ハンドスピナー!Amazon価格の違いやおすすめメーカーを調査!

この記事は2分で読めます

ハンドスピナーをご存知ですか?

ただ指で回すだけのおもちゃですが、5分以上も回るものもあり、とにかく手持ち無沙汰のときやボーっとしたいときなどにとても有効で、はじめはそれほどでもないのにいつの間にか手に持ってしまうという、中毒性のあるおもちゃです。

 

アメリカではその流行ぶりから、学校への持ち込み禁止にする学校もでているとか!

 

最近は人気YouTuberの瀬戸弘司さんやSEIKINさんなども動画で紹介しているので、ネットでもひそかな話題になっています。

Amazonでチェクすると、いろいろな種類のハンドスピナーが出ていて、価格も様々。

そこで価格の違いが何か、またおすすめのメーカーはどこかなど、気になることを調べてみました!
スポンサードリンク

ハンドスピナーって何?

ハンドスピナーとは、指の上で回転するおもちゃのこと。
ストレス解消グッズとしても話題で、今注目が集まっています。

ハンドスピナーとは、指で回転させて遊ぶ、ただそれだけのシンプルな玩具。手裏剣のような見た目で、中心部を指で持って外周をはじくと、シューッと気持ちのいい音をたてて高速で回転します。中心部にはボールベアリングが使われており、うまくはじけば数分間にわたって回り続けることも。

もともとは筋無力症の子ども向けの玩具として開発されましたが、2016年になってオリジナルの特許が切れたのをきっかけに人気が爆発。暇つぶしや、手持ち無沙汰な時などにぴったりだと評判を呼び、一部の学校などではあまりの流行ぶりに、ハンドスピナーの携帯を禁止するところも出てきているそうです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170508-00000085-it_nlab-life

 

噂ではADHDの患者や自閉症の子供にも良いという話もあり、単なる暇つぶしアイテムでは片付けられないところがあります。

こういうのって意外と気持ちを落ち着ける効果があるんでしょうかね。

キャンドルの火をじっと見つめるのも癒やし効果があるようですから、ずっと回り続けるハンドスピナーを見ているのも同じような効果があるのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

お勧めのメーカーと価格

ハンドスピナーは様々なメーカーから出ていて、価格もいろいろです。

そこで、お勧めとしてはこちらのメーカーのものです。

 

SUNKONG® ハンドスピナー 強く回転 指スピナー EDCおもちゃ 防塵 5分回転できる ボールベアリング 全銅製 (赤い銅)

【SUNKONG ハンドスピナー】

価格:約3500円

この商品は、Amazonでもベストセラー1位を記録している人気アイテム。

一番一般的なハンドスピナーと言えるのではないでしょうか。

素材は銅でできています。

5分以上も回すことが出来るので、初めて買うと言う人には最もおすすめです。

 

 

【Smato 指スピナー】

価格:約350円

こちらは指に乗せるだけの簡単なもの。

それでも軽くて強いアルミ製なので、見た目は綺麗です。

アマゾンでは300円程度で販売しているので、ちょっと興味がある程度の方にはお勧めです。

 

【FengNiao ハンドスピナー】

価格:約1780円

こちらはハンドスピナーとしてよく紹介されている商品です。

見た目がフリスビーのような形をしていて、素材もセラミックなので高級感や耐久性はありませんがハンドスピナーとしては優秀です。

値段が数百円で買えるものより割高ですが、それだけの価値はあります。

 

その他にもチタン製の1万円越えする高価なものもありますが、そこまでするおもちゃではないですよね。

もっとも本当にADHDの患者や自閉症の子供向けに、医療用として買いたいという人にはそれもありでしょう。

 

いずれにしろ、もともとの値段が安いのでちょっと興味ある!という方は、試しに購入してみてもいいかと思います。

私は結構はまりました!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。