柴崎岳(テネリフェ)は残留?移籍先はどこ?移籍金の金額は?

この記事は3分で読めます

柴崎岳選手の人気が急上昇です!

 

テネリフェの1部昇格プレーオフは残念でしたねぇ。

第1戦のホームでゲームでは勝利して、第2戦のアウェーゲームでもゴールドを奪って貴重なアウェイゴールドを手にしたテネリフェですが、最後にゴールドを許して1部昇格を逃してしまいました。

 

それでも昇格ギリギリまで行ったチームにおいて、確実に中心選手として貢献していたのが柴崎岳選手ですね。

 

昇格をかけた2試合でも、2アシストとゴールを演出。

確実に点に絡める選手だと証明し、中盤の展開や守備にも貢献と、まさに中心選手として活躍していました。

 

この柴崎岳選手の活躍を見て、1部の4クラブが柴崎岳選手との獲得に名乗りをあげているようです!

当たり前といえば当たり前ですね。

もともと柴崎選手は1部リーグのチームに移籍金するつもりが移籍話がこじれて、ギリギリになって2部のテネリフェに移籍話することになりました。

なので、実力は1部のチームで通用することはすでに織り込み済みです。

 

加えて、移籍当初は環境の変化に馴染めず激やせしたとか適応障害のカウンセリングを受けているなど、スペインでの生活に不安をもたれていましたが、その後は完璧にフィットしてチームの中心として大きく貢献していますので、柴崎岳選手を獲得にする上でのリスクは全くないと言えるでしょう。

 

ましてやテネリフェは半年の契約しかしていなかったので、今柴崎選手はフリートランスファー(移籍金ゼロ)で獲得にできるのですから、手をあげるクラブも多いわけです。

 

そこで柴崎岳選手の移籍先がどこになるか、あるいは残留するのか。

移籍金はどのくらいになるのかなど、気になることを調べてみました!

スポンサードリンク

柴崎岳の移籍の可能性は?

柴崎岳選手のテネリフェでの評価はすごく高くなっていますね。

サポーターも「ガク」に残ってほしいと話しているし、テネリフェのスポーツディレクターもなんとか柴崎岳選手に残ってほしい希望していて、残留のために最善を尽くすと話しています。

 

しかしやはり1部のチームからのオファーが来ているのに、それを蹴って残留というのは選手としては決断が難しいですよね。

柴崎岳選手の場合は、入団当初、環境の適応に苦労してチームに合流が遅くなりましたが、それでもチームは辛抱強くサポートしていたので、そうした周囲の雰囲気がなければ今の柴崎選手の活躍はなかったと思います。

その点は柴崎選手も恩を感じているでしょうから、選手として高いレベルで戦いたいという気持ちと、チームに恩返ししたいという気持ちの板挟みで苦しんでいることと思います。

 

それでもやはり移籍する可能性が高いようです。

チームのスタッフがこのように話しています。

チームの強化部責任者であるアルフォンソ・セラーノ氏は、主力3選手の去就について「残留は難しいとみている。誰もがトップリーグでのプレーを希望していて、2部で続けるのは難しい」との見解。柴崎個人についても「彼はテネリフェに感謝している。しかし1部からの関心があり、そうなると残留を納得させるのは難しい」と話している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-00000067-dal-socc

 

まあ仕方ないですよね。

まだ20歳くらいの選手なら、出場機会が多い方がいいから中心選手としてチームに残るのもアリだとは思いますが、既にサッカー選手としては中堅の年齢になる柴崎岳選手は、選手としてレベルアップのためにヨーロッパに来ているわけで、バルサやレアルと対戦できる1部でのプレーは捨てがたいですよね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

柴崎岳の移籍先と移籍金

では気になる柴崎岳選手の移籍先ですが、現在名前が挙がっているのは

・ベティス

・アラベス

・セルタ

・マラガ

です。

 

プレーオフでの柴崎岳選手の活躍を見れば、やはり1部のチームも柴崎選手に興味を持ちますよね。

アラベスについては、すでに柴崎選手の代理人と接触しているとの話も出ています。

セルタも代理人と接触、マラガも関心を表しているとの報道ですから、かなり具体的に話が進んでいるものと思います。

 

ちなみに各チームの過去3シーズンの成績はこんな感じ。

・ベティス…2部優勝→10位→15位
・アラベス…2部13位→2部優勝→9位
・セルタ…8位→6位→13位
・マラガ…9位→8位→11位

 

ベティスはかつては1部の常連チーム。

セルタやマラがも長く1部に残っているチームなので、非常に強いチームと言えます。

乾選手の所属するエイバルよりも名門と言えるチームなので、柴崎岳選手のスペインでの評価がすごく高いことがわかりますね。

 

そりゃどのチームもほしいですよね。

実力は間違いないけどスペインという場所やリーガのサッカーに慣れるかどうかが不安でしたが、そこもクリアして活躍した選手ですから、即戦力として期待できますもんね。

 

しかも移籍金はゼロ!

テネリフェにしてみれば半年だけの契約にしていたことを悔やんでいるでしょうね。

3年契約くらいにしておけばかなりの移籍金が入ったことでしょう。

 

鹿島の、いや日本の期待の星の柴崎岳選手。

来シーズンはどんなチームでプレーするのか。

乾選手との日本人対決が見たいですねぇ。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。