本田圭佑移籍先はMLS?シアトルが有力?スペインにプレミアも!

この記事は2分で読めます

本田圭佑選手がやってくれました!

 

ホームのサンシーロ最終戦で、しかもチームがヨーロッパリーグへの出場権を得る6位以内に入れるかどうかという大事な一戦。

久々の出場にも拘わらず、途中交代から1 点目に絡むプレーに加え、直接フリーキックで2点目を決めて、チームのヨーロッパリーグ出場に大きく貢献しました!

 

今まで本田圭佑選手をバッシングしていたメディアもこの活躍には手放しのチーム最高点。

本田圭佑選手の復活を信じていたファンの溜飲を下げる活躍でしたね。

本田、俺は信じてたぞ!

と叫びましたね、さすがに。

 

最後の最後でチームとサポーターに恩返しをした本田圭佑選手ですが、まだまだ力があることを示しました。

こうなると気になるのは次の移籍先ですね。

すでにミラン退団は規定路線なので、移籍先がどこになるのかが気になります。

 

まだまだ老け込むには早いと周囲も思っているはず。

そのため本田圭佑選手のもとには、MLSやスペインにプレミアリーグからもオファーが届いているようです。

そこで気になる本田圭佑選手の予想される移籍先を調べてみました!

スポンサードリンク

本田圭佑選手の移籍先は?

本田圭佑選手の移籍先がどこになるか、いろいろな予想や憶測が飛び交っています。

Jリーグのクラブが資金を用意したとか、MLSが有力とかスペインのチームも名乗りを上げたとか、中国行きが濃厚とか。。。

 

まず噂が絶えないのがアメリカ行き。

MLSのシアトル・サウンダーズはかねて合意寸前とまで報じられましたが、いまもシアトル行きが最有力という見方があります。

 

続いてプレミアリーグ。

以前、本田圭佑選手にオファーを出して断られたといわれるハル・シティ。

それにサンダーランドも獲得に興味を示しているといわれています。

一時トッテナムも興味を示していたといわれていましたが、韓国人の選手をとっているので、アジアマーケットの拡大の意味では本田選手はかぶってしまうため可能性は低いと思います。

 

続いてスペイン。

現在、もっとも熱心だと言われているスペイン2部のレバンテ。

来季より1部昇格を決めていて、来季のリーガエスパニョーラ1部残留に向けて経験のあるベテラン選手がほしいレバンテと、バルサやレアルと対戦できるリーガエスパニョーラに興味を示す本田圭佑選手側の意向もマッチしそうです。

 

スペインは乾選手の活躍と、クラブワールドカップでの柴崎選手の活躍で、日本人の地位が上がっている感じがしますね。

その意味では、さらなる日本人の格上げのためにも、本田選手がリーガでクリロナやメッシを驚かせてほしいですね。

 

スポンサーリンク

 

その他には、トルコのフェネルバフチェや中国の上海上港なども名前が挙がっていますが、おそらく可能性は低いと思われます。

 

セリエAではミランに決まる前にラツィオ入りが噂されていて、今回もラツィオへの移籍も噂としてはありますが、正直、イタリア国内ではもっと下位の地方クラブでないと本田圭佑選手の移籍はないと思われます。

上位のクラブはやはり本田圭佑選手に対していいイメージはないのではないでしょうか。

 

やはり本田圭佑選手の性格からして、出場機会のみを求めて下部リーグに舞台を移すということより、プレミアリーグやスペインリーグのような高いレベルのリーグの中で、出場機会を得られる中位から下位のチームに移籍するという方が可能性は高いと思います。

 

これから移籍マーケットがどんどん動き出しますので、毎日本田圭佑選手の移籍情報から目が離せません!

 

 

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。