サッカー日本代表予想スタメン!中島に堂安がウルグアイに通用するか?

この記事は3分で読めます

先日のパナマ戦を大勝で終えたサッカー日本代表。

 

森保ジャパンは今までのところ、かなり良い内容で結果を残していますが、相手があまり強くなかったのも事実。

しかしようやく森保ジャパンの真価を問うことができる競合との試合が行われます。

 

ウルグアイは堅い守備に加え、世界最高レベルの点取り屋を擁する、本当に世界レベルの強豪国ですよね。

今回強力ツートップの一人、ルイス・スアレスが召集されていませんが、それでもそれ以外はほぼベストメンバー。

直前の韓国との対戦では、意外にも破れていますが、時差ボケやモチベーションの問題もあったのでしょう。

力の差を考えると韓国とはレベルが違います。

 

しかし韓国に敗れた事で、日本戦で本気で勝ちに来るウルグアイが観れるかもしれません。

こんなに強豪国と試合ができるチャンスはあまりないので、森保ジャパンの現在地を知る上でとても貴重なテストとなります。

 

そんな大事な一戦のスタメンはどのようになるのか、勝手に予想してみました!

スポンサードリンク

日本代表 ウルグアイ戦のスタメン予想

森保監督は、この2試合で全ての選手を試すと言及していますし、パナマ戦とは大幅にメンバーを入れ替えると話しているので、そこから予測すると次のようなメンバーになると予想します。

 

GK 東口

DF 酒井 三浦 吉田 長友

守備的MF 柴崎 遠藤

サイドMF 堂安 中島

FW 大迫 南野

 

これでGKのシュミット・ダニエルを除き、全てのメンバーが出場することになります。

もしかしたら、シュミット・ダニエルも試合展開によっては残り15分くらいで出場するかもしれませんね。

 

おそらくパナマとウルグアイの力の差を考えると、今回のウルグアイ戦が現段階のレギュラー候補であると考えて間違いないでしょう。

 

ポイントは、やっぱり強力な相手FWにセンターバックが対抗できるか。

吉田麻也選手の相方をどうするかというのがまだはっきりしていませんが、現状では三浦選手がその第一候補になっているようです。

サイドバックは安定の酒井、長友選手。

共に世界での経験も豊富で、現段階ではレギュラー候補であることは間違いありません。

 

そして中盤の底に入る柴崎選手。

ワールドカップでは日本の中心選手として活躍しながら、スペインのクラブではすっかり出場機会を失っている柴崎選手がきちんと活躍できるのか。

また森保ジャパンといえば青山選手という感じですが、柴崎選手が森保サッカーに違和感なくハマるのか。

柴崎選手は守備に難があるので、守備の強い遠藤選手がどれだけその穴を埋められるかも注目ですね。

ロシアワールドカップでは、長谷部選手が巧みなカバーリングでその穴を埋めていましたが、遠藤選手は人に強いタイプなので、この組み合わせがうまくいくのかも注目ですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

そしてなんといっても最大の注目は、中島、堂安両サイドがどれだけウルグアイの堅い守備を相手に攻撃をリードできるか見ものですね!

 

堂安選手はオランダで目覚ましい活躍をしていますが、やはりオランダリーグは少しレベルが下がります。

ましてやアヤックスやフェイエノールトといった強豪チームに所属しているわけでもない。

それがまだヨーロッパの中で大きなインパクトを残せていないところですから、ウルグアイ相手に通用すれば、大きなステップアップを果たすこともありえます。

 

そしてすでにビッククラブのスカウトも注目していると噂される中島翔哉選手。

ポルトガルリーグで結果を残し、今や日本代表の10番を背負う中島選手が、ウルグアイのような強豪を相手にしても、そのスキルフルなサッカーを見せられるか。

 

先日のパナマ戦では、この2人とも出場しなかったことで、前線に飛び出す2トップと裏にパスを出す青山選手、というパターンしか基本的には攻撃パターンのないチームになっていました。

今回はこの両サイドがドリブルやショートパスでアクセントをつけることで、FWが前を向いてプレーする時間が多くなるのではないかと期待しています。

柴崎選手が後方からロングパスで、そして堂安・中島選手がサイドから崩すことで、攻撃にバリエーションが広がります。

 

FWは前回同様、大迫、南野選手。

正直、森保サッカーにおいて、大迫選手のようなターゲットマンが合うのか微妙な感じもしますが、やはり組み合わせにおいては、背が大きくターゲットになれるFWと、裏抜けのうまいFWの組み合わせになるのでしょうね。

 

このスタメンであれば攻撃は魅力的ながら、責められる時間が長くなると両サイドハーフは守備が得意なタイプではないので、サイドで酒井、長友選手が苦労する時間も多くなるかもしれません。

その場合のオプションは、やはり原口選手のように守備にも貢献度の高い選手が入ることなのでしょう。

 

このようにポイントを書いていたら、試合が待ち遠しくて仕方がないですね!

ウルグアイも韓国戦より選手のコンディションも上がっているでしょうから、すごい試合を期待しています!!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。