だいすけお兄さん(いきもの係)演技力は?経歴が劇団四季?

この記事は2分で読めます

日曜ドラマ『警視庁いきもの係』に、歌のおにいさんとして長く活躍されていた横山だいすけさんが出演されていますね!

 

NHK教育番組の歌のお兄さんとしてチビっ子たちやママに大人気だった「だいすけお兄さん」。

番組卒業後は「だいすけお兄さんロス」も起きていましたね。

 

いよいよNHKから活躍の場を移して、民放のドラマに挑戦ですが、横山だいすけさんの演技力はどうなのでしょうか。

NHKの歌番組では、子供番組ですからいろいろなキャラクターになりきって弾けたお芝居をしていましたが、大人向けの本格的なドラマの演技はどうなのか気になりますね。

 

そこでだいすけお兄さんの演技の経歴や演技力について調べてみました!

スポンサードリンク

横山だいすけの演技経験

横山だいすけさんは演技はうまいの?と気になる方も多いと思います。

NHK教育番組では、「かぞえてんぐ」などはじけたキャラを演じていただいすけお兄さん。

かぞえてんぐ 画像

出典:http://naotan-net.com/blog/2017/07/09/daisuke-yokoyama-dorama/

 

今回の「警視庁いきもの係」は、コメディ要素のある動物に関わる事件を解決していくという設定なので、いままでのだいすけお兄さんのキャラクターを継続できる役どころですね。

 

役名は四十万 拓郎(35歳)という所轄の巡査役。

主演の渡部篤郎さん演じる須藤友三警部補に憧れを抱く青年だそうです。

 

人の良さそうな巡査ですね!

こんな人が交番にいたら安心できそうです。

 

演技の経験ですが、教育テレビの子供番組だけなのかと思いきや、実は横山だいすけさんは劇団四季の出身だったのです。

舞台「ライオンキング」ではレイヨウ役で出演していたそうです。

「歌のおにいさん」に就任する前なので、およそ1年〜2年程度かと思いますが、劇団四季で稽古されていたのであれば、お芝居も歌も本格的ですね。

 

スポンサーリンク

 

横山だいすけのドラマの評判

横山だいすけさんのドラマ初挑戦は、評判がなかなか良かったようですね。

これから日曜日を楽しみにしている方も多いようです。

それにしても、やはり歌のおにいさんとしての横山だいすけさんがとても人気があったんだなと再確認させられます。

今回のドラマを楽しみにしている人がすごい多いのだと、ツイッターの書き込みでもよくわかります。

 

これから新しい横山だいすけさんの魅力が楽しめそうですね!

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。