友近「女芸人」予選欠場のネタは何?用意されなかった小道具は?

この記事は2分で読めます

「女芸人No.1決定戦 THE W」の予選で、友近さんが欠場するというハプニングが起きました!

 

この番組は山田邦子さんが出場を辞退するなど、当初からいろいろ問題が起きていますね。

今回は番組側の落ち度などではないですが、またも大物女芸人がいなくなってしまいました。

 

真相は友近さんのマネージャーの確認不足だったようですが、必要な小道具が用意されていなかったようです。

関係者によると、友近は9日に行われた2回戦に出場するため会場を訪れたが、本番直前に大アクシデントが発生したという。

「コントに使う小道具が用意されていなかったのです。これは日テレ側ではなく、吉本興業側が準備する手はずになっていた。どうも彼女のマネジャーがすっかり忘れてしまったようです。大チョンボですよ」。

コントの衣装にも着替え、舞台袖で出番を待っていたが、小道具なくしては何もできず、無念の欠場となったという。

出典:http://news.livedoor.com/article/detail/13877513/

 

友近さんは舞台袖で出番の準備をしたところでこのことを知り、代用品を用意することもできず、無念の欠場となったようです。

 

Twitterの書き込みなどを見ると、当日はその時間、司会の方が長くトークして場をつなぐなど、何か違和感のある時間調整をしていたそうです。

現場ではかなり大騒ぎだったのでしょうね。

 

そんな友近さんのネタが見れなくて残念に思っていた人も多いと思います。

いったいどんなネタだったのでしょうか。

また用意されていなかった小道具とは何だったのでしょうか。

気になるのでちょっと調べてみました。

スポンサードリンク

友近の欠場したネタと小道具は何?

友近さんのネタって、友近さんが延々と一人のキャラクターを面白おかしく演じていて、その卓越したなりきりぶりが笑えますよね!

いままでのネタを見ていても、それほど小道具が多いタイプの芸人さんではないと思います。

 

そんな友近さんが、小道具がないと演じられないネタって何だったのでしょう。

調べてみたのですが、あいにくそれについて情報がありませんでした。。。

 

普通なら、どのようなネタをやる予定で、その中でこういう役割の小道具があり、それが用意されていなかった、などとニュースになってもよさそうなんですが、そうした情報が一切なかったんです。

まあネタバレになるので、披露しなかったネタについて、わざわざネタバレする必要はないのですが、それがないと本当にできないネタだったのかは気になりますよね。

 

スポンサーリンク

 

小道具なしではできなかったのかという批判も

当日観覧に来たお客さんも、友近さんを目当てに足を運んだ方も少なくないのでは…。

そんな中、代用品を用意するとか、小道具なしでもできなかったのか、という批判もあります。

 

友近さんはその後のラジオでその時の状況について話していました。

どうも出番直前に舞台袖にいたときに、小道具が用意されていないことが発覚。

時間がなく、代用品も用意できない。

いったん、ほかの出演者に順番を変わってもらい、準備などを進めるが、他の仕事に行かなければいけない時間となり、やむなく欠場となった。

 

「一度、舞台に出て行ったのに戻っちゃったから、お客さんも「どうしたのかな?」って思ってただろうから…」と、そのラジオの番組中に真相を話そうと思ったそうです。

 

「もう一度予選があるのなら出たかったんですが…昨日でもう終わってしまったので…」

「こういう感じで終わってしまって残念」

とも話しています。

 

おそらく営業など数多くこなす友近さんですから、そうしたハプニングに対する対応力はあると思うのですが、もしかするとオチにつながる小道具だったのかもしれませんね。

それがないと、ネタ自体が成立しないという小道具であれば、それなしにはネタを披露するわけにはいかなかったのかもしれません。

それなら欠場という判断もやむをえませんね

 

当日観に来た方も、番組事態を楽しみにしている人も、友近さんのネタ、観たかったですよね。

本人も納得しないでしょうから、まだ敗者復活などの制度も作って、再挑戦できる場が用意されることを期待したいですね!

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。