サッカー日本代表マリ戦採点まとめ!本田や中島に森岡の評価は?

この記事は3分で読めます

サッカー日本代表のマリ戦は引き分けでしたね!

http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=37571

 

中島翔哉選手が初代表ながら、後半アディショナルタイムに劇的な同点弾を決めてなんとか引き分けで終われました。

仮想セネガルとして戦った今回のマリ戦ですが、セネガルが相手だったら確実に負けていたのではないかという試合ではありましたね。。。

 

本田圭佑選手も、試合後のコメントで、

収穫があるとしたら引き分けたことだけ

と話していたので、選手の側から見てもないように不満と心配が残る内容だったのでしょうね。

 

今回は森岡選手や宇賀神選手など、新しい選手を試しましたが、そうした選手たちがどのようにチームに不フィットしたか、その評価や採点が気になりますよね。

そこで、この試合を採点している各サイトからまとめてみました!

スポンサードリンク

Soccer Digest web

総評 4.5

GK

中村 6

DF

宇賀神3.5

昌子 5.5

長友 6

槙野 5.5

森岡 5

長谷部 6

大島 5

宇佐美 5.5

久保 5.5

大迫 6

■交代出場

山口 5.5

酒井高徳 5

中島 6

三竿 5.5

小林 5

本田 5.5

ハリルホジッチ監督 4.5

やはりPKを与えた宇賀神選手と、采配に疑問の残るハリルホジッチ監督に対しては厳しい判定でした。

 

Football Channnel

中村航輔 5.5

昌子源 5.5

槙野智章 5

宇賀神友弥 4

長友佑都 5.5

長谷部誠 6

大島僚太 6

森岡亮太 5.5

宇佐美貴史 5

久保裕也 5

大迫勇也 6

■交代出場

山口蛍 5.5

酒井高徳 6

中島翔哉 5.5

三竿健斗 5

小林悠 5

本田圭佑 5

ハリルホジッチ監督 5

長谷部選手と大島選手の評価がやはり高いです。

しかし大島選手の怪我は痛かったですね。

そして中島選手の評価がそれほど高くないのはゴールを決めた贔屓目なしに、チームにとって効果的だったかを見ているのでしょう。

ハリルホジッチ監督は、大島選手がいた前半と後半で出来が違ったので、前半と後半で評価が分かれると言ったところでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

サカノワ

(採点基準:サカノワの選手採点は、評価基準は、5=とても良い、4=良い、3=及第点、2=本来の力を発揮できず、1=大きく期待外れ……。)

GK

中村航輔 3

宇賀神友弥 1

昌子源 4

槙野智章 3

長友佑都 3

MF

森岡亮太 1

長谷部誠 2

大島僚太 3

宇佐美貴史 1

久保裕也 1

FW

大迫勇也 2

◾️交代出場

MF

山口蛍 3

DF

酒井高徳 2

MF

三竿健斗 3

中島翔哉 4

小林悠 3

本田圭佑 2

やはり評価が高いのは、ゴールを決めた中島選手と、途中退場ながらそれまではチームにリズムを与えていた大島選手。

評価の分かれる昌子選手については、サカノワではかなり高評価ですね。

個人としては及第点の出来ながら、ディフェンスリーダーとして守備をまとめられたかが評価の分かれるところなんでしょうね。

その点ではやはり吉田麻也選手の不在は大きいという印象ですね。

それと本田圭佑選手、長谷部誠選手についても少し厳しい評価です。

長谷部選手は守備はいいが攻撃への貢献度が乏しく、大島選手交代後、その役割をカバーできなかったのは今後の日本代表の課題ですね。

本田選手がその役割をできればよかったのかもしれませんが、前に出ていくのか中盤の組み立てに参加するのか、その点が中途半端だったのかもしれないです。

どうしても中島選手の内容が良かっただけに見劣りしてしまいますね。

 

次回のウクライナ戦では、出場のなかった原口選手や杉本選手が出てくるかもしれません。

中島選手はもっと長い時間プレータイムはあるでしょうし、本田圭佑選手ももう1度チャンスがあるでしょう。

 

なんにせよ、現在の代表は大島選手頼みという状況なので、大島選手が出れない時にどんな攻撃ができるのか。

また吉田麻也選手がいない中、昌子選手がどれだけチームの守備をコントロールできるのか。

この辺りがウクライナ戦の見所になりそうですね。

もうワールドカップ直前でチームをまとめる段階なので、そろそろ完成度の高い日本代表を見たいものです。

強い代表をぜひみたいですね!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。