野々村ママ(深イイ話)の経歴や作家番組は?綺麗で怖くて元ヤンで最強!

この記事は3分で読めます

深イイ話で、野々村ママのインパクトがすごくて話題になっていますね!

 

二丁拳銃の川谷修士さんの妻である野々村友紀子さん。

番組内では「野々村ママ」と呼ばれ、川谷さんの相方でダメダメな小堀裕之さんを叱り飛ばす姿が衝撃的で、そんな野々村ママの正論が小気味いいとかなり人気になっています。

 

実は野々村ママも元芸人さんで、今では売れっ子の放送作家なので、単に夫の仕事仲間を叱っているだけでなく、同じ業界の人間としてダメ出ししているのです。

 

「目から血が出るほどネタ考えろ!」と怒鳴っているのは、素人がメチャクチャなことを行っているわけでなく、売れっ子放送作家が叱っているので小堀さんも反論できないわけですね。

 

あれだけきれいな女性で、なおかつ売れっ子放送作家で、同じテレビ業界で夫よりも人気があるなんて、まさに最強ですね。

 

そんな野々村ママですが、あの見事な毒舌というか啖呵は只者ではないと思っていたら、やっぱり結構な元ヤンのようです。

そこで野々村ママの経歴と放送作家をしていた番組名などを調べてみました!

スポンサードリンク

野々村ママの経歴

野々村友紀子さんのプロフィールです。

本名:川谷友紀子(旧姓:野々村)
生年月日:1974年8月5日
出身:大阪府大阪市
事務所:吉本興業
活動期間:1992年〜

 

野々村ママは吉本総合芸能学院(通称:NSC)の11期生で、同期には陣内智則さんや中川家、たむらけんじさん、ケンドーコバヤシさんもいます。

11期生ってすごいですね!

 

川谷修士さんとの結婚するきっかけは、川谷修士さんが12期生としてNSCに入ったとき、1年先輩の野々村友紀子さんに一目惚れして、舞台で告白というドラマチックな展開で交際することになったようです。

 

野々村ママの経歴としては、1992年から”高僧・野々村”というコンビ名で活動していて、一時は女版ダウンタウンなど言われていたようです。

その頃からお笑いセンスがすごかったようで、かなり人気もあったそうです。
しかし、1999年2月にコンビ解散すると、放送作家としての活動をはじめました。

バラエティ番組の作家としての仕事がメインのようですが、他にも漫才やコントのネタ、劇場ライブの演出まで手がけるそうです。

才能があるんですね。

 

代表的な作品としては、なんと笑っていいともの放送作家もされていたそうです!

本当に作家として一流の方なんですね。

 

スポンサーリンク

 

野々村ママは元ヤンキーだった?

野々村ママが元ヤンだったことは割りと有名のようです。

以前、天六ソルジャーというレディースの副総長で、地元では結構有名だったそうです。

 

それはあの見事なダメ出しになりますよ。

あの口調で来られたら、もう何も言い返せないですね。

しかも話している内容が的を得ていますからね。。。

 

小堀さんが趣味でDJをやっているときいた野々村ママは、次のようにぶった斬りました。

「  人の曲つけたり消したりして!」

DJってそういう人なんです。。。

 

「そんなのしてないで早く家に帰れ!」というのは、本当に正論ですね。

小堀裕之さんは家庭にお金も入れず、週二日しか家に帰らないダメ夫だそう。

家族が可愛そうです。

 

 

最後は野々村ママから小堀裕之さんに涙のお願いでした。

野々村ママも小堀さんの奥様も、自分の人生を二丁拳銃の成功に掛けている、大阪に帰れない覚悟でついてきているんだと語り、お笑い頑張って欲しいと話すと、2人して涙していました。

なんだか怖いだけでなく、温かい人なんだなと感じました。

 

旦那さんの川谷修士さんも、怖くて優しくて温かい最強の女性と評していました。

そんな魅力的な女性である野々村ママにネット上でもファンが急増しています。

https://twitter.com/littlewoodshare/status/861560817048666113

これからも野々村ママは裏方の仕事だけでなく、どんどん表に出てきて、テレビでいろいろ語って欲しいですね!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。