三渡洲舞人父は元Jリーガーのアデミール!母が美人!

この記事は3分で読めます

MALIA.さんが4度目のと結婚!ということで話題になっていますが、お相手が三渡洲舞人さんと聞いて、「サントス?」と思ったサッカーファンも結構いたのではないかと思います。

 

サントスときいたら、サッカーファンならブラジル人に多い名前だし、しかもこの当て字のような感じの名前は、三都主アレサンドロか、あのサントスしかいないでしょう、とピンと来た人も多いのではないでしょうか。

 

やはり調べると、あのアデミール・サントスさんの息子さんでした!

 

古いサッカーファンなら覚えている人も多いアデミール・サントスさん。

その方の息子さんが三渡洲舞人さんだったのですね。

 

三渡洲舞人さんも元Jリーガーとのことで、サッカー選手として活躍されていたことは知りませんでした。

お父さんの後に続いてサッカーをしていたんですね、

アデミール・サントスさんは、帰化されて「三都洲」という苗字になっていたことは知っていましたが、三渡洲舞人さんはハーフなのでしょうか。

お母さまは日本人の方なのでしょうか。

 

サッカーしている画像とともに、三渡洲舞人さんの父親や母親、サッカー選手の時の画像も調べてみました!

スポンサードリンク

三渡洲舞人さんのお父様は、かつて東海大一高で全国制覇をして、清水エスパルスでも活躍した元プロサッカー選手です。

高校の時には、まだブラジル人留学生も少なく、そのブラジル人らしいやわらかいボールタッチと左利きならではのテクニックあふれるプレーで、一躍注目の人となりました。

 

個人的には、サントス選手をみたいがために、小さいころ高校サッカーを遠方まで見に行ったことを思い出します。

本当にかっこよかったんですよね。

 

三渡洲アデミールの選手時代の画像と現在

三渡洲アデミールさんは、かつて東海第一高校で全国優勝を果たし、一躍時の人となりましたね。

その当時の写真がこちらです。

出展:http://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=27934

 

 

出典:amazon

 

三渡洲舞人さんの面影があるんじゃないですか?

 

お父様の三渡洲アデミールさんの実績は素晴らしいものでした。

高校選手権に初出場で初優勝に得点王!

完全に三渡洲アデミールさんの大会と言えるでしょう。

 

高校3年生になると、1学年遅れの影響で高校選手権には出場できないため、当時の日本サッカーリーグ(JSL)のヤマハ発動機サッカー部で活躍します。

そしてその後、清水エスパルスに入団しますが、結果的には外国人枠の問題と、怪我の影響もあり、思うような活躍ができませんでした。

 

当時のJリーグは本当にスゴイ外国人選手がいましたからね。

さすがに三渡洲選手といえども、ブラジルやイタリア代表経験のあるような助っ人選手のレベルにはいたっていませんでした。

プレー機会に恵まれず、ようやく日本人として帰化が認められた時には怪我の影響もあり、退団を余儀なくされてしまいました。

 

プレー機会に恵まれず、ようやく日本人として帰化が認められた時には怪我の影響もあり、退団を余儀なくされてしまいました。

 

引退後は、静岡市内にレストラン「バナナシュート」を開店します。  

1997年~2005年の8年間経営しますが、現在は閉店しています。

2006年には人材派遣会社ナカイのサッカー部監督に就任。

サッカーの現場に戻ってきたんですね。

 

現在はフリーのようですが、指導者として活躍したいという希望は持っているそうですから、あれだけの選手だったので後輩にその技術や経験を伝えて欲しいですね。

スポンサーリンク

そしてお母さんで、三渡洲アデミールさんの奥様ですが、とっても綺麗な方です!

これが三渡洲舞人さんとの写真ですが、若くないですか!?

しかも美人!

付き合っている女性と言われても違和感ないし、綺麗な彼女だと羨ましがられますよね。

 

奥様は日本人の方なので、三渡洲舞人さんはハーフなわけです。

この両親から生まれた子供なので、三渡洲舞人さんがイケメンなのは無理ないです!

きれいなルックスの両親に、イケメンの息子と、嫁がMALIAさんですから、スゴイ家族になりますね!

ぜひ家族での写真をインスタグラムにのせてほしいです。

理想の家族の形ですね。

どうか今回は離婚しませんように。。。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。