清水良太郎の妻(嫁)の顔画像や子供は?離婚できない理由は?

この記事は3分で読めます

ものまねタレントの清水良太郎さんが逮捕されましたね。。。

 

清水良太郎さんは清水アキラさんの三男で、ものまねタレントとして親子でステージに立つことも多い、人気タレントさんでした。

当初は俳優として活動していましたが、父親譲りのものまねの才能を発揮し、ものまねタレントとしても地位を築いていただけに、とても残念な結果になりましたね。

 

清水良太郎さんは妻と子供がいます。

妻子を残して、ホテルで別の女性と一緒にいて薬物を使用って。。。

まだ新婚なのに。。。

 

そんな清水良太郎さんの嫁はいったいどんな人なんでしょうか。

今回のことがあっても、清水家の一員として一緒に頑張るとのことで、離婚は考えていないようです。

芯の強い女性ですね。

それだけでなく、過去の清水良太郎さんの女性遍歴がすごいので、ルックスもいいのでは?

奥様がどんな人か顔の画像が見たい!と思い、調べてみました!

スポンサードリンク

清水良太郎のプロフィール

まずは清水良太郎さんのプロフィールです。

1988年8月15日生まれ

年齢:29歳

身長:177cm

職業:俳優/ものまねタレント

岩倉高等学校商業科

2006年より活動

父親:ものまねタレントの清水アキラ

事務所:プロダクション尾木→清水エイジェンシー

 

ものまねタレントとして活動する前には、「ごくせん」に出演したりミュージカル「テニスの王子様」で亜久津仁役で出演されていたりと、俳優として活躍されていたんですね。

 

ただ俳優としてはあまり芽が出ずに、父親の後を継ぐ形でものまねタレントとして活動し、やはり遺伝なのかものまねの才能を発揮し、一気に人気者になりました。

本人の努力ももちろんあるでしょうが、やはりものまね四天王と呼ばれた清水アキラさんの才能を受け継いでいるのでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

清水良太郎の嫁と子供

清水良太郎さんには、2016年5月に結婚した妻と、同年11月に生まれた子供がいます。

今までいろいろなきれいな女性と噂になった清水良太郎さんですから、奥様もきっとかなりきれいな方だと思うのですが、一般人ということもあり顔の画像は調べられませんでした。

 

しかし、まだ新婚だし子供が生まれたとなれば、父親としての自覚が徐々に芽生え、家族を支える立場としての責任感も出てきますよね。

そんななか、今年の2月にカジノ店の問題が発覚して、仕事がほとんどなくなったそうで、ひどく反省していたとのことでした。

 

そりゃそうですよね、子供が生まれたばっかりなのに、違法な賭場に出入りして仕事をなくしたとなれば、家族の中でも立場がないし、生活のめどが立ちませんよね。

 

それでも清水良太郎さんの場合、お父様の事務所だし、清水アキラさんのファンが支えてくれるでしょうから、まだ恵まれた環境だったのでしょう。

それが逆に本人の甘えに繋がったんでしょうか。

 

清水アキラさんは記者からの質問に、かなり厳しく接していたと話していました。

子供が2世として甘えないように厳しくしつけていたということなんでしょうが、それがかえって怒られないように嘘をつく子供にしてしまったのかもしれないと涙ながらに話していましたね。

子供の育て方って難しいですね。

特に有名人の子供って、普通にしてても甘やかされているって言われるだろうし、だから厳しく育てると子供はその理由がわからないからすねて育ってしまうかもしれないし。

芸能人の子供って難しいですよね、芸能界に進めば七光って言われるし、一般の社会に出れば有名人の子供って好奇の目で見られるし。

 

今回、清水良太郎さんの奥様は清水家の一員として一緒に頑張ると話していたそうですが、世の中の声としては「奥さんだって縁を切りたいだろうに、縛り付けたらかわいそう」とか「そんなこといって、間違いなく離婚だね」などと言われたりしています。

 

でも清水良太郎さんの嫁もそう簡単に離婚できないですよね。

その理由は、やはりお子さんのこと。

まだ1歳にもならない子供を抱えて、やはり周囲のフォローも必要でしょう。

実家に戻ればいい、という話もありますが、生まれたばかりの子供が父親のいない子供にするのは忍びないという親心もあるでしょう。

 

純粋に今後の生活に対する不安もあるでしょうね。

子供を育てるのにはやはりお金がかかりますし、シングルマザーでは働きながら育児は相当大変です。

慰謝料といっても、それほど清水良太郎さんには資産もなさそうですし。。。

お父様はいっぱいあるでしょうけど。

 

何よりまだ新婚で、奥様も清水良太郎さんへの想いもあるでしょうから、できれば清水良太郎さんが更生してまともな生活に戻り、派手でなくても幸せな家庭を気づかれることを祈りたいと思います。。。

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。