平昌オリンピックの入村式は何をする?選手村の場所はどこ?

この記事は3分で読めます

平昌オリンピックの入村式に日本は出席を断念、という報道がありますね。

 

韓国入りで歓迎される高梨沙羅=仁川国際空港
日本オリンピック委員会(JOC)は6日、7日の午後に予定されていた選手村入村式について、練習時間との兼ね合いと、厳しい寒さが続く中で体調管理を最優先する方針から選手の出席を断念することを発表した。

入村式は各五輪組織委員会が主催するもので、毎回各国の趣向を凝らした出し物で歓迎してくれる。毎回入村している選手が参加していたが、マイナス10度近い気温が続いている中で、今回は断念することとなった。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180206-00000135-dal-spo

 

どうもスゴく寒いようで、選手の体調管理を優先したとのことですが、いったいどんだけ寒いんだよって思ってしまいますが、マイナス10度って驚異的ですね!

経験したことないからわかりませんが、確かにアスリートの体調管理とかいう以前に、命の危険がありそうな気もします。。。

 

平昌オリンピックの選手村って場所はどこなんでしょうか。

そして入村式ってどんな感じのことやるのでしょうか。

気になったので調べてみました!

スポンサードリンク

平昌オリンピックの選手村の場所はどこ?

平昌オリンピックの選手村は、競技によって2カ所に分かれているようですね。

雪上種目(スキーなど)は、もちろん平昌にある平昌オリンピック選手村に入村するのですが、氷上種目(スケートなど)は、江陵という場所に江陵オリンピック選手村という名前の選手村が用意されていて、少し環境なども違うようです。

 

雪が降った平昌の選手村について、ノルウェーのスタッフは「暖房の細かい調節ができない」と指摘した。中心部から離れており、村内の娯楽施設も乏しいという。

江陵も冷え込んだものの晴天で、選手村から気軽に自転車で出掛ける姿が見られた。近くには飲食店街もあり、選手の評判は上々だ。

出典:https://this.kiji.is/332485717597553761?c=110564226228225532

 

平昌オリンピックていうくらいだから平昌の方がメインの選手村になるんでしょうから、そっちの方が設備が整っている気がしますけどね。

 

でもこの書き方だと、平昌って結構田舎の方なんですね。

オリンピックのためにわざわざ開発した街なのかな?

 

いろいろ施設を作るにあたって、広大な土地がある場所の方が都合が良かったのかもしれませんね。

豊洲の埋立地にオリンピックセンターを作る感じでしょうか。

幸い東京オリンピックはどこに行っても主編地域が不便ということはなさそうですね。

それより人が多いとか、土地が限られるので選手村が小さいとか、そういう問題は出てくるかもしれませんね

 

 

スポンサーリンク

 

 

入村式って何をするの?

オリンピックの入村式ですがいったいどんなことをするのでしょうか。

通常は開催国の人たちが、民族衣装などで選手をもてなすという歓迎イベントになります。

一般の方と触れ合う機会にもなり、選手たちにも貴重な機会となるようです。

 

平昌冬季五輪の選手村で行われた最初の入村式。ブラジル代表らが笑顔で入場した=5日、韓国・平昌(共同)

出典:https://this.kiji.is/333161799950058593?c=65699763097731077

 

ちなみにこちらがリオオリンピックでの日本選手団の入村式の様子。

さすがブラジルらしく、踊って歓迎してくれて、参加した選手たちも楽しそうにしています。

出典:https://www.joc.or.jp/games/olympic/riodejaneiro/photo/photo_detail.html?vol_id=7791&photo_no=photo1_2

 

さすが南米のノリは違いますね!

こんな暖かい感じならきっと選手も楽しいでしょうけど、これをマイナス10度でやれと言われたら確かにちょっと考えてしまうかもしれません。

 

準備してくれている現地の人には申し訳ないけれども、これで体調を崩して本番の日に風邪でも引いたら本末転倒ですもんね。

なにせ脳みそが凍りそうなくらいという表現をする人がいるくらいなので、常軌を逸した寒さのようです。

日本にも歴史的な寒波がきていますから、平昌もあり得ないくらいの寒さになっていることでしょう。

 

選手たちにはトレーニングするにも過酷な環境だと思いますが、競技の日に最高のパフォーマンスを見せられるように体調管理に気をつけて欲しいと思います。

がんばれ、ニッポン!

 

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。