海老蔵と勸玄の宙乗り!7月大歌舞伎の日程はいつ?チケットは?

この記事は3分で読めます

小林麻央さんのまさかの訃報、市川海老蔵さんの涙の会見に、今も胸が痛みます。

 

天国へ旅立った小林麻央さんが、生きる目標にしていた長男・勸玄(かんげん)くん(4歳)が出演する、東京・歌舞伎座「七月大歌舞伎」が7月3~27日に行われます。

 

小林麻央さんが生きる糧として楽しみにしていた勸玄くんの舞台。

歌舞伎史上最年少の宙乗りに挑みます。

 

麻央さんがなくなった朝、長女の麗禾(れいか)ちゃんと目を開けない麻央さんの顔を触り、足をさすり、手を握った勸玄くん。

夫の市川海老蔵さんももちろんですが、息子の勸玄くんも、麻央さんが亡くなった直後に舞台を行うことは、本当に辛いと思います。

それでも小林麻央さんが楽しみにして、今もどこかで見ていると思い、気丈に舞台に挑むことになるようですね。

 

そこで気になる市川海老蔵さんと勸玄くんが出演する7月大歌舞伎の日程や時間などがいつか、チケットは入手できるかなどを調べてみました!

スポンサードリンク

市川海老蔵と勸玄の7月大歌舞伎の日程

市川海老蔵さんが長男の勸玄くんと出演する 7月大歌舞伎の日程は、7月3日〜27日まで。

小林麻央さんが、最後まで楽しみにしていた歌舞伎座7月公演の夜の部「駄右衛門花御所異聞(だえもんはなのごしょいぶん)」の“父子初宙乗り”は、午後4時45分開演です。

 

こちらは名門「成田屋」にとって約170年ぶりの上演という演目で、海老蔵さんが企画から製作に携わっているという力の入った演目。

それも麻央さんを喜ばせようと選んだ演目であることは間違いありません。

海老蔵さんは会見で「この舞台を見に来ることを(麻央さんが生きる)目標としていた」と話していました。。。

 

小林麻央さんのブログでも、次のように記され、楽しみにしていた様子が伺えます。

白狐のお役で、最年少の宙乗りに
主人と共に挑戦致します。

ブランコもまだゆっくり座っているのに
心配ですが、本人は飛ぶ気のようでポーン

皆様 ぜひあたたかくご観劇、
見守って頂けましたら幸いです。

https://ameblo.jp/maokobayashi0721/entry-12284191773.html

 

気分をもりあげようと白狐のお面を買ってみたというエピソードも紹介されています。

「かんかん、キツネさん
いいねー!」と盛り上げてみると、

「これは、ネコだよ!」、、、と。

「?かんかん、それはキツネだよ。」
と返すと、

「ちがうよ!!ネコだってば、ママ!」

「いや!白いキツネだよ。」

「ネーーーコーだってばぁ!!プンプン」
と、少し言い合いになってしまいました。

https://ameblo.jp/maokobayashi0721/entry-12284191773.html

こんなに可愛いエピソードが綴られていましたが、今読み返すと涙なしに読めません。

舞台を観覧する方たちは、みんなこうした背景を感じながら観る訳で、やはり当日も涙なしには観れないですね。。。

 

「駄右衛門花御所異聞(だえもんはなのごしょいぶん)」は、海老蔵さんが主人公の大盗賊、日本駄右衛門と駄右衛門に対峙する玉島幸兵衛、火伏せの神、秋葉大権現の3役を担い、勸玄くんは秋葉大権現に使える白狐役で登場します。

 

出番は2幕目の「遠州秋葉大権現の場」。

白狐が舞台に姿を現し、海老蔵さんと勸玄くんが親子で宙を舞います。

稽古は6月27日から始まるそうで、小林麻央さんが亡くなったばかりなのに、大人はともかく子供が気持ちを切り替えて稽古に集中するって難しいですよね。

「身内に不幸があっても舞台に立つのが役者の務め」とはいっても、子供にその割り切りを強いるのは切ないです。。。

 

 

スポンサーリンク

 

 

7月大歌舞伎のチケットと価格は?

チケットですが、すでにほとんど売り切れ状態で、最も良い席が少し残っているだけなので、海老蔵さんたちにとって特別であろうこの公演を見逃せない!という方は早くチケット入手されることをお勧めします。

 

と思ったら、すでに夜の部は完売でした。

昼の部が若干残っているだけです。

 

ちなみに下記がチケットぴあのサイトです。

出演者、開演時間、チケット価格が表示されています。

(すべての席がグレー表示されているのは売り切れということです)

出典http://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1727561&rlsCd=001&lotRlsCd=

 

ちなみにチケットぴあで残っている席は6月25日朝の時点で、昼の部のみです。

しかも1等席が数日のみ。

残っているのは、7月6,7,12,13,20,21,24,25日の1等席。

 

夜の部は完売となっていますが、せめて昼の部だけでもという方は、急いでチケットを購入したほうが良さそうです。

今残っている席もおそらくすぐに完売となってしまうでしょう。

 

当然ながら関心の高い公演になることは間違いありません。

亡くなった妻への弔いの意味を込めて、いつも以上に力の入った演技を見せてくれる海老蔵さんの鬼気迫る演目をぜひ見に行きましょう!!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。