詩織さん(美人ジャーナリスト)がかわいい!経歴やTwitterにブログを調査!

この記事は3分で読めます

山口敬之氏の不起訴を不服として記者会見を行った詩織さん。

苗字は伏せても、下の名前を公表し顔出しまでして記者会見を行った勇気が、大きな話題になっています。

 

しかし誰もが驚いたのが、詩織さんがとてもきれいな女性だったこと。

本当に美人ジャーナリストですよね!

かわいい!と思わず声が出てしまいました。

 

詩織さんはジャーナリストとのことで、完全な一般人ではないようです。

そうであれば、TwitterなどのSNSを行っていたり、どこかで記事を掲載していたりする可能性があるので、気になる詩織さんの経歴とTwitterやブログなどのSNSを調べてみました!

スポンサードリンク

 

詩織さんの経歴

詩織さんの年齢は28歳。

肩書がジャーナリストとのことで、以前はロイターでインターンとして仕事をしていたようです。

その後はフリーで働いているか、引き続きロイターなどで仕事をしていたのかもしれません。

海外を中心にジャーナリスト活動を展開しているようなので、国内の報道局などには所属していない方かと思います。

 

山口敬之氏と知り合ったのは2013年というから4年ほど前。

詩織さんは24歳くらいでしょうか。

そのくらいの年齢の女性が海外でジャーナリストとして活動するって、すごいことですよね。

報道アナウンサーというくらいが普通だと思いますが、海外の厳しい現場に自ら足を運び、記事を書いていたのでしょうか。

 

そこで、詩織さんの話のとおりであればとても悲しい出来事があったわけですが、そもそも今回詩織さんが記者会見を行った理由は、次のようなものだったそうです。

今回経験したことを世に出さなければ、

自分と同じように犯罪被害にあった女性が今後泣き寝入りしなくてはならない状況が続くと思ったからです。

今回国会で女性に関する犯罪の厳罰化する刑法改正案が出ていますが、現状では最初から被害者が諦めるしかないような状況。

また、最初から被害者をサポートする法案の整備も必要だと感じます。

 

重要な法案が審議中なのに共謀罪の議論でおろそかになってほしくないと、不起訴に対する再控訴の目的だけでなく、自ら世間に出ることに決めたようです。

周囲の関係者からしたら「あの人が!?」とバレバレでとても勇気のいる行動だったと思いますが、そこはジャーナリストとして真実を追求する信念が買ったのでしょうか。

名乗り出ることで注目を浴び、辛い過去をさらけ出し、いわれのない中傷を受けることもあるでしょうに、強い女性ですね。

 

スポンサーリンク

 

詩織さんのTwitter、ブログは?

ジャーナリストだけに情報発信もしているかと思い、「しおり」という名前から女性ジャーナリストを探してみると、近い方がいたので、もしかしたらこちらが詩織さんのSNSかもしれません。

Shiori.I

 

この方は伊藤しおりさんという方のようです。

同一人物かどうかの確証はありませんが、英語で社会問題をツイートするあたり共通点があるのと、本人の写真でしょうが凄い美人で、ここも一致しています。

本人のホームページがリンクされていて、ロイターの記事なども紹介されており、facebookなどのリンクも貼ってあります。

 

写真も恩も掲載されていますが、もしかしたらご自身で現地に足を運び、自分でシャッターを押した写真なのかもしれません。

ジャーナリストとしてしっかり活動されている感じがします。

 

今回の件では、一方的に詩織さんの主張だけを信じることはできませんが、これだけ勇気のある行動に打算はない気もします。

ただ一方で、山口敬之さんが何か大きなニュースネタを持っていて、それを公表されることを快く思わない人や団体からハニートラップをかけられているという見方をしている人もいます。

あるいは安倍降ろしを画策している集団から、森友・加計に続いて出された一手だとみる向きもあるようです。

 

たしかに2年前のことを持ち出すタイミングが今なのか、疑問を持つ人がいてもおかしくないですね。

それとこんな難しい内容で記者会見を行うのに、詩織さんの胸元が開いたセクシーな服装に違和感を覚える人もいます。

何か裏で動く大きな団体に背中を押されている感じがしないでもありません。

 

真相はまだわかっていないのに、早くから山口敬之さんを犯人扱いするのは、痴漢冤罪とやっていることが一緒、という指摘をする方もいます。

これからまたいろんな情報が出て真相究明がされるでしょうが、しばらくこの話題からも目が離せないですね!

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。