サッカー日本代表オーストラリア戦のスタメン予想!

この記事は3分で読めます

いよいよサッカーのロシアワールドカップ、アジア最終予選も大詰めになりましたね!

 

8月31日のオーストラリア戦(ホーム)で勝利を収めれば、日本は6大会連続のワールドカップ出場が決まります。

次の試合が9月5日のサウジアラビア戦(アウェー)ということを考えると、絶対負けられない試合になります。

 

ただサウジアラビアがUAEに負けたことは、日本にとっては朗報ですね~。

正直、勝ち点差1の状態で、日本とオーストラリアとサウジアラビアが並んでいて、この上位チームと最後に2試合戦うのは日本だけですから、ここで2試合とも引き分けて、オーストラリアとサウジアラビアがあと1試合を勝ったら逆転されますから、状況は結構厳しかったですよ。

サウジアラビアがUAEに負けたことで、日本にとっては最悪オーストラリア戦に負けても、サウジアラビア戦に引き分けで2位に入りますもんね。

この精神的な優位さは大きいです。

 

でもそんなリスクを追わず、オーストラリア戦で勝利を収めてワールドカップ出場を決めたいですよね!

当然ハリルホジッチ監督も勝ちに行くはず。

そこで気になるオーストラリア戦のスタメンを予想してみました!

スポンサードリンク

サッカー日本代表オーストラリア戦のスタメン予想

ハリルホジッチ監督は記者会見で

「我々は勝ちに行く。決断力を持って、勇敢に戦いたい」

と話しています。

 

となると、やはりオーストラリア戦はよりアグレッシブに、ゴールを目指していくはず。

そうなるとシステムはいつもの4-3-3で、攻撃的なメンバーを揃えると思います。

 

そして前回のオーストラリア戦でもわかるように、重要な試合には特に経験を重視するのがハリルホジッチ監督のメンバー選出。

そうなると、やはりベテランと今までの出場機会の多い選手が中心となると思います。

 

以上から予想されるスタメンは次のように考えています。

 

▽FW 大迫、久保、原口

▽MF 長谷部、井手口、本田

▽DF 長友、昌子、吉田、酒井(宏)

▽GK 川島

 

スポンサーリンク

 

スタメン選びのポイント

ハリルホジッチ監督が大事な試合ほど、ベテランなど経験を重視する傾向を見ると、DFとGKは今まで同様のメンバーになるでしょう。

 

GKは安定の川島永嗣選手。

センターバックは吉田と昌子のコンビを継続。

人に強い昌子選手が吉田選手のパートナーになるはず。

 

サイドバックはやはり左が長友、右が酒井宏樹は固いでしょう。

 

中盤が気になるところですが、やはり長谷部は絶対に欠かせない選手。

すっかり代表の中心選手となった井手口がやや左サイドでバランスをとって、右サイドは本田と見ています。

 

こうした試合では経験とメンタル面から、本田圭佑選手への信頼が厚いと思うので、ここはスタメンでの出場になるでしょう。

 

本田圭佑選手はメキシコでも怪我の影響などでなかなか出場がなかったですが、直前の試合で途中出場してゴールを決めたことは、ハリルホジッチ監督には嬉しいニュースだったでしょう。

これで本田圭佑選手をスタメンにする理由ができたわけですから。

 

そしてFWは、1トップのポジションを確保している大迫勇也選手。

 

左に原口、右に久保という布陣を予想します。

 

大迫勇也選手のボールを収める技術は日本の大きな武器になっていますよね。

岡崎慎司選手はクラブでも出場機会を得ていますし、その運動量は魅力なのですが、現在の代表では大迫選手か起点となる展開が多いのでここは固いところです。

 

両サイドは、3バックのオーストラリアのサイドをつく上で運動量と裏に抜けるスピードから、原口選手と久保選手で決まりでしょう。

 

乾選手も捨てがたいところですが、中盤でのアクセントというよりも縦に早いサッカーを求めるハリルホジッチ監督は、あくまでオーストラリアが引いてきた場合のオプションとして見ていると思います。

 

怪我明けの香川真司選手や、スペインで好調の柴崎岳選手も見たいところですが、結果が最優先のこの試合では極力リスクは避けたいはず。

その意味では、コンディションの問題や周囲との連携などを考えると、手堅く今までと大きく変わらないメンバー構成になると思います。

 

 

かつてのような放り込むサッカーではなく、繋ぐサッカーを展開するオーストラリア。

その意味では中盤でどこまでボールを奪取出来るかが勝負。

逆にそこを抜けると、大きなピンチになります。

 

この試合に勝って、スッキリとワールドカップへの出場を決めたいですね!

頑張れ、日本!!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。