柴崎岳(ヘタフェ)デビュー戦はいつ?移籍金や年俸にスタメンのライバルを調査!

この記事は3分で読めます

柴崎岳選手のヘタフェ移籍が決まりました!

 

ついにスペインンリーグ1部に登場ですね!

まあ移籍先のチームが、前所属チームのテネリフェと昇格プレーオフを戦って敗れたチームというのは皮肉ですが、対戦したチームだからこそ柴崎岳選手の良さを痛感したのでしょうね。

 

4年契約で推定年棒1億円。

用意された背番号は10番!

一番熱意を持って誘ってくれたという理由でヘタフェを選んだ柴崎岳選手。

 

テネリフェは初めから柴崎岳選手とは半年間のみの契約だったため、契約満了につき移籍に関しては移籍金も発生しないという、テネリフェにとっては痛い、逆にヘタフェにとってはありがたい状況のもと、柴崎岳選手の獲得となりました。

 

それでも単にフリーで獲得できるからとか、スポンサーがついてくるとかユニフォームが売れるから、といった理由であれば、背番号10を用意して4年契約なんてしないでしょう。

やはり純粋に柴崎岳選手の実力を評価して契約したのだと思います。

 

そこで気になる柴崎岳選手のデビュー戦はいつか、またスタメンを獲得するにあたってライバルとなる選手は誰なのか、調べてみました!

スポンサードリンク

柴崎岳選手のデビュー戦はいつ?

リーガエスパニョーラの日程が発表されました。

開幕戦は8月20日。

対戦相手はバスクの雄、アスレティック・ビルバオ。

ビルバオの本拠地に乗り込んでのアウェイ戦です。

 

テストマッチや練習での周囲との連携などが影響すると思いますが、普通で考えたら10番の選手を中心にチームを作っていくはず。

なので、余程のことがなければ柴崎岳選手のデビュー戦はこの日になると思います。

 

ちなみに入団会見では流ちょうなスペイン語で挨拶をした柴崎岳選手。

決まったフレーズを暗記してきたのでしょうが、それでもこれだけ話せればチームメイトとのコミュニケーションも円滑にいきそうですね。

その動画はこちらです。

なんか立派にリーガの選手になったんだなあと感動しますね。

 

スポンサーリンク

 

スタメン獲得のライバルは誰?

柴崎岳選手がスタメンを獲得するために、最大のライバルとなる選手は誰なのでしょうか。

 

中盤の中心選手が最大のライバルとなると思われますが、それがダニエル・パチェコとフランシスコ・ポルティージョの2人です。

スペインメディアは柴崎岳選手のヘタフェ移籍をどう見ているかというと、

マドリードの地元紙『CAPITAL DEPORTE』が7月18日付けの紙面で「東洋の才能がヘタフェへ」との見出しを付け、特集を組んだ。

現状で先発は厳しい。

なぜなら、中盤の攻撃的な位置には不動のコンビがいる。

ダニエル・パチェコとフランシスコ・ポルティージョで、監督(ホセ・ボルダラス)の信頼が厚い。

ただ、3人同時起用はあり得る。

最大の弱点はフィジカル。

シバサキにとってはいい参考例がある。ポルティージョだ。攻撃性能が突出するばかりだった彼もいまでは、チーム屈指の汗かき役。シバサキに関しても指揮官がちゃんと導くだろう。

http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=27916

 

という評価になっています。

 

ただパチェコとポルティージョはどちらかというとボランチタイプの選手。

中盤の底を固め、少し後方からチームをけん引する役割です。

 

柴崎岳選手はテネリフェでも主にサイドからスタートして、幅広くボールに関わり攻撃のアクセントを作ってきました。

さらに自分でもゴールをしたり、決定的なアシストをしたりと、間違いなく点に絡むプレーヤーになっていました。

システムをどうするかはわかりませんが、テネリフェでの活躍がスペインの人たちには印象が強いはずなので、同様の使われ方をするのではないかと思っています。

 

ヘタフェは昇格組なので、どちらかというと守る時間が長く、攻撃に費やす時間は短くなるはず。

柴崎岳選手は、ポジションはどこでもやるができればトップ下がいいと話しているそうですが、そんなチーム状況でトップ下を置くような攻撃的なシステムは考えにくいです。

 

でもそれは逆に柴崎岳選手にとってはサイドハーフとして出場機会を増やすことになるのでは、と期待しています。

本田圭佑選手もミラン時代はサイドハーフとしての出場が多かったですが、ヘタフェのような残留することが1番の目標となるようなチーム事情でトップ下しかできない選手では、出場機会が限られるはずです。

その点、柴崎岳選手はテネリフェでもサイドを主戦場としながら、上手にチーム全体のバランスをとるような仕事をしてきました。

同じような役割を果たすことで、ヘタフェでも出場機会を確保し、チームにとっての影響力を上げていってくれるのではと思うのです。

 

これからシーズンが始まれば、クラブワールドカップで2得点したレアルマドリードや、メッシ・スアレス・ネイマールを擁するバルセロナ、乾選手との日本人対決など見どころ満載!

今期もリーガエスパニョーラと柴崎岳選手から目が離せませんね!

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。