三渡洲舞人(さんとすまいと)MALIAとの馴れ初め!モデルブランド!

この記事は3分で読めます

モデルの「MALIA.」さんが、元Jリーガーでファッションモデルの「三渡洲舞人(さんとすまいと)」さんと結婚したそうです!

 

なんと4度目の結婚で、元Jリーガーとは3人目!という、なんだかすごくこだわりを感じる結婚相手選びがわだいになっていますね。

 

私の中ではMALIAさんといえば、山本KID選手の奥様というイメージが強いのですが、確かにきれいな方ですから、男性からすると、3度の離婚歴があるとはいえ魅力的な女性ですよね!

 

しかしお相手の三渡洲舞人さんのことはあまり知らなかったのですが、モデルをされていて、凄いイケメンですよね。

世間的にはMALIAさんが年下の超イケメンをゲットしたというっひゅかになっているようですが、二人の馴れ初めや、三渡洲舞人さんのモデルの経歴、担当したブランドなどを調べてみました!

スポンサードリンク

「MALIA.」のプロフィールと結婚歴

まずはMALIAさんがどんな人か見ていきましょう!

名前:MALIA.(マリア)

本名:新保 真里有(しんぼ まりあ)

生年月日:1983年2月1日

年齢:34歳

職業:ファッションモデル、タレント

出身地:神奈川県横浜市

血液型:O型

身長:167cm

所属事務所:TENCALAT

MALIAさんのデビューは1997年、MALIA.さんが14歳の時。

「egg」のストリートスナップがきっかけでした。

その後、15歳で「fine」に初登場し、表紙を飾るトップモデルに。

その後は「ViVi」に登場し、雑誌だけでなくショーにも出演するランウェイモデルとしても活動するようになりました。

 

結婚は2002年、19歳の時に元横浜マリノスの「田中隼磨」選手と結婚されました。

第一子(長男)を出産しますが2004年に離婚。

2005年、総合格闘技の山本”KID”徳郁選手と再婚し、第二子(次男)を出産、翌年の23歳の時に第三し(長女)を出産しますが、2009年に2度目の離婚。

さらに2015年に横浜マリノスの「佐藤優平」選手と3度目の結婚をしますが、2年後に離婚。

この時は子供はいませんでした。

 

山本KID選手の試合ではリングサイドで山本家の姉2人と絶叫しながら観戦していたのが強く印象に残っています。

綺麗な奥さんだなあと思っていました。

でもそれよりJリーガーとの結婚の方が印象的ですね。

マリノスつながりで、先輩の元奥様と結婚した佐藤優平さんも、結構覚悟がいったと思うのですが、2年で離婚してしまったんですね。。。

 

 

スポンサーリンク

 

 

三渡洲舞人(さんとすまいと)の経歴プロフィール

名前:三渡洲舞人(さんとすまいと)

本名:SANTOS Maito(サントス マイト)

生年月日:1992年11月28日

年齢:24歳

職業:ファッションモデル、元Jリーガー選手

出身地:静岡県浜松市

体重:79型

身長:185cm

三渡洲舞人さんは清水エスパルスジュニアユースから流通経済大学付属柏高校へ入学。

お父様が元清水エスパルスの選手だったこともあり、サッカーの実力は相当なものだったようですね。

 

しかし、卒業後は膝の怪我のためモデルとしての活動も始めました。

膝のけがが癒えて2013年7月に東京ヴェルディに入団しますが、やはりプロ選手としてプレーするレベルには回復しなかったのか、2014年1月に退団となりました。

 

それでもこのルックスと高身長で、モデルとしての才能を開花させます。

こちらは三都洲舞人さんのインスタですが、本当に「モデル!」って感じですね!

 

 

インスタのコメント欄にもありましたが、こんな人が本当にオフィスにいたらオフィスラブが止まらないでしょうね。

女性陣が全く仕事にならないという…。

 

Instagramのハッシュタグを見ると、「DOLCE&GABBANA」「EMPORIO ARMANI」などのショーにも出演しているようです。

上のインスタの写真もアルマーニのスーツのようですね。

外国のモデルと比較しても全く見劣りしないので、もしかしたら国際的なショーモデルとして活躍される日も近いのでは?

 

そんなイケメンモデルの三渡洲舞人さんがMALIAさんと知り合うきっかけや馴れ初めですが、調べてみたところ、情報が全くありませんでした。

やっぱり知人の紹介とか、Jリーガー飲み会みたいなのがあるんでしょうかね。

 

以前聞いた話では、そういうのを仲介している人がいるみたいで、女性と職場で出会うことのないJリーガーにはありがたいんでしょうね。

モデルの女性は相手には困らないでしょうが、同じ芸能界だと職場結婚みたいでいろいろ難しいところがあるのでしょうから、別の業種でスポーツマンとなれば、それはそれで魅力的な機会なのかもしれません。

 

 

どうであれ、本人たちが幸せであればそれに越したことはないので、今度こそMALIAさんが三都洲舞人三都幸せな家庭を築いてほしいと思います。

子供さんたちがいい加減かわいそうなので。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。