DAOKOの本名は?プロフィールや出身高校に彼氏を調査!

この記事は3分で読めます

2018年の紅白にDAOKOさんが初出場しますね!

 

DAOKOさんっていったいどんな人?という方も少なくないと思います。

そもそも「DAOKO」って名前が特徴的で、本名はどんな方なんでしょうか。

他にも、出身がどこなのか、出身高校はどこか、彼氏はいるのかなど、気になることを調べてみました!

スポンサードリンク

 

DAOKOのプロフィール

まずはDAOKOさんのプロフィールを見てみましょう。

View this post on Instagram

SapphireとPearl

A post shared by DAOKO (@daoko_official) on

 

名前:DAOKO(だをこ)

本名:非公開

生年月日:1997年3月4日(21歳)

出身地:東京都

 

DAOKOさんといえば、やはり最も注目を集めたのは、米津玄師さんとフィーチャリングした「打上花火」ですよね!

 

YouTubeで再生回数2億回って、海外のアーティスト並みの再生回数じゃないでしょうか。

一人で何回も再生している人も多いでしょうが、それにしても2億回って日本の人口上回ってますよ。

きっと日本国内だけでなく、海外からこの動画を見てに来た人たちも数多くいるのでしょうね。

 

DAOKOさんは中学3年生の頃、ニコニコ動画の「ニコラップ」に動画を投稿したところ、インディーレーベルの音楽事務所から声がかかり、高校入学時に時事務所に所属することになりました。

ただ通っていた高校は芸能活動に厳しい学校だったようで、在学中は顔出しをせずに活動していました。

それでもm-floのTakuさんに見出され、「m-flo+daoko」名義で「IRONY」を発表。

2013年公開の映画『鷹の爪 ~美しきエリエール消臭プラス~』の主題歌に起用されました。

翌年には映画『渇き。』で「Fog」が挿入歌に抜擢されるなど、注目を集めるアーティストへと成長していきます。

 

そして2017年8月に「DAOKO×米津玄師」名義で、映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の主題歌に抜擢され、大きな注目を浴びました。

 

DAOKOというアーティスト名になぜしたのか、その理由を探して見たのですが、特に有力な情報はありませんでした。

ツイッター上では「○○だ なおこ」という名前で、そこからあだ名が「だおこ」になったのでは?という声がありました。

たしかに内田理央さんなんかも「だーりお」と言われてて、「だ」とな」がくっついて「だーおこ」になっても不思議はありませんね。

 

[ad#ad-2]

 

 

DAOKOの出身高校は?

中学生のときから事務所に所属し、高校生の時にも芸能活動を行なっていたDAOKOさんですが、高校はかなり厳しい学校に行かれていたようです。

通っていた高校は正確にはわかりませんでしたが、ネット上の噂では「女子美術大学付属高校」の名前が挙がっていました。

かなり厳しい女子校、という条件から名前が上がったようですが、正確な情報かはわかりません。

いずれにしても堀越学園のような芸能活動に理解の深い高校ではなかったようです。

 

 

DAOKOの彼氏は?

DAOKOさんはとても綺麗な方ですが、やはりどこかミステリアスな雰囲気な方ですよね。

View this post on Instagram

@susubyikkyunakajima

A post shared by DAOKO (@daoko_official) on

そんな個性的な雰囲気のDAOKOさんには彼氏がいるのでしょうか。

 

DAOKOさんのインスタ等を見ても、それらしい男性が登場することはないようです。

21歳という年齢ですからお付き合いしている方がいてもおかしくはないのですが、今は仕事優先ということなのでしょうね。

忙しすぎてそれどころではないのかもしれません。

ただし、DAOKOさんは結婚や出産についても経験したいと話しているので、いずれそうしたニュースが流れてくるかもしれませんね。

 

今、男性だけでなく女性にも人気のDAOKOさん。

ネットでも紅白に出場することを楽しみにしている声が多数聞こえてきます。

ただでさえ人気者なのに、米津玄師さんが出演することになったので、「打上花火」で米津玄師さんも登場してくれないかという期待感で、さらに注目度が上がってますね!

 

今年の紅白は名前よりも実力のあるアーティストを集めたという感じが個人的にはしているので、とっても期待しています!

大晦日が楽しみです!!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。