武内舞子(セブンルール)がかわいい!家具KOMAはどこで買える?値段は?

この記事は2分で読めます

7月4日のセブンルールに、国内外で注目を集める家具工房「KOMA」で唯一の女性職人である武内舞子さんが登場します!

 

武内舞子さんは美人職人として過去にもテレビで取り上げられたことがありますが、そんな武内舞子さんがセブンルールで密着取材をされることとなり、周囲が男だらけの職人の世界で奮闘する様子が注目ですね!

 

優香さんのご主人、青木崇高さんも男泣きするというから、男社会で女性が活躍することの大変さや、武内舞子さんが負けじと戦う姿がきっと感動するんでしょうね。

 

そこで、気になる武内舞子さんのプロフィールや、家具工房KOMAの作品がどのようなものか、どこで買えるか、値段・価格はいくら程度なのか調べてみました!

スポンサードリンク

武内舞子の経歴プロフィール

名前:武内舞子(たけうち・まいこ)
出身地:東京都
誕生日:1993年1月10日
年齢:24歳
学歴:東京都立八王子桑志高等学校クラフト科、八王子現代家具工芸学校卒業
職業:家具職人
所属:家具工房「KOMA」

武内舞子さんの実家は、祖父も父親も大工!という家庭に生まれ、幼い頃から実家の工場が遊び場だったそうです。

最初は建築関係を考えていたそうですが、クライアントとの距離が遠いことに疑問を感じ、クライアントとの距離が近い家具職人を目指すことに。

 

2011年に家具工芸学校に入学。

そして2013年、20歳の時にアルバイトとして家具工房・KOMA(コマ)に入社。

KOMA(コマ)の社長である松岡茂樹さんは、立ち上げた会社があまりに忙しく、武内舞子さんは雑用係のアルバイトとして採用したそうです。

 

ところが2014年に武内舞子さんにとっての転機が。

社長の松岡さんがあるときに武内舞子さんに家具の仕事をさせてみたところ、最初から上手にできたそうです。

それもそのはず、武内舞子さんはひそかに練習をしていたそうです。

 

そして2014年には晴れて正社員の職人として採用され、数年でKOMAの定番モデルの椅子を任されるようになっています。

今も親方である松岡茂樹さんから日々厳しい叱咤を受けながらも、「女だからできない…とかは嫌い」と食い下がるところは、強いメンタルの持ち主なんですね。

 

スポンサーリンク

 

KOMAの家具がどこで買える?値段や価格は?

海外でも評価の高まるKOMAですが、価格はどのくらいなのでしょうか。

 

そこはやはり職人がこだわって作る家具ですから、決して安くはありません。

かつて武内舞子さんが制作した1点ものの椅子は18万円ほどのお値段がついていたようです。

 

基本的にはオーダー家具のため、一般では販売していませんが、小物類であれば、オンラインショップで販売しています。

https://koma_co.stores.jp/

 

オンラインショップではKOMAのTシャツも販売していて、この番組が放送された後はみんな欲しくなるはず。

早めに注文した方がいいですよ!

 

ちなみにKOMAの会社情報はこちら。

店舗住所:〒167-0043 東京都杉並区上荻1-24-10 1F

店舗TEL/FAX:03-6383-5585
営業時間:OPEN 10:00 – CLOSE 17:00
定休日:水曜日、木曜日
サイトURL:http://koma-shop.jp/

工房の住所はこちら。

工房住所:〒208-0023 東京都武蔵村山市伊奈平1-29-1

 

一度、ぜひ工房をのぞいてみたいですね。

見学できるのかどうかはわかりませんが、店舗で問い合わせてみてもいいかもしれませんね。

 

今後もKOMAと武内舞子さんの活躍から目が離せないですね!

 

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。