小出恵介相手の17歳少女の元カレは誰?グッティでLINE画像暴露!

この記事は3分で読めます

小出恵介さんの問題、真相が少しずつ明かされて、関係している人物なども特定されて、、、

まだまだ奥が深そうですね!

 

今回は小出恵介さんの相手女性である17歳少女(女子高生?)江原穂紀さんの元カレがグッティの独占取材を受けて、江原ほのりさんが小出恵介さんとの関係を喜んでいたことを話しました。

しかも江原穂紀さんがその後も小出恵介さんとやり取りしていたLINE画像を公開しました!

(江原ほのりさんはLINEの画像を元カレに送っていたようです)

 

そこで気になる小出恵介さんの相手女性の元カレが誰か、小出恵介さんと江原穂紀さんがLINEのやり取りをしている画像を調べてみました!

スポンサードリンク

小出恵介の相手女性の元カレは誰?

今回、グッティの独占取材を受けた、江原穂紀さんの元カレはどんな人なのでしょうか。

元カレは20代の男性で、女性が16歳の時から1年ほど付き合っていたそうです。

別れた現在でも連絡を取り合う仲の良い関係が続いているようです。

 

個人的には、以前付き合っていた相手と別れた後も連絡を取り合う関係になるなんて難しいですけど、人によってはそうした関係にもなれるんですね。

元カノが他の男性とホテルに行った話なんて、複雑すぎてどんな気持ちで聞けばいいかわからなくなる気がしますが。。。

 

江原ほのりさんは小出恵介さんとの問題の夜に、元カレにLINEで実況中継していたようです。

 

その内容がこちら。

5月8日(水)

ほのり:今からさ、小出恵介と飲みに行くねん。

ほのり:今、目の前におるねん。8人で飲んでる。

5月9日(火)

■05:44・・・

ほのり:俳優とやっちゃった♡

元カレ:うそつけや 笑

ほのり:やった!爆笑 やばいやろ、ホンマに!

 

報道と違い、かなり喜んでますね。。。

 

■08:12・・・

ほのり:2人で帝国ホテルなう

元カレ:安売りしてんちゃうぞーー

ほのり:俳優やからいいの(^^)♡

この内容を見る限りでは、フライデーに書かれていたような「嫌がっているのに無理やり」という感じとだいぶ異なりますね。

 

しかし元カノに対し、自分を安売りするななんて、結構男前な元カレなのかもしれません。

もしかしたら元カレはまだ元カノを大事に思っているのかもしれませんね。

こういうとき、女性はどんな気持ちなんですかね。

もう気持ちのない人だから女友達とガールズトークする感覚で話しているのか。

少しはまだ気持ちがあって嫉妬させて別れたことを後悔させたい、という感じなのか。

 

スポンサーリンク

 

小出恵介と江原穂紀のLINE画像

江原穂紀さんは、小出恵介さんとのLINEのやり取りしたことを、元カレに画像付きで送っていたようです。

出典:http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:klUDLFYLYegJ:hisasuke.com/post-8725-8725+&cd=2&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

これが問題の夜から1週間後のようですが、小出恵介さんからLINEで写真が送られてきたと伝えているようです。

とても無理やりホテルに誘われた関係とは思えない、あたかも付き合っているカップルみたいなやりとりですよね。

いったいあの報道は何なのか???

 

そして江原ほのりさんも元カレにこうしたラインの画像を送るなんて、人気俳優と特別な関係になったことを自慢したかったんでしょうね。

そうなると、小出恵介さんと深い関係になったことを喜んでいるわけで、なぜ金銭を要求するような展開になったのでしょうか。

 

元カレの話では、

『彼女は、よほどの事がない限り、手の平を返すような子ではない。』

『だから、おそらく誰か第三者の影があると思います。』

ということです。

そうであれば、江原穂紀さんも利用されただけで、黒幕は二人を合わせた人物なのでしょうか?

 

始めから小出恵介さんから示談金を引き出すために、あえて未成年の女性を斡旋し、関係を持たせてから金銭を要求するというシナリオができていたのかも知れませんね。

江原穂紀さんの母親によると、江原ほのりさんも精神的に疲れて入院したそうですが、江原ほのりさんも小出恵介さんも、そうした怪しい人物と付き合っていると、こういうことに巻き込まれるということですね。

いずれにしろ、真相を明らかにすることで、小出恵介さんの仕事の関係者たちもいくぶん納得ができるかもしれないので、更に進んだ取材を期待したいです!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。