=LOVE(イコールラブ)指原プロデュースの名前の意味とメンバーを調査!

この記事は3分で読めます

最近はアイドルがアイドルを作る時代になったんですね。

AKB48の指原莉乃さんが、アイドルグループをプロデュースするようです。

 

確かに現役アイドルで、しかもAKBのように多くのメンバーの中から上位にランクインされるようなアイドルであれば、どういうことがファンに受け入れられて支持につながっていくのか、身をもって知っているわけですから、新しいアイドルのプロデュースには最も適任なのかもしれないですね。

 

もっとも実際にはアイデアだけではまかなえない部分も多くあるのでしょうが。

いろいろ大人たちの思惑を調整したりしながら、自分の盛り込みたい企画なりカラーみたいなものをうまく盛り込んでいく調整能力なんかも必要になるのかもしれませんね。

 

そんな難しい役回りを指原莉乃さんが挑戦するようで、「指原莉乃プロデュース」と冠がついたアイドルグループ、しかも「声優アイドル」になるようで、その最終審査が行われて合格者13人が決まったようです。

指原が理想のアイドルグループをプロデュースするため始動した同企画。この日の最終審査には103人が参加し、歌やダンス、質疑応答が行われた。

指原によると「本当に激戦だった」といい、悩みすぎて鼻血を出したことも告白。難航したオーディションから合格を勝ち取った13人を見渡し、「キラキラで、すでに心奪われている」とゾッコンだった。

https://mdpr.jp/music/detail/1683012

 

かなり指原莉乃さんとしても力の入った企画になっているようですね。

そんな指原莉乃さんプロデュースの声優アイドルグループの名前の由来、合格した13名のメンバーについて調べてみました!

 

スポンサードリンク

指原莉乃プロデュースのアイドルグループ「=LOVE」の名前の理由

指原莉乃プロデュースの声優アイドルグループの名前は「=LOVE」(イコールラブ)に決まりました。

この名前の由来を、指原莉乃さん本人が次のように語っています。

指原は「アイドルとはファンに愛されなければいけない。そしてアイドルという仕事も自分が愛さなければいけない。アイドルはラブだと感じたので。過去に(大島)優子ちゃんも総選挙で『票数は愛』と言っていましたが、まさにその通り。アイドルを一度でも体験したことがある人、応援したことがある人はこのグループ名で納得していただける」と命名の理由を明かした。

https://mdpr.jp/music/detail/1683012

 

AKBファンではないので詳しくはないのですが、指原莉乃さんがこうしてトップアイドルでいられるのは、「アイドル」とは何かということをよく理解しているからなのでしょうね。

 

想像でしかないのですが、アイドルなんて偶像で「自分は周りが思っているのと違う」といったジレンマとか、イメージが独り歩きして求められていることをやり続けることに不満があったりもするのでしょうが、それよりもファンがあってのアイドルという良い意味での割り切りをされているからではないかと感じました。

 

そんなアイドル道を極めた指原莉乃さんがプロデュースですから、人気アイドルグループになるのでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

「=LOVE」のメンバー

指原莉乃プロデュースの声優アイドルグループ「=LOVE」のメンバーは次の通りです。

・ヤマモトアンナ(19歳)
・サタケノンノ(18歳)
・モロハシサナ(20歳)
・チョウナンマイ(19歳)
・サイトイウキアラ(12歳)
・ノグチイオリ(16歳)
・オオバハナ(17歳)
・オトシマリサ(18歳)
・タキワキショウコ(15歳)
・オオタニエミリ(18歳)
・サイトウナギサ(13歳)
・タカマツヒトミ(16歳)
・ササキマイカ(17歳)

12歳から19歳までの幅広い年齢層になりました。

中高生から大人まで、全方位のファンを獲得したい年齢の構成なんでしょうね。

指原莉乃さんが選考時点で興奮して鼻血を出した、というだけあって、確かにみんなかわいいですね!

 

グループの目標を聞かれた指原莉乃さんは

「秋元(康)さんのことを尊敬しているので言いますが、いつか48グループに並ぶ、そして越えるグループにしたい」

と答えているので、本当に国民的アイドルグループを目指しているようです。

 

早速ネット上の反応も好意的なものばかりなので、期待も高まりますね。

 

これから「=LOVE」がAKBグループを脅かす存在になるのか、楽しみですね!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。