サッカー日本代表サウジアラビア戦スタメン予想!2019アジアカップ

この記事は2分で読めます

サッカーのアジアカップ2019も、いよいよ決勝トーナメントになりました!

ここからはトーナメントなので、負けたら「即終了」のノックアウト方式。

絶対に負けられない戦いが始まります。

 

予選第3戦のウズベキスタン戦は控えメンバー中心で戦いましたが、計算できるポジションと、やはりレギュラーメンバーでないと厳しいと感じられるポジションなどが見えてきました。

その結果を踏まえて、決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア戦にどのようなメンバーで挑むのか。

気になる日本代表のスタメンを予想してみました!

スポンサードリンク

 

2019アジアカップ サウジアラビア戦の予選スタメン

決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア戦のスタメンを次のように予想しました。

GK:権田修一

DF:酒井宏樹  吉田麻也  冨安健洋  長友佑都

MF:堂安律  柴崎岳  遠藤航  原口元気

FW:南野拓実  大迫勇也

 

GKは権田選手、シュミットダニエル選手ともに差はないですが、経験の差で権田選手と見ました。

やっぱりセンターバックとの連携も、権田選手の方が2試合こなしていて試合数を重ねましたからね。

 

右サイドバックは、本調子ではないとはいえ、やはり酒井選手でしょう。

室屋選手も良かったですが、ディフェンス面ではまだ酒井選手が上だと思われます。

 

センターバックは吉田選手と冨安選手で決まりでしょう。

正直、槙野選手と三浦選手はウズベキスタン戦で評価を落としたと思います。

即席コンビということを差し引いても、ちょっと安定性に欠けたと言わざるを得ないでしょう。

吉田選手は外せないですから、そのパートナーとしては、現在は冨安選手が一歩リードしていますね。

冨安選手はマークを簡単に外すことがないのと、吉田選手との連携でも特に違和感がありませんでした。

 

左サイドバックは、やはり長友選手の一択ですね。

佐々木選手も無難にこなしていましたが、攻撃参加やカバーリングの面で、現在の代表において長友選手は外せないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

MFは迷うところですが、左右の堂安選手、原口選手は決まりでしょう。

乾選手も悪くはなかったですが、原口選手からポジションを奪う活躍だったかというと難しいですね。

問題はボランチですが、先日のウズベキスタン戦、塩谷選手や青山選手は良かったですよね!

ボールの散らし役としても、柴崎選手より青山選手の方がいいのではないかと感じさせましたし、塩谷選手は一気に株をあげた感じがします。

それでもやはりコンビとしてのバランスを考えると、現状では柴崎選手と遠藤選手の組み合わせが現状ではベターなのかなと思います。

柴崎選手のほうが青山選手より前に早いですが、そのカバーには守備的なボランチで遠藤選手が相性が良いようです。

 

FWについては、南野選手がトップ下に入るのは間違いないでしょう。

正確にはFWではないのかもしれませんね。

そして不動の1トップは大迫選手で決まりでしょう。

怪我の具合が心配ですが、やはりノックアウト方式ですので負けると次がない状況では、怪我を押してエースの登場は欠かせないと思われます。

 

オーソドックスな2トップなら武藤選手で問題ないのですが、日本の特徴である南野・堂安選手の攻撃力を生かすには、大迫選手のように前線でボールを収め、2列目の選手がどんどん攻め上がる起点を作る、というタイプが必要。

武藤選手はそういうタイプではないので、現代表では大迫選手は替えの効かない選手になっています。

大迫選手は本当に懐が深くて、しっかりキープしてくれますよねー。

幸い、公開練習の時間は全体練習に加わっていたそうですから、怪我も深刻な状態ではないのでしょう。

大迫選手がいるのといないのとでは大違いなので、なんとか出場して欲しいですね!

 

サウジアラビアは強敵なのは間違いありません。

森保ジャパンの真価が問われる一戦になることは間違いありませんし、ここを突破すればチームが一気に勢いづくはす。

重要な一戦をしっかり見届けたいですね!!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。