザー

小野塚勇人さん演じる九条貴利矢が返信する「仮面ライダーレーザー」がこちら。

 

f:id:skshinbo:20161225175704p:plain

出典:http://akkinews.net/archives/131538

 

クリスマスに買って即座にレーザーが消滅してしまったのですが、武器のガシャコンスパローは、まだ子供のお気に入りの遊び道具です。

f:id:skshinbo:20161225175608p:plain

出典:http://rider.b-boys.jp/products/details.php?detail=4549660108085000

 

どこかのタイミングで九条貴利矢が復活して、この武器も再登場するという展開を期待していたので、親としては買って損はなかったと胸をなでおろしました。。。

 

これだけ人気のあった小野塚勇人さんですから、これから様々なところでテレビや舞台に登場してくれるはずです。

今後の活躍からも目が離せませんね!!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。