佐藤オオキ(おしゃれイズム)デザイナーの本名!年収や前妻清川あさみの離婚原因は?

この記事は3分で読めます

おしゃれイズムの1時間スペシャルは、マツコさんが登場で大いに盛り上がりましたね!

出典:http://www.asahi.com/and_w/interest/SDI2015012355151.html

 

番組に登場した有名デザイナーの方ですが、有名なnendoの佐藤オオキさんでしたね!

マツコさんの出演だけでも大いに話題になるのに、佐藤オオキさんが登場というのは、知る人ぞ知る(?)という感じで、ファンの方には熱くなるものがあったのではないでしょうか。

 

そこで気になる佐藤オオキさんの本名や年収、元嫁の清川あさみさんとの離婚原因などを調べてみました!

スポンサードリンク

 

佐藤オオキの本名とプロフィール

名前:佐藤オオキ(さとう おおき)

本名:佐藤オオキ(さとう おおき)

生年月日:1977年12月24日(トロント生まれ)

年齢:39歳 ※2018年2月時点

出身地:カナダ/トロント

学歴:2000年:早稲田大学理工学部建築学科 首席で卒業

2002年:早稲田大学大学院理工学研究科建築学 修了

佐藤オオキさんって本名だったんですね。

ご両親はどのような理由でこの名前にしたのか興味あります。

 

佐藤オオキさんはお父様のお仕事の都合でトロントで生まれたそうですから、なんかカナダに由来する名前なんでしょうかね。。

 

しかし早稲田の建築家を首席で卒業ってすごいことですね!

その後大学院を修了すると、早々にデザインオフィス「nendo(ネンド)」の東京オフィスを設立されています。

デザイナーで独立する方は少なくないと思いますが、大学院でてすぐっていうのは、よっぽど才能があってのことだったんでしょう。

 

この会社は単なるインテリアなどのデザインや、建築・グラフィックデザインを行うだけではなく、企業ブランディングなども行う、かなり広い範囲で様々なものをデザインする会社です。

 

さらに2005年にはイタリアのミラノに「nendoミラノオフィス」を設立。

2006年:Newsweek誌「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれ、さらに2007年には「nendo」がNewsweek誌

「世界が注目する中小企業100社」に選ばれているんです!

さらにさらに、2012年にはイギリスの雑誌「Wallpaper」や「エル・デコ インターナショナルデザイン アワード」で、「デザイナー・オブ・ザ・イヤー」を最年少受賞しています!

 

大学院を卒業して4年後に「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれ、10年後にデザイナーの世界一に選ばれるって、どんだけ天才なんだよ、と思いますよね〜。

 

そんな佐藤オオキさんの年収って、やっぱり気になりますよね。

これだけ売れっ子のデザイナーは、一体どのくらい稼ぐんでしょうか。

 

佐藤オオキさんの会社「有限会社 nendo」は、現在社員数が約40名。

さらに佐藤オオキさんは、自身で本の出版やプロデュース業やイベントの企画等、かなり広範囲で仕事をしていて、なにせ「デザイナーオブザイヤー」になるほどの方なので、一つ一つのギャラは相当高いはず。

あくまで推測ですが、年収1億は軽く超えているはずです。

下手したら数億円はいっているかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

元嫁の清川あさみとの離婚原因

佐藤オオキさんは離婚を経験され、現在は独身のようです。

前妻の清川あさみさんは、元モデルでクリエイターの方です。

 

2006年に結婚されましたが、2012年には離婚されました。

調べてみましたが、特に離婚理由について具体的なことは見つかりませんでした。

どちらもアーティストとして活動していたので、生活がバラバラだったのかもしれませんね。

おそらくお互いの作品への情熱が強すぎて、家庭よりデザイナーとしての活動を優先することにしたのではないでしょうか。

まあ、夫婦ともにアーティストとして忙しく作品に没頭していたら、どうしたって生活がすれ違いになるでしょうし、夫婦である必要性がないと思ったとしても不思議はないですね。

 

ちなみに、佐藤オオキさんも清川あさみさんも、離婚してからさらに仕事に弾みがついて、お互いにとって発展的な離婚になったようです。

 

佐藤オオキさんの作品は、ロッテのガム「ACUO」のパッケージや、「アナザースカイ」のセットでも見ることができます。

まだまだ若い佐藤オオキさんですから、これからも過去の作品を凌ぐ作品を世に出してくれるはずです。

これからも佐藤オオキさんの作品を、そうとは知らず目にすることが多く出てきそうですので、これからのさらなる活躍が楽しみですね!

 

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。