池坊保子は創価学会?相撲協会評議会会長の理由は?

この記事は3分で読めます

ついに日馬富士の引退が決まりましたね!

 

今回の貴ノ岩への暴行問題で処分の内容が何かと話題になっていましたが、最終的には日馬富士が責任を取って引退という結末になりました。

 

社会的に考えたら傷害事件ですし、一般企業の常識に当てはめたら確かに解雇ということもあるんでしょうが、人気力士の引退がこのような結末で決まるというのはなんとも寂しい感じもしますね。

 

ところで、今回の問題でしきりに貴乃花親方に対し苦言を呈している池坊保子さんって何者なんでしょうか。

なぜ相撲協会の評議員会長なんでしょうか。

 

ちょっと気になったので、池坊保子さん経歴や創価学会の噂、また評議会長になっている理由について調べてみました。

スポンサードリンク

 

池坊保子氏のプロフィールや経歴

出典:https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/11/20/gazo/20171120s00005000243000p.html

 

生年月日・・・1942年4月18日(2017年現在75歳)

出身地・・・東京都

最終学歴・・・学習院女子高等科

夫・・・池坊専永氏(華道の家元)

池坊さんは華道の家元の奥様でした。

しかも今(平成)の天皇の再従兄弟(又従兄弟)!!

実は天皇家の親戚だったのですね!

 

池坊保子さんは学習院の大学在学中に、結婚のために中退し、1963年に21歳で池坊の家元・池坊専永氏と結婚。

池坊というのは華道の中でも名家なので、やはり皇族の親戚となると嫁ぐ家柄も重要になるのでしょうね。

1963年といえば、まだ皇族としてのしきたりも多かったのでしょうから、ある意味大人が決めた許嫁なのかもしれません。

 

池坊保子さんは華道の家元の妻だけに収まらず、1996年から2012年まで16年間衆議院議員をやって文部副大臣まで務めました。

政治家としてのキャリアの方が有名ですよね、きっと。

 

池坊保子さんを調べると、創価学会の噂が出てきます。

実は池坊保子さんは公明党女性委員会副委員長、党京都府本部顧問を務めていました。

それでも、創価学会の会員ではないようです。

 

創価学会員でない人が、なぜ公明党の党員??

この辺は、華道の家元としての立場や選挙絡みの匂いがしますね。

だいたい創価学会の人と結婚すると、相手の人が学会員でない場合、学会に入会しないといけないという話を聞いたことがあります。

仮に強制でないとしても、しょっちゅう会合があったり、おつきあいが発生したりすると、頑なに入会を拒んでも雰囲気が悪くなるでしょうから、夫婦関係を続けていく上ではやむを得ませんよね。

 

そんな創価学会政党である公明党の地域の副委員長などが務まるのでしょうか。

きっと華道の生徒さんなどに創価学会の方が多くいたり、学会との付き合いなどもあるんでしょうね。

学会としても付き合うことに利益があるのであれば、無理に入会を求めない、といったところでしょうか。

皇室の血を引く方がいれば、当然選挙などでは大きな宣伝になりますもんね。

 

 

スポンサーリンク

 

池坊保子氏がなぜ相撲協会理事?

池坊保子さんは2014年1月より日本相撲協会の評議員会長を務めています。

因みに評議員にはどんな人がいるかというと、次の人たちです。

 

池坊保子氏(評議員会長)・・・元文部科学副大臣

千家尊祐氏・・・出雲大社宮司

小西彦衛氏・・・日本公認会計士協会監事

海老沢勝二氏・・・元日本放送協会会長、第11代横綱審議委員会委員長、元日本相撲協会外部理事

 

日本の国技だけに、出雲大社の宮司なんかがいるんですね!

とりあえず元NHK会長がいる理由はよくわかりませんが。。。

 

いずれにしても、どちらかというと大きな協会の理事のような人ばかりで、組織のマネジメントという意味では、元NHKの海老沢さんくらいしか民間の人はいない感じです。

 

どうしても今回の発言などにもお役所的な感じしかしないのは私だけでしょうか?

方々で批判されていますが、被害を受けた側の貴乃花親方を批判する発言が多いのは気になりますよね。

確かに貴乃花親方の行動は組織人としてはどうかと思うものではありますが、それでも被害を受けた側に対する配慮が欠けている気がします。

 

もちろん貴乃花親方に対する批判も巷に多く、そんなに今の相撲協会が気に入らないなら、自分が政党な相撲の継承者だ、と賛同者を引き連れて独立したらいいじゃないか、という意見もわからないじゃないですけどね。

 

プロレスと比べたら申し訳ないけど、そうやって色々な団体が旗揚げしているし、色々な人や歴史やしがらみや補助金などが絡んで今の相撲界があるんであって、自分の理想を振りかざしても孤立するだけでしょう。

 

誰かが貴乃花親方のことを相撲原理主義なんて呼んでいたようですが、確かに主張の是非はともかく、ちょっと過激な感じがしなくもないですね。。。

 

 

これからの池坊保子さんと貴乃花親方との確執からも目が離せないです!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • 関 孝一郎
    • 2018年 1月1日

    変換ミス 政党⇒正当では?
    池坊さんは、自分の立ち位置を理解しておらず批判的発言は慎むべきです。
    慎むより批判発言は言うべきでありません。
    危機管理委員会共々に、評議委員会の責任はないのでしょうか?
    ですから池坊さんの発言には、一般人には受け入れ難い結果となります。
    的確性と明確性に乏しい言葉遣いと態度・姿勢は、反感しか生じません。
    危機管理委員長も同様で、検事の発言としては 言葉使い・言い回しには呆れるばかりです。
    どうして、こんな人が から こんな人達となってしまうのです。
    的確・明確に説明報告が出来る人に変えて欲しい。
    むろん、お二人には辞任して戴きたく切望します。

  1. この記事へのトラックバックはありません。