いわきFC(アンダーアーマー)天皇杯の試合はどこでいつ?チケット発売は?

この記事は3分で読めます

サッカーの天皇杯といえば、アマチュアもプロも一緒に予選から戦う唯一の大会ですね。

そのため、毎年アマチュアがプロを倒したり、大学生がJ1のチームを倒したりと、いわゆる「ジャイアントキリング」が起きて話題になりますよね!

 

今年もそんなジャイアントキリングがいくつも起こりましたが、なかでも話題になっているのが『いわきFC』がJ1チームのコンサドーレ札幌を破ったことです!

 

いわきFCはアマチュア最強の呼び声も高いですが、まだJFLにも入っていない福島県1部リーグのチームです。

そんなチームがJ1の札幌を倒すなんてすごいことですよね!

 

でも県リーグのチームとはいえ、いわきFCはアンダーアーマーが全面バックアップするすごいチームだそうです。

そこで気になるいわきFCについて、どんなチームなのか、天皇杯の次の試合(3回戦)はどこでいつ行われるのか、チケット発売がいつかなどを調べてみました!

スポンサードリンク

いわきFCはどんなチーム?

いわきFCは創立が2012年。

単なるアマチュアチームではなく、かなり組織されたスポーツ全般を取り扱う企業が全面的にバックアップしているチームなのです。

いわきFCは、スポーツ関連事業を手がけるドーム(本社・東京都江東区)が15年12月に立ち上げた「いわきスポーツクラブ(SC)」(本社・福島県いわき市)が運営している。J-CASTニュースの取材に答えたいわきSCの広報担当者によると、同クラブはドーム社のバックアップを全面的に受けている。

ドーム社は(1)米スポーツ用品メーカー「アンダーアーマー」の日本での正規事業(2)スポーツサプリメント「DNS(Dome Nutrition System)」の開発・製造・販売事業(3)テーピング製品などのスポーツメディカル事業(4)フィジカルトレーニングのサポートを行う事業――の4つを展開しており、それらのノウハウがいわきFCに生かされている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-00000009-jct-ent

 

すごいバックアップですよね!

フィジカルトレーニングを行い、サプリで栄養を管理して、怪我をすればメディカル的にもサポートがあり、ウエアも心配なし。

環境的には非常に恵まれています。

もっとも選手は午後は物流の仕事をしているので、午前がサッカーの練習、午後は従業員として働いていそうですから、時間的には大変ですね。るるようです。

1週間はおおよそ、月曜がオフ、火~木曜はフィジカルトレーニング主体の練習でボールを使うのは30分ほど、金・土曜はサッカー主体の練習、日曜が試合。ドーム社の専門トレーナーが練習につくほか、アスリートのために考えられた食事が朝昼晩3食ドーム社から提供される。DNSのサプリメントも補食として取り入れている。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-00000009-jct-ent&p=2

 

20代前半~20代半ばくらいの選手が中心で、若いからできることかもしれませんが、サッカーと仕事の両立は大変ですよね。

それでも早ければ2~3年の内にJ3やJ2まで上がってくるかも知れません。

ベンチマークとしてはオランダのAFCアヤックスがあげられます。人材育成や平均年齢、ホームタウンの人口規模もマッチし、模範になる部分が多いです」といい、チーム作りは世界基準だ。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-00000009-jct-ent&p=2

 

アヤックスを目標としているというところが非常にリアリティがありますよね。

「日本一のクラブを」って言われると理想が高いのはいいけど、、、ってなってしまいますけど、クラブや街の規模などを現実的に考え、それでも非常に力のあるクラブを作るために、スター選手を呼んで話題性を作るよりもクラブの強い基盤のようなものをしっかり作っていこうという姿勢が感じられます。

 

スポンサーリンク

 

いわきFCの天皇杯の次の試合はいつどこで?

次のいわきFCの天皇杯の試合が気になりますよね!

ジャイアントキリングはまだ続くのか。

次の対戦相手は清水です。

ある意味、歴史のある伝統クラブですから札幌よりも手強い相手になるかもしれませんね。

 

場所は以下の通りです。

清水VSいわきFC

7月12日 19時 IAIスタジアム日本平

※チケットは7月1日の10時から販売。

(4回戦以降のチケットに関しては、3回戦終了後に発表される)

 

清水のホームでやるわけですからいわきFCにとっては難しい試合であることは間違いありません。

ただ負けてもともとと思って戦うチームと、絶対負けられないというプレッシャーと戦うチームでは、精神的に後者が有利なのはいうまでもありません。

 

この勢いのまま勝ち続けられるか。

いわきFCの試合は必見ですね!!

 

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。