FIFAクラブワールドカップ2018鹿島アントラーズ試合日程とテレビ放送!

この記事は3分で読めます

鹿島アントラーズがACLを制したことで出場が決まっている、クラブワールドカップ2018が間もなく始まりますね!

 

やはり注目は鹿島アントラーズが今回も勝ち進んで、レアル・マドリードと対戦ができるのかですよね!

前回鹿島が出場した時には、決勝まで進み、レアル・マドリードと対戦。

そして延長まで続く激戦を戦ったのが記憶に新しいです。

2得点をとった柴崎岳選手は、一躍世界的に注目を集めましたよね!

あの試合のゴールがあったからスペインへの移籍が実現したといってもいいかもしれません。

 

今回も同じような活躍ができるのか、そしてまさかのレアル・マドリードを倒して優勝ができるのか。

いまから興奮してきます!

小笠原選手も語っていましたが、どんな相手であっても必ず勝ちに行く、それがアントラーズのスピリットですからね!

 

そんなクラブワールドカップ2018の、気になる鹿島アントラーズの試合日程とテレビ放送予定について調べてみました!

 

スポンサードリンク

鹿島アントラーズの試合日程

鹿島アントラーズの初戦の日程は12/15(金)です!

2018/12/15(金) 22:00  鹿島アントラーズ vs グアダラハラ

 

相手はグアダラハラ。

メキシコのクラブです。

 

北中米の代表というと、まずメキシコのクラブが出てきますよね。

昨年は本田圭祐選手が所属するパチューカが出場していました。

メキシコのクラブの選手たちは若い選手も多く、この大会で活躍して、もっと大きなクラブに移籍したいというモチベーションも高いはず。

実力的には非常に均衡しているはずです。

 

注目選手は、FWのイサーク・ブリスエラ選手。

北中米カリブCLのベストイレブンであり、メキシコ代表選手です。

さらにDFには、過去3大会のワールドカップを経験しているメキシコ代表のベテラン、カルロス・サルシド選手がいます。

 

ただし失礼ながら昨年の本田圭佑選手のクラブでの活躍などを見ていると、メキシコリーグはJリーグとほぼ同じようなレベルのリーグである印象を持ちました。

鹿島の選手は前回のクラブワールドカップの経験者もいますから、経験の差で鹿島に分があると感じています。

ここは是非突破して欲しいですね!

 

そしてこれを突破すると、いよいよレアル・マドリードとの一戦です。

前回の試合で2得点を入れられたクリスチアーノ・ロナウド選手は、イタリアのユベントスに移籍したので現在は所属していませんが、相変わらずスター選手揃いのチームですから圧倒的な戦力の差があるのは相変わらずです。

 

それでも前回は大番狂わせを演じかけた鹿島アントラーズ。

今回も大きな期待をしてしまいますね。

 

スポンサーリンク

 

鹿島アントラーズ クラブワールドカップのテレビ放送

テレビ放送ですが、日テレのホームページを見ると、どうも鹿島の初戦はBS日テレでしか放送しないようなんですよね。。。

 

 

地上波で放送しないのは残念ですねぇ。

やっぱりスポンサーがつかないのでしょうか。

日本の一つにクラブですが、アジアの代表にJリーグのクラブが登場しているのですから、サポーターもそうでなくても、自分たちの代表として盛り上げて欲しいものです。

 

でも、もしここで勝ち抜けば、次はレアル・マドリードとの試合ですから、流石にこちらは地上波で放送されます!

(鹿島が勝てばM3勝者になりレアル・マドリードと対戦)

 

 

是非ここまで進んで欲しいですね!!

 

レアル・マドリードは今季はジダン前監督やロナウド選手移籍の影響もあるのか、思うような結果を出せていません。

ついにはシーズン途中で監督の解任となる事態に陥りました。

 

ただ監督交代により、一時の不調は脱出し、すこしずつ本来の調子を取り戻しつつあります。

鹿島にとっては難しい状況ですが、本来のレアル・マドリードとやってこそのクラブワールドカップですもんね!

 

現在世界最高のセントラルMFとも言われるモドリッチにベイル、ベンゼマ選手など、攻撃陣には世界的なプレイヤーがひしめき、DFには不動のセンターバックのセルヒオ・ラモス選手が君臨します。

こうした世界的プレイヤーを相手に鹿島がどんなプレーを見せてくれるか。

もう今から待ちきれませんね!

 

クラブワールドカップの情報は、日テレ深夜のサッカーアースで詳しく報じてくれるはず。

直前情報や、BS日テレが見れない方は、こちらの情報で詳細をチェックして、今年のクラブわを楽しみましょう!

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。