サッカー日本代表スタメン予想(コロンビア戦)!香川?本田?

この記事は2分で読めます

いよいよロシアワールドカップの日本代表の初戦が始まります!

 

ワールドカップ開幕の2週間前に監督解任のドタバタがありましたが、ついにコロンビア戦を迎える日になりましたね。

 

一時はハリルホジッチ前監督が解任を不服として記者会見を開いたり、一部の選手によるクーデターみたいな事も言われたりしていましたが、西野監督になってから選手感のコミュニケーションは活発になり、テストマッチも最後は勝利で終わり、いい感じでロシアに入ってきました。

この勢いでコロンビア戦もいい内容のゲームを期待したいです。

 

最後のテストマッチであったパラグアイ戦では控えメンバーが大活躍したことで、一体どんなメンバーで試合に臨むのかに全くわからなくなりました。

 

そこでトップ下は誰か、ゴールキーパーは誰になるのか、センターバックの組み合わせは、ボランチのや組み合わせはどうなるのか、など気になるスタメンを予想してみました!

スポンサードリンク

コロンビア戦の予想スタメン

事前の情報やテストマッチの内容などから推測すると、次のようなメンバーで行くのではないかと思います。

GK  川島

DF 酒井宏樹 吉田 槙野 長友

MF 長谷部 柴崎 原口 香川 乾

FW 大迫

 

予想システムは4-2-3-1。

 

ゴールキーパーは個人的には中村選手の方がいいと思うのですが、特にスタメン組に中村選手が入ったなどの情報がないので、初戦は経験を買って川島選手なのかなと予想しました。

川島選手のパフォーマンスには不安が残るのですが、センターバックとの連携を考えると、中村選手はあまりプレーする時間がなかったですもんね。

 

ディフェンスはこのメンバーで固定でしょう。

昌子選手が入ってほしいところでしたが、別メニューのトレーニングだったようですから、コンディションを考えると槙野選手になるのでしょう。

W酒井については、酒井高徳選手は右サイドでは不安が残るので、余程こんなの問題がなければ酒井宏樹腺腫だと思います。

 

スポンサーリンク

 

中盤ですが、ボランチ2人は微妙です。

パラグアイ戦同様の山口・柴崎コンビでいくことも考えられますが、初戦ということと、パラグアイ戦より押し込まれてることを考えた場合、前からのプレスをかけたときに効果を発揮する山口選手よりも、カバーリングに長けた長谷部選手を使うことを想定しました。

そして香川選手と乾選手は鉄板。

右サイドは攻撃より守備に比重を置くことを考えると、武藤選手より原口選手と予想。

リードされる展開になったり、後半も途中から攻めに行くならそこで武藤選手が入ってくるのではないかと思います。

 

FWは大迫選手で決まりでしょう。

岡崎選手はなんとか戦線離脱は免れたようですが、ケガの回復は思わしくないようなので、こちらもリードする展開になったときに前線からの守備を強化するタイミングで途中から入るイメージです。

 

気になる本田選手の出番ですが、守る時間が長くなり前線が孤立するようになったら出番があるかもしれません。

やはりパラグアイ戦のように簡単に香川選手や乾選手にボールが入ることはないでしょう。

香川選手もディフェンスしているだけでは出てる意味がないし、ターゲットマンになれる力強さもありません。

本田選手に出番があるとしたら、香川選手に変わってトップ下に入り、岡崎選手か武藤選手と2トップのような形になってディフェンスラインからのくさびの受けどころとなって、後ろからの押し上げを待つという役割。

リードした展開になった場合は8人で守ってクリアボールのターゲットになるのであれば、身体の強い本田選手は適任でしょう。

裏に抜け出すトップ下みたいのを期待するから本田選手は批判されるんですよね。

どっちかというと南アフリカ大会同様、1トップの方が合ってるんですよ、きっと。

 

なんだかんだ言っても、出場できるのは11人だけ。

誰がスタメンになるのかをぎろんする楽しい時間も終わりです。

4年前の借りを返すときが来ました!

ドイツを倒したメキシコや、アルゼンチンと引き分けたアイスランドのように、貴重な勝ち点を獲得して、日本中を盛り上げてくれることを期待しましょう!!!

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。