伊調馨のいとこの名前や画像!パワハラや美人局の過去も?

この記事は3分で読めます

伊調馨さんと栄和人監督とのパワハラ問題は、なかなか深い話になってきましたね!

 

パワハラの事実はあったような情報が多く出てきましたが、それでも伊調馨さんはこの告発に関わっていないとのことで、、、

どうもレスリング協会内での権力闘争なども言われてきたかと思ったら、伊調馨さんの従兄弟という人物がかなり問題のある方のようで、栄和人監督とはトラブルがあって裏でその従兄弟が糸を引いているとの情報も出てきました。。。

 

新しい登場人物である、伊調馨さんのいとこという人物は、いったいどんな人なのでしょうか。

 

報道では「I氏」という書き方をされていますが、同じ「伊調」姓なのか。

過去に美人局などのトラブルを起こしているとの噂なので、名前や画像など報じられたことがあるのか。

気になることを調べてみました!

スポンサードリンク

伊調馨さんのいとこのI氏とは誰?

伊調馨さんへのパワハラ問題で批判の対象となった栄和人監督ですが、栄和人監督によれば、

「パワハラに心当たりは無いが、かつて一伊調馨の従姉妹と名乗る男性と問題があった」

という話で、この男性に嵌められたのではないか、とのことなんです。

 

伊調馨さんのパワハラ疑惑を投じたのが週刊文春。

そして伊調馨さんのいとこを名乗る男性と栄和人監督とのトラブルを報じたのが週刊新潮。

文春 対 新潮 という図式もできてきました!

 

週間新潮では、伊調馨さんのいとこを名乗る男性を「I氏」と書いていますが、いったいこのI氏とはどんな人物なのでしょうか。

 

栄和人監督とI氏のトラブルとは、栄和人監督が昨年ナースのファッションショーにゲスト出演する・しないで揉めたようです。

そのナースのファッションショーとは、2017年11月1日に東京銀座で行われた「PINK CROSS PROJECT」。

 

「伊調馨の従兄弟」と名乗る男性(記事内ではI氏)が、栄和人監督が知人であることをアピールして、ブッキングを約束。

イベントのPR、栄監督のギャラも含め、100万円で契約となったようです。

しかしその後、I氏がをさらに50万の上乗せを要求。

関係者が直接、栄本部長に泣きついたところ、タダでゲスト出演することになったそうです。

栄和人監督、男前じゃないですか!

 

しかしI氏は顔を潰されたと激怒し、イベント自体を台無しにしようとしたのようですが、栄監督がそれを阻止して無事イベントは行われたそうです。

週間新潮の報道によると、これで恨みを買って、栄和人監督側は今回のことがI氏に「謀られた」のではないか、と感じているようです。

その背景には、伊調馨の従兄弟とされるI氏は、過去にも美人局や恐喝の常習犯という側面があるようなんです。

 

このI氏の名前ですが、ネットで有力と思われているのが下谷地(しもやち)卓也」という男性。

現在は伊藤姓を名乗っているのでイニシャルが「I」になっているようです。

下谷地卓也という男性ですが、ネットで調べると出てくる人物像は、「2台の録音機を持ち歩き、それを使って相手を脅す“歩く録音男”と呼ばれる男性」というもの。

 

スポンサーリンク

 

I氏の問題や画像

伊調馨さんの従兄弟を名乗るI氏ですが、報道によると、過去に芸能プロダクションを経営していて、当時在籍していた女性タレントを恐喝していたようです。

 

2014年4月に「業界で生きて行けなくしてやる」と、所属していた20代の女性タレントから100万円を脅し取って逮捕。

また、同じ年には“亀田兄弟監禁疑惑”で、提携プロダクション関係者を名乗って、訴えを起こした側にかなり強い口調で抗議して一悶着ありましたが、そのときに顔を出していたのもこの人だそう。

さらに、かつて巨人軍選手の女性問題に関わっていたとの話もあり、かなり芸能界の中では恐れられていた人物のようです。

 

なんでも「歩く録音男」などと呼ばれ、常に録音機を持ち歩き、相手の失言などをネタに恐喝まがいのことをしていたというのです。

 

そのI氏の画像がこちら。

ぱっと見は、普通の温厚な男性のようにも見えますが、これで油断して悩みなどを打ち明けると、それをネタにされるんですかね。。。

 

なんだか単なるレスリング協会内の権力争いというだけではなくなってきましたね。

伊調馨さんが告発には関わっていない、と距離を置いたのも、こういう事情だったからなのかもしれません。

パワハラの問題はともかく、自分は関わりたくないということなんでしょうね。

確かにあまり関わらない方が良さそうな人物のようです。。。

 

これからさらにいろいろな情報が出てきて、簡単に収まらそうなこの問題ですが、しばらくは目が離せないですね!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。