E1サッカー日本代表の予想スタメン!12/16韓国戦のメンバー!

この記事は2分で読めます

サッカー日本代表が戦うE-1選手権も、いよいよ韓国戦となりました。

 

日本の他、中国・韓国・北朝鮮という4か国のみの大会なので、優勝するかどうかはあまり大きな問題ではないですが、総当たり戦ということで、各国の維持がかかった高い会であると同時に、ワールドカップへ向けて代表生き残りをかけた大会でもありますね。

 

北朝鮮、中国と、日本は劇的な勝利を収めての韓国戦です。

2試合ともテストの意味もあってのことでしょうが、かなりメンバーが異なっています。

今回の韓国戦でもまたメンバーは変わってくると思いますが、果たして韓国戦はどんなスタメンで来るのか気になりますよね!

そこで、韓国戦のスタメンを予想してみました予想してみました!

スポンサードリンク

E-1選手権の日本代表の予想スタメン

われらがサッカー日本代表の、韓国戦に向けた予想スタメンを調べてみました。

DF:植田直通、三浦弦太、昌子源、車屋紳太郎

MF:今野泰幸、井手口陽介、倉田秋

FW:伊東純也、小林悠、土居聖真

 

注目のCBはやはり昌子選手と三浦選手ではないかと予想します。

北朝鮮戦の谷口選手よりも三浦選手の方が安定感はありましたから、昌子選手のパートナーは中国戦同様の三浦選手でしょう。

植田選手と昌子選手の鹿島コンビも見たいのですが、中国戦での植田選手の出来が思いのほか良かったので、新しいオプションとして植田選手の右サイドは韓国戦でも継続されると思います。

そして左サイドは山本選手があまりよくなかったので、消去法で車屋選手かと予想します。

 

中盤はもう今野選手と井手口選手は決まりです。

この2人の安定感が、E-1の日本代表にとっては生命線になっているのは明らか。

中2日での試合が続いて、中国戦も連戦のメンバーは体力的にきつかったと思いますが、若い井手口選手はともかく今野選手の運動量はあの年齢で大したものですね!

さすがに3連戦目はきついと思いますが、代えが効かない選手なので、ここは鉄板でしょう。

 

韓国戦については、格下相手の北朝鮮や中国戦と違い、アンカーを置くシステムよりダブルボランチにトップ下という戦術をとるのではないかと思います。

そこでトップ下になるのは倉田秋選手。

ガンバでのコンビネーションを考えれば妥当な選出だと思います。

もっとも大島選手のいない今、このポジションは倉田選手しかいないのですが。。

 

スポンサーリンク

 

そしてFWはどうなるでしょうか。

ここが一番の迷いどころですが、ハリルホジッチ監督の評価を考えると、右サイドは伊藤選手と予想します。

その積極性と突破力は、ある意味、久保選手や浅野選手を現段階で越えているのではないかとも思えます。

久保選手のテクニックと浅野選手のスピードをバランスよく持っているという意味で、伊藤選手はバランスのとれた選択肢と言えるかもしれませんね。

 

そしてCFが小林悠選手。

やはりJリーグ得点王は違います。

中国戦のゴールもそうでしたが、あの体勢で迷わずシュートを選択するあたりはセンスですよね。

そしてきちんと回転しながら枠に収める技術も大したものです。

中国戦では川又選手が入るまでは前で孤立するところもありましたが、川又選手が入ったことで攻撃に厚みが加わりましたよね。

今回の韓国戦も右サイドでの出場か、とも思いましたが、やはり川又選手は今のところ途中交代というオプションのようですから、中国戦同様、スタートは小林選手がトップに入るのではないかと予想します。

 

そして左サイドは微妙ですが、土居選手を予想しました。

土居選手が入ったときはわりと良かったと思うんですよね。

ちょっと存在感が薄かった気もしますが、結構バランスよく、周囲との連携もできていたように思います。

左サイドには途中交代が続く阿部選手の可能性もありますし、北朝鮮戦で本領を発揮できなかった金崎選手が入るということもあるかな、なんて考えたりしたのですが、ここは迷うところです。

 

 

スケジュールがタイトな中での連戦なので、出場が続いているメンバーの疲労の度合いなどもメンバー構成には影響してくるかと思います。

直前まで予想がつきにくいのは確かですし、サプライズもあるかも知れません。

とにかく試合開始が待ち遠しいですね!!!

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。