鈴木砂羽舞台降板の鳳恵弥の経歴プロフィール!身長スリーサイズ!

この記事は3分で読めます

鈴木砂羽さんが初演出する舞台で、公演直前に降板を決めた女優さんが大きな批判にさらされていますね!

9月13日から舞台初日なのに9月12日に二人の女優さんが降板するってすごいことですよね〜。

代役をたてたにしてもその時間のない中でよく初日に間に合わせられたなと感心します。

 

降板女優のうちの1人である鳳恵弥さんですが、降板理由を自身のブログで綴っています。

鈴木砂羽さんに土下座を強要されたなど、「人道にもとる数々の行為」があったと主張しています。

真相はどうであれ、直前で仕事を放棄したこと事実は変わらず批判をうけるのもやむを得ないですね。。。

 

果たして真相はどうなのか。

そこで渦中の降板女優である鳳恵弥さんがどんな人なのか、経歴やプロフィールなどを調べて見ました!

スポンサードリンク

鳳恵弥のプロフィール

鳳 恵弥(おおとり えみ)

本名:田邉恵弥(たなべえみ)

1981年1月4日生まれ(36歳)

東京都出身

血液型:A型

身長:165センチ

スリーサイズ:88-60-88

足のサイズ:24センチ

事務所:株式会社しぃぼるとぷろだくしょん

 

鳳恵弥さんはすごくスタイルのいい方なんですが、それもそのはず、大学在学中の2002年に準ミス・インターナショナルに選ばれた方なんです!

 

ビジュアルが文句なしに良い方なんですが、意外にもモデルなどの活動ではなく舞台役者として活動されているんですね。

鳳恵弥さんは、実は北区つかこうへい劇団に13期生として所属されています。

 

北区つかこうへい劇団というのは、つかこうへいさんが1994年4月に東京都北区からの要請で結成した地場劇団。

つかこうへいさんが亡くなったあとは解散してしまった劇団ですが、メンバーには錚々たる方々の名前があり、小西真奈美さんや内田有紀さん、黒木メイサさんなどが在籍されていました!

そんな人たちと同じ劇団に所属していたわけで、どのくらい本気の女優活動だったかがよくわかります。

 

また、鳳恵弥さんはお芝居だけでなく、ダイエットや社員教育、幼児教育などのインストラクターとしても幅広く活動されています。

 

ここまでの経歴を見ていくと、舞台女優としての経験も豊富で、不慣れな業界で周囲とコミュニケーションが取るのがむずかしかったというわけでもなさそうですよね。

公演直前に舞台を降りることがどのくらい大ごとなのか、素人ではないのでよくわかっているはずですが、それでも耐えられないようなことがあったんでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

 

鳳恵弥への世間の反応

今回の降板騒動では、鳳恵弥さんにも相当の理由があったことと思いますし、ブログで語ったこともでたらめではないのでしょうが、やはり理由はなんであれ直前に仕事を放棄するということにプロとは思えないと批判が集まっています。

 

やっぱり理由はどうあれ、直前に舞台を降板するというのはプロとしてはどうなの?という反応が多いようですね。

実際、今後こうしたことは本人たちの仕事に影響していくのでしょうね。

一度「降板騒ぎ」があった役者さんは、オファーする側としては頼みづらいでしょうから。

自分たちの事務所が主催する公演でないと出演できないんじゃないでしょうか。

 

芸能界からも多くの批判が出ています。

真矢ミキさんや坂上忍さん、高橋克実さんや梅沢富美男さんなど、舞台の仕事に詳しい方たちからも、演出家がダメ出しするのは当たり前で、仮に腹が立つことがあってもお客様の事を考えたら降板はありえない、と話しています。

 

坂上忍さんは、演出側にもフォローが足りなかったのかなと指摘していましたが、その辺がコミュニケーションのすれ違いが出ている理由なのかもしれませんね。

蜷川幸雄さんなどは激しい稽古で有名でしたが、しっかり役者やマネージャーへのフォローがあったようです。

演出家って、そういう能力も必要なんですね。。。

 

なんにせよ、舞台が無事進むことと、鳳恵弥さんの今後のお仕事が影響ないことを祈りたいです。。

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。