サッカー日本代表オマーン戦スタメン予想!2019アジアカップ

この記事は2分で読めます

サッカー日本代表のオマーン戦が近づいてきました!

初戦のトルクメニスタン戦は予想外の辛勝という感じでしたが、第2戦のオマーン戦は気持ちよく勝って欲しいですね。しかし今回の大会で感じられるのは、アジアの中でも各国の実力の差が例年よりも縮まっているということ。やはり現代の情報社会では、世界中のサッカーの情報が手に入りやすいので、以前はサッカー弱小国と思われていた国でも、最先端の戦術などを意識して、非常に組織されたサッカーをしてきます。

そんな中、トルクメニスタンよりも難しい試合になると思われるオマーン戦に、日本代表はどんなメンバーで戦うのか。気になるスタメンを予想してみました!

スポンサードリンク

日本代表 オマーン戦スタメン予想

オマーン戦でのスタメンを次のように予想しました。

FW:武藤嘉紀、南野拓実

MF:乾貴士、柴崎岳、遠藤航、堂安律

DF:長友佑都、吉田麻也、冨安健洋、酒井宏樹

GK:権田

ポイントはなんといっても大迫選手の不在です。先日のトルクメニスタン戦も怪我から復帰したてで実戦に臨んだわけですが、痛めていた右臀部に再度違和感を感じたとのことです。

別メニューでの調整となっており、森保監督も大迫選手の欠場は認めているので、武藤選手か北川選手の出場が見込まれます。北川選手が前回の試合であまりチームにフィットしていなかったので、今回は武藤選手の出場が予想されます。

MFについては、今回は原口選手ではなく、乾選手の出場を予想しました。

トルクメニスタン戦では左サイドの攻撃に問題を抱えていました。後半から修正されましたが、前半はなかなか機能せず、中島選手の不在を大きく感じさせられる内容となっていました。

そこで今回は乾選手が出場すると予想しました。森保監督としても、実戦で乾選手がチームにうまくハマるのかテストしたいでしょうし、原口選手の直線的なタイプとは違い、アクセントをつけられる選手であり、守備についてもバランスを意識してプレーできるので、堂安せと両サイドが一緒に上がってしまうというリスクをうまく回避してくれるでしょう。トルクメニスタン戦ではそのあたりでボランチがかなりポジショニングで苦労していた感じはありましたから。

そんなボランチですが、トルクメニスタン戦では冨安選手の急造ボランチはあまりうまくいってなかったと見ています。そこで柴崎選手のゲームコントロールは外せないでしょうから、パートナーとしては守備にバランスを置く遠藤選手の方がいいという理由で、今回は遠藤選手の出場を予想しました。

DFについては、センターバックをどうするかですが、個人的には森保監督がかなり気に入っていると思われる冨安選手を入れると予想しました。

ボランチの起用はうまくいきませんでしたが、守備の強さは間違いありません。高さもあり、現在ところ、吉田選手のパートナーとしては冨安選手が一歩抜け出ているという印象です。前回の試合ではセンターバックが不安定で、修正するためには吉田選手は動かないでしょうから、槙野選手に変わり冨安選手の起用を予想します。

出典:https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=52664

今回の対戦相手のオマーンですが、ポイントはやはり守備から入る戦術です。そこで守備からのカウンターが、早く強いのが特徴。これに対し、ウズベキスタン戦でボール保持率はウズベキスタンより高かったことからもわかるように、しっかりボールをつなぐことも出来るチームです。

トルクメニスタンよりも強敵であることは間違いありません。今の日本代表にとっては難しい試合になるのは必至でしょう。オマーン戦を日本がどう戦うのか、今から楽しみですね!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。