安倍やめろ帰れ!秋葉原の演説に籠池さんまで!動画あり!

この記事は3分で読めます

都議選2017はいよいよ7月2日が投開票日です。

 

小池都知事になり初めての都議選。

築地と豊洲の問題、都議会を牛耳っていた都議会自民党との対立、小池塾での候補者選び、森友加計問題に稲田大臣の失言など、あまりにも多くの注目点のある今回の都議選ですが、各党も代表が街頭演説を行い、さながら国政選挙のような盛り上がりを見せています。

 

ある意味、この都議選は安倍政権にYESと言うかNOと言うかを問う選挙という側面もあるようです。

そこで、自民党総裁の安倍総理は街頭演説は控。えていたようですが、前日の7月1日に秋葉原でついに街頭演説を行いました。

しかしそこでは一部のグループが「安倍やめろ!」「帰れ!」などのコールを行い、現場が騒然となっていました。

 

さらにはなぜか籠池元理事長まで聴衆の中に現れ、マスコミも凄い大騒ぎになってしまいました。

そこで安倍総理の演説の混乱ぶりをおさめた動画を調べてみました!

スポンサードリンク

安倍総理の演説場所

今回の騒動が起きた安倍総理の選挙演説場所ですが、自民党Twitterに情報がありました。

 

普段のガンダムカフェ前はこんな感じ。

出典:http://blog.livedoor.jp/otashumi/archives/cat_14355.html?p=3

 

そして当日はこんな感じ。

出典:http://yamadatakasi.hatenadiary.jp/entry/2017/07/01/184026

 

凄い人の数ですね!

注目度が凄いのと、混乱を想定してSPの数もすごい!

安倍やめろコールをしているグループは、自民党の街頭演説のいろいろなところで行動を起こしているようなので、当然安倍総理自身が街頭演説に立つ場所ではかなり危険度も高いと判断されたのでしょう。

 

安倍総理の街頭演説の動画

安倍総理の秋葉原での7月1日の演説内容を、その前に話している石原伸晃さんの演説から録画されている方がいました。

こちらがその動画です。

 

聴衆の中になぜか籠池理事長も現れました。

14分19秒あたりから籠池さんの姿が見られます。

100万円を返しに来たとのことだそうですが、途中で混乱を招くからという理由からでしょうか、警察に連行されていきました。

警察から強制排除される籠池前理事長。この国は表現の自由どころか、演説を聞く自由も奪うのだろうか。=1日午後4時30分頃、秋葉原 撮影:田中=

出典:http://tanakaryusaku.jp/2017/07/00016208

 

とりあえず混乱をあえて起こすために来たのでしょうから、狙いとして成功しているのでしょう。

自分だけがトカゲのしっぽ切りにあうのは釈然としない、という意思表示なのかも知れません。

 

スポンサーリンク

 

安倍やめろ、帰れコールの状況

演説の中で、安倍やめろコールはずっと続いていたようです。

途中、石原伸晃さんんがマイクを持つと、その団体を強く批判する発言をしていることで、余計に炎上していきます。

動画の48分くらいで石原さんが「演説を邪魔する人たち」と厳しい発言をしています。

50分35秒くらいでは「反対しか!できない人たち」とかなり強く罵るような調子で発言しています。

 

そんな張りつめた空気の中でマイクを持った安倍総理ですが、最初は穏やかに話していたものの、1時間14分頃からはっきりと「帰れ」コールが聞こえてくるようになると、1時間13分頃にははっきりとそのグループを指さして、憎悪や誹謗中傷からは何も生まれない、「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と感情を露わに話しています。

 

たぶんさすがに腹が立ったのでしょうが、「こんな人たち・・・」なんて表現は壇上ではふさわしくない気がしますね。

誹謗中傷は良くないとはいいつつも、演説の内容がほとんど他党の批判だったという点も、安倍総理が批判を受けているところです。

建設的な批判なら良し、ということかもしれませんが、民主党を批判している内容なども、聞いている人からしたら「大差がない」と思われたみたいですね。

 

動画の最後のあたりは、安倍やめろコールが止まらない様子が映っています。

「安倍政権に反対する一部の過激なグループ」と切り捨てて考えられない今回の都議選。

自民党には強力な逆風が吹いているのは間違いないです。

果たして都議選の結果はそうした国民の雰囲気を反映した結果になるのでしょうか。

 

開票結果が今からドキドキしますよね!

 

 

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。