サッカー日本代表セネガル戦予想スタメン!川島と長谷部は外れる?

この記事は3分で読めます

サッカー日本代表がロシアワールドカップの初戦を勝利し、連日メディアは大騒ぎですね!

 

少し前までは、ハリルホジッチ前監督の解任の理由が不透明であるとして、選手の陰謀説や、人気選手を試合に使って欲しいとのスポンサーの意向に日本サッカー協会が忖度したとか、 様々な憶測を報道していたのが嘘のようです。

 

ハリルホジッチ前監督のことを悲劇の主人公のように扱い、田島会長の責任を問うような論調が多かったのに、現時点ではそんな話が全く聞かれず、西野監督のモテモテ伝説とか、大迫勇也選手の「半端ない」話で大盛り上がりです。

これが良くも悪くも日本のメディアの特徴ですね(笑)。

 

そんな盛り上がりを見せているサッカー日本代表ですが、まだ初戦が終わっただけで、グループリーグの勝ち抜けが決まったわけではありません。

ここから2敗して結局11人相手ではどこにも勝てないという大会になる可能性もあります。

 

それだけにこのセネガル戦は重要な試合になるわけで、もし勝てばグループリーグ突破をかなり確実にして、引き分けでもグループトップの勝ち点なのは変わらずで、いずれにしてもベスト16に大きく近づくことは間違いありません。

長友選手も話していましたが、これで次に負けたらこの間のコロンビア戦が無駄になってしまうという大きな試合となるセネガル戦ですが、日本代表のスタメンはどのようなメンバーになるのでしょうか。

サッカー日本代表の気になるセネガル戦のスタメンを予想してみました!

スポンサードリンク

日本代表のセネガル戦の予想スタメン

今回のセネガル戦のポイントは、なんといっても身体能力の差。

アフリカ選手の特徴である、「早くて強くて高くて脚が長い」というストロングポイントにそう対抗するか。

そしてそこからどう攻めるか、というのがこの試合のポイントになるのは間違いありません。

その意味ではやはりフィジカルに長けている選手を起用するのではないかと思われます。
そこから推測すると、次のようなメンバーと予想しました。

 

GK 中村

DF 酒井宏樹 吉田 昌子 長友

MF 柴崎 山口 原口 香川 乾

FW 大迫

 

まずGKですが、安定感のない川島選手に変えて中村選手を予想しました。

おそらく相手の早い攻めからDFラインの裏をつかれることも多くなると思われます。

厳しいシュートを打たれることも増えるでしょうから、GKのスーパセーブを期待する機会も増えるでしょう。

その点では経験よりも守備範囲などを考慮した人選が必要になるはず。

 

川島選手は現在の調子では、かつてのスーパーセーブは期待できず、DFラインとの連携もそれほどよくはなく、場慣れしているということ以外にストロングポイントがなくなってしまいました。

中村選手もすでにワールドカップの雰囲気にも慣れたでしょうから、緊張からくる凡ミスみたいなことは心配いらないでしょう。

 

DFに関しては、コロンビア戦から変えないと予想しました。

身体能力の高いセネガルの選手に対し、人に強い槙野選手のスタメンも考えられるのですが、セネガルの場合、強いセンターフォワードがゴール前でポジションをとってゴリゴリ押し込んでくるというより、スピードに乗って攻め込んでくるイメージなので、1対1の勝負というより、どれだけカバーができるかが勝負と思われ、ここは昌子選手と予想しました。

(その意味ではポーランド戦は間違いなく槙野選手がスタメンと思います)

ad#ad-2]

 

MFについては、かなり迷いどころではあるのですが、香川選手を中心にすることは変わらないはずです。

そうなると連携面で乾選手が決まり。

右サイドはやはり守備面のアドバンテージで原口選手。

ボランチは長いパスが出せる柴崎選手。

そして人に強い山口選手が長谷部選手に代わってスタメンで出るのではないかと考えます。

コロンビア戦よりもスピードへの対処が要求される可能性が高いので、その点は長谷部選手よりも山口選手の方が適しているでしょう。

 

中盤、特に両サイドの構成はかなり迷いどころではあるのですが、守備の強度を上げるなら乾選手より原口選手を左に置き、右サイドは武藤選手という使い方になるかと思います。

ただこの場合、攻め手に欠ける可能性があるのが難点です。

原口選手、武藤選手ともにスピードのあるタイプですので柴崎選手からのパスが攻撃のパターンになるでしょうが、その場合かつてのハリルジャパンのようになって、カウンターメインのサッカーとなり香川選手が消える可能性が高いです。

そしてそれは大迫選手が単なるポスト役になり、ハリルジャパンの最後の方みたいに1トップが孤立するパターンになる可能性が高いでしょう。

現在の代表において香川選手と大迫選手が最も得点の可能性を有しているので、それを捨てるわけにはいかないでしょう。

 

そしてFWは言うまでもなく大迫選手で決まりです。

ポストプレー、ヘディング、相手を背負ってシュートまで持っていく力、どれをとっても現在の代表のシステムにおいては替えの効かない選手ですね。

 

 

個人的にはハリルホジッチ解任に賛成の私としては、今の西野ジャパンのサッカーがやはり日本人にはあってると思っています。

ハリルホジッチさんのデュエルをベースとした方法論もありだとは思いますが、やっぱり日本人には向いてないと思うんですよね。

コロンビアもそうでしたが、セネガルなんてホントにデュエルなんて仕掛けたらこてんぱんにやられそうじゃないですか。

一対一の勝負に置きを置くよりグループでどうカバーするか詰めていく方が効果的で、西野ジャパンとハリルジャパンの違いはそこだと思うんですよね。

 

トルシエさんも話していましたが、ハリルホジッチさんのやろうとしていたことは、スペインににフィジカルをベースとしたサッカーをさせるようなものだと思います(レベルは互いますが)。

 

もちろんハリルホジッチ体制で身についたデュエルの意識と縦に早いサッカーがベースにあっての現在だと思いますが、ようやくハリルホジッチさんの3年間を日本式にアレンジした最適解が見つかったのではないでしょうか。

この勢いでセネガルとも引き分け以上の結果を残して、自信を確信に変えてもらいたいと思います!

頑張れ日本!!

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。