サッカー日本代表ガーナ戦のスタメン予想!システムは3バック?

この記事は3分で読めます

サッカー日本代表のテストマッチのガーナ戦が間近に迫ってきましたね。

 

ワールドカップ直前のテストマッチであることと、監督交代後、初の試合ということで、西野監督がどのようなシステム、どのようなメンバーで行くのか、ワールドカップ本番に向けてとても注目が集まる試合になります。

すでに試合形式の練習などで大まかなシステムや選手間の序列のようなものが見えてきているので、気になるガーナ戦のスタメンやシステムを予想してみました!

スポンサードリンク

サッカー日本代表ガーナ戦のシステム予想

ガーナ戦のシステムですが、予想されるのは3バック。

かねてより話に上っていた3バックがいよいよ試される可能性が高いです。

 

これは長谷部誠選手が所属するフランクフルトが採用しているシステム

長谷部誠選手が3バックの真ん中に入り、リベロのような位置で、時に2バックの前に出て中盤とDFラインとの隙間を埋めたり、2バックの後ろでカバーに入ったり、状況判断と戦術眼のある長谷部選手の特徴が生かされているシステムで、ドイツでも「リベロ長谷部」が高く評価されています。

 

最近は日本代表全体のパフォーマンス低下に引きずられるように、長谷部誠選手のパフォーマンスもあまり良くありませんでしたね。
これはキャプテンとして全体を修正しないといけないという力みからのことと思いますが、個人的にはリベロとボランチのボジションの違いにも影響されていると思います。

過去にも長谷部選手が所属チームでサイドバックをやる機会が多い時期に、やはりあまり良いパフォーマンスができていなかったことがありました。
試合に出ていない時期はもっとひどかったのでそれよりはマシですが、やはり普段やるポジションと違うところを代表でやるというのはなかなか難しいと思います。
見ている景色や角度、求められるプレーの質が異なり、トッププレイヤーといえどもやはり頭の中の修正には少し時間を要するものだと思います。

 

今シーズンの長谷部選手はリベロを1年通してハイパフォーマンスでこなしていたので、今回それを生かして3バックを採用するというのは悪くない判断だと思います。

また3バックは実質的には5バックと言えるシステムで、両サイドに長友選手と酒井宏樹選手が入る場合は「サイドバックが攻撃によく参加する5バック」と判断していいでしょう。

かつてトルシエ監督がフラット3と呼ばれる3バックのシステムを使いましたが、今回はそれより守備的な要素が強いと思います。

ワールドカップではすべて日本より格上のチームを相手にするわけで、当然守備的に戦わざるをえず、このようなシステムにするのは妥当な判断だと思いますね。

 

代表合宿では3-4-2-1というシステムでの練習が多いようですから、1トップ+2シャドーに、2ボランチ+2ウイングバックという配置になるようです。

2トップ+1トップ下というシステムもありだと思うので、リードされた時にどのようなオプションを用意しているかも注目ですね。

さらに4バック+1ボランチにして、攻撃的な選手を5人おくことも可能です。

どうしても負けられない一戦ではそのような超攻撃的なシステムも見たいですね。

 

スポンサーリンク

 

ガーナ戦予想スタメン

ガーナ戦はロシアワールドカップへ向けて本当に大事な試合になってきます。
まだわかりませんが、基本的にはガーナ戦のメンバーが現時点での西野監督ジャパンの中心メンバーになると思って間違いないかと思います。
おそらくベースはこの試合にスタメンになるのでしょう。

 

そこで気になる予想スタメンですが、個人的には以下のように予想します。

GK 川島永嗣

DF 吉田麻也 長谷部誠 槙野智章

WB 原口元気 長友佑都

MF 柴崎岳 山口蛍 香川真司 宇佐美貴史

FW 大迫勇也

 

出典:http://www.soccerdigestweb.com/

 

GKと1トップは固いと思います。

右WBはより攻撃的な要素が欲しいので、原口元気選手を予想してみました。

 

注目ポイントは、山口蛍のパートナーは誰になるのか、トップ下のポジションは誰になるのか、だと思います。

やはりボランチの一角はパスで攻撃を組み立てられる選手が欲しいところ。

柴崎岳選手か大島僚太選手のどちらかだと思うのですが、位置付けとしては大島僚太選手は山口蛍選手のバックアッパーになっている様子。

なので、現段階のボランチの一角は柴崎岳選手が有力のようです。

 

そしてトップ下については、現在では本田選手と宇佐美選手が有力のようです。

本田圭佑選手は西野監督も高く評価しているようですし、やはりメキシコではいつも試合に出られていたので。コンディション的にもイタリアにいた時よりはるかに良さそうです。

 

そしてもう一人は宇佐美選手が有力。

というより、現段階では宇佐美選手は当確な感じがしていますね。

もともとガンバでも宇佐美選手を重宝していた西野監督。

ポテンシャルを高く評価しているようです。

確かに宇佐美選手が一番輝くのが、ポジションに左右されないシャドーというポジションなのかもしれません。

 

宇佐美選手の攻撃のセンスは周知のことですが、サイドアタッカーだと戦術的な理解が乏しいのか、守備でも攻撃でも効果的な脇役になれないのが難点だと個人的に感じていました。

強いチームで自由にやれればその実力を発揮するものの、そんな楽な環境は常勝チームだった時代のガンバだけのことで、あとは大した活躍もしないで今に至っていて、西野監督も歯がゆい思いをしていたのかもしれません。

今回の代表の中でその攻撃センスが花開けば、宇佐美選手にとっても日本代表にとってもすごく良いことですね!

 

これに加え、後半途中からメンバーを変えてくると思われますが、その場合、本田圭佑選手の代わりに原口選手がシャドーに入って酒井宏樹選手がWBに入るとか、香川選手をトップ下に置いたり、柴崎選手と大島選手を代えたり、武藤選手が入るならFWなのかシャドーなのか、岡崎選手も加わりビッグ3がピッチで揃うのか、、、、

楽しみが尽きません!

 

この試合の後についにワールドカップメンバーの23人が決まります。
当確線上の選手は、合宿中の出来に加え、この試合のパフォーマンスでロシア行きになるか外れるかが決まる大きな一戦になることでしょう。

このなかで23人に入ってくるのがだれかを予想しながら試合を見るのも楽しみの一つですね。
とにかくガーナ戦は絶対に目が離せません!!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。