大迫傑(すぐる)年収!兄弟も速い?嫁や子供に父親の職業を調査!

この記事は3分で読めます

箱根駅伝のゲストに大迫傑選手が出ていますね。

現在、日本の長距離界のエースとして有名な大迫傑選手ですが、現在はNikeのオレゴンプロジェクトに所属するプロランナーとして活躍してます。

 

「ナイキ・オレゴン・プロジェクト」とは、ナイキ社がアメリカの長距離走選手の強化を目的にして作られた陸上競技チーム。

所属しているランナーは、世界レベルの長距離ランナーばかりで、大迫傑選手はこのチームに所属する唯一のアジア人です。

それだけで、大迫傑選手が世界の中でどれくらい注目の選手であるかがわかりますね!

 

そんな大迫傑選手の年収って気になりませんか?

ナイキ所属って、どれくらいのお金をもらっているのでしょうか。

 

また大迫傑選手は結婚して子供もいますが、嫁や子供について。

また兄弟も足が速いのか、とか、父親の職業は何なのだろうとか、気になるので調べてみました!

スポンサードリンク

大迫傑選手のプロフィール

まずは大迫傑選手のプロフィールです。

氏名   おおさこ すぐる
生年月日 1991年5月23日
出身地  東京都町田市
身長   170cm
体重   53kg
学歴   早稲田大学卒
所属   ナイキ・オレゴン・プロジェクト

2006年 中学3年生の時3000mで東京都中学校最高記録
2008年 全国高校駅伝で初優勝
2010年 早稲田大学に進学
2013年 日本人学生10000m記録更新
2014年 日清食品グループと所属契約
2014年 7分40秒09で3000mの日本記録樹立
2015年 ナイキ・オレゴン・プロジェクト所属になる
2015年 13分08秒40で5000mの日本記録樹立
2016年 日本陸上競技選手権大会で10000m&5000mの二冠を達成
2017年 ボストンマラソンで2時間10分28秒で走破し3位になる

 

こうしてみると、早くから才能を開花して、順調に成長しているエリートアスリートなんですね。

 

大迫傑選手の兄弟や父親の職業

大迫傑選手の父親である大迫猛さんは、「有限会社キュート」と言う主に「Xbox 360」用のゲームを制作する会社の社長さんです。

実は大迫傑選手は社長の息子だったんですね。

結構、ハングリーなイメージでしたが、意外といい家のお坊ちゃんだったようです。

 

社員数は8名の小規模な会社のようですが、Xbox用のゲーム開発しているようですから、かなりしっかりとしたものを作っている会社なんでしょうね。

 

そして兄弟ですが、大迫傑選手は3人兄弟で、男ばかりの3兄弟の2番目のようです。

末っ子の大迫隼也選手も陸上の長距離選手として活動されていて、現在は桜美林大学に所属しています。

 

 

スポンサーリンク

 

大迫傑選手の年収と嫁に子供

大迫傑選手の嫁は、元SKE48の橋本あゆみさんです。

もっともアイドルとしての活動は1年も満たないので、そこまで芸能人というほどではないですね。

それでもアイドルと結婚しているんですから、さすがイケメンアスリートですね。

 

2人は学生結婚だったのですが、「授かり婚」だったようです。

今は4歳の女の子と3人での生活のようです。

 

妻と子供を支える大迫傑選手の年収ですが、現在は「ナイキ・オレゴン・プロジェクト」に所属してプロランナーとして生活しています。

そして、そのナイキ社の所属アスリートの年収を調べると、だいたい基本給だけで2万5000ドル~3万ドル(約285万~340万円)となっています。

 

ただ国際的なトップランナーだと、国際的な大会では出場すると5万ドル(約570万円)くらい貰えるようです。

それに当然好成績であれば賞金ももらえますし、優勝などでメーカーからボーナスなどが出ることもあるので、一般的に海外の有名ランナーなどは、年に数回のレースだけで数千万稼ぐと言われています。

 

大迫傑選手の場合、大手の芸能事務所に登録し、マネージメントの管理もしてもらっているので、様々な企業のスポンサーやナイキとのライセンス契約などで、おそらくトータルで数千万円は入っているでしょう。

 

ただしここから自身の体のケアに投資したり、合宿等の費用などもあるでしょうから、決して豪遊できるという状態ではないでしょうね。

それでも企業のチームに所属する陸上選手が多い中で、プロスポーツ選手として夢を与えることができるキャリアだと思います。

 

これから世界陸上やオリンピックなど、さらに大きく羽ばたくビックイベントが多くありますので、今後の大迫傑選手の活躍に期待ですね!

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。