サッカー日本代表(パラグアイ戦)スタメン予想!香川や岡崎にシステムは?

この記事は3分で読めます

サッカー日本代表の、ロシアワールドカップ前の最後のテストマッチであるパラグアイ戦。

西野ジャパンになって用意された3試合のテストマッチも最後となります。

 

ガーナ戦、スイス戦と、内容・結果ともに残念な試合になってしまったので、なんとかこのパラグアイ戦はいい内容で終えて、ワールドカップに期待が持てる試合をして欲しいですね!

 

西野監督は、今回はスイス戦では出番がなかった選手を使っていくと話していたので、スイス線ではあまり出番のなかった香川真司選手や岡崎慎司選手、また柴崎選手に昌子選手、さらにGKの東口選手などに期待がかかります。

 

そこでワールドカップ前の最後のテストマッチであるパラグアイ戦のスタメンを予想してみました!

スポンサードリンク

パラグアイ戦の予想スタメン

今回のパラグアイ戦では、西野監督が事前に話しているように、スイス戦で出番のなかったメンバーが中心となるはずです。

そこで、以下のメンバーがスタメンになると予想しました。

 

GK 東口

DF 酒井宏 昌子 吉田 長友

MF 柴崎 長谷部  岡崎 香川 乾

FW 武藤

 

システムは4−2−3−1。

ハリルジャパンでもおなじみのシステムですね。

 

GKはこの2試合で不安定なパフォーマンスを披露していた川島選手に代わって東口選手。

今の状況であれば、東口選手がDF陣との連携に問題が生じず、パラグアイ戦のパフォーマンスも良ければ、そのまま本番も東口選手でワールドカップを戦うことは大いにありえます。

国際経験が少ないことが懸念点ではありますが、こうした短期決戦では新しい選手がヒーローになるケースも少なくないので、東口選手には期待したいですね。

 

そしてボランチは柴崎選手と長谷部選手。

スイス線を見る限り、慣れた4バックの方が全体の連動性もよさそうでしたから、3バックは基本的にないと思います。

あるとすれば、両サイドバックが攻撃参加したときに、長谷部選手が度々DFの位置に下りて、一時的に3バックの体制にするというくらいでしょうか。

そうなると、ボランチのもう1人はパサーとしての能力が高い方がいいので、柴崎選手だと思われます。

大島選手はある程度計算ができていることと、山口蛍選手はパサータイプではないので、長谷部選手が守備に軸足を置いた位置づけになるのなら役割がかぶってしまいます。

柴崎選手と山口選手の2ボランチもありえますが、これは後半になってからかと思われます。

 

攻撃的な中盤ですが、トップ下が香川選手。

左サイドは、チームの中で唯一攻撃に変化をつけられる乾選手。

右サイドはあえて岡崎選手にしてみました。

岡崎選手は以前も代表で右サイドをやったこともありますし、場合によっては武藤選手と2トップのような関係性もできると思います。

なにより岡崎選手が前からチェイシングをすることで、チーム全体の守備の強度が増すことは間違いないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

さらにトップ下は本田選手より香川選手の方が、確実に変化をつけた攻撃ができると思います。

できれば本田選手と香川選手は4年前のように併用した方が相乗効果はあるのでしょうが、現在のチーム状況を考えると守備の強度を上げることが先決なので難しいと思います。

加えて乾選手のドリブルや安定したキープ力は今の日本代表にとっては貴重なアクセントとなり、香川選手と乾選手が同時にプレーすることで、セレッソ時代に無双していたときのコンビネーションが復活するかもしれません。

長友選手も絡めて左サイドで相手守備陣のバランスを崩したら、右サイドから岡崎選手や武藤選手が飛び込んでくるという流れになれば、日本にとっての貴重な攻撃パターンになるかもしれません。

スイス戦でも1トップが孤立するシーンが少なくなかったので、岡崎選手がサイドにはいることは「やや2トップ」という雰囲気を作れそうです。

 

この2試合を見る限り、最終ラインが深い位置をとるので前線との間に大きなスペースが生まれ、前からチェイシングしても中盤に大きなスペースが生まれ、全くディフェンスをはめることができませんでした。

これは2シャドーの本田・宇佐美が運動量が多い方ではなく、ディフェンスについて岡崎のような粘りづよさがあるわけではないことも影響しています。

 

攻撃でも積極的に1トップを追い越して裏へ抜ける動きがないので、奪ったあとのスピード感がなく、ボール持った選手が出しどころを探して後ろに下げるシーンが目立ちました。

このパラグアイ戦で岡崎選手と武藤選手が入ることで、武藤選手が下がれば岡崎選手が裏を狙ったり、武藤選手が再度に流れたとき、岡崎選手が中央に入って逆に武藤選手が裏を狙うこともあるでしょう。

前線の選手はそうした連動した動きで、バリエーションの少ない日本の攻撃を活性化してほしいです。

残念ながらここまでの2試合ではほとんど見られなかった展開で、サイドから早めにクロスを入れようとしても常に大迫選手しかいないという状況でした。

パラグアイ戦ではこのあたりにも注目ですね!

 

批判の多い日本代表ですが、こうして誰が出るべきとか、システムはこうだとか、議論できるのは楽しい限りです。

この試合では、ワールドカップが楽しみになる内容の試合を見せてほしいですね!!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。