とさいぬパークが破産で閉園!いつまで営業?料金は?

この記事は2分で読めます

四国の高知県にある「とさいぬパーク」という施設があることを知っていますか。

とさいぬと触れ合えたり、闘犬の歴史を学ぶ施設なのですが、営業破綻で閉園することになりました。

 

実は昨年の11月に破産手続きがされていて、5月22日までに明け渡すように高知地裁から求められているそうです。。。

 

そこで気になる、とさいぬパークの営業日時はいつまでか調べてみました!

スポンサードリンク

とさいぬパークとは?料金は?

「とさいぬパーク」(旧土佐闘犬センター)とは、高知県高知市の桂浜にある施設で、土佐犬を見学できる民間施設です。

土佐犬の土俵入りなどが見れる闘犬場、かわいい子犬の飼育場、土佐犬の博物館、ショッピングエリアなどがあります。

化粧廻しを締めた横綱土俵入りや子犬たちとのふれあいができ、予約制ですが成犬とのお散歩までできてしまうようです。

 

私は知らなかったのですが、結構大きな施設だったんですね。

お土産品としては施設のものだけでなく、高知の特産品なども扱っていて、遠方からくる方の観光スポットになっていたようです。

 

料金も安いですね。

ホームページで見ると、

大人 600円中高生 500円小学生 400円(小学生未満は無料)

となっています。

土佐犬と触れ合う場所も追加料金は発生しないようですので、小さい子供がいる家庭には喜ばれますよね。

この値段で入れるし、子犬とは触れ合えるし。

 

ゴールデンウィークもかなりお客さんが来てにぎわっていたようです。

スポンサーリンク

 

とさいぬパークの営業はいつまで?

とさいぬパークは多くの方が来場していたようですが、実はかなりの赤字になっていたようです。

1964年に創業し、闘犬を見学できる施設として知られた。しかし、2001年、約23億円の負債を抱えていることが表面化。翌年、運営会社は「パークサービス高知」に改組し、取引先への返済を続けてきた。昨年11月、返済の滞りを理由に地元銀行が破産手続きの開始を申し立てた。その後、社長の親族による「とさいぬ保存登録協会」が運営している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170511-00000144-mai-soci

 

そこで、5月22日には22日までに建物を明け渡すように地裁から求められているそうです。

では営業はいつまでなの?!というのが気になるところだと思います。

 

調べてみると、「とさいぬパーク」の営業は

2016年5月19日(水)まで

となっています。

 

最後に土佐犬に会いに行こうと思われる方も多いと思います。

施設の営業時間は通常9時~16時半までとなっています。(売店は8時半から18時まで)

 

創業が1964年なのでもう50年続いている施設がなくなるのは、地元の方にとってはさみしいところもあると思います。

老朽化もあるでしょうが、やっぱり動物をテーマにした施設は維持費がかかるのでしょうね。

お近くの方や桂浜へ遊びに行く予定のある方は、ぜひ最後のとさいぬパークを満喫して、お別れをしてほしいと思います。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。