サッカー日本代表イラン 戦スタメン予想!2019アジアカップ準決勝

この記事は2分で読めます

連日盛り上がっている、UAEで行われているサッカーアジアカップ2019。我らが日本代表は、満足な結果を見せた試合はまだありませんが、予選から全勝でこの準決勝まで駒を進めてきました。

そして準決勝では、この大会で最も実力があると思われるイランとの対戦となりました。今までは比較的格下相手の試合が続いていましたが次の対戦相手であるイランは、間違いなく先日のベトナムとは違って厳しい試合になるに違いありません。サウジアラビア戦ではポゼッションが20%台と防戦一方の中、なんとか勝利しました。イラン戦はサウジアラビア戦を下回るポゼッションとなって、とにかく守り切る試合になるかもしれません。

そんな厳しい試合になることが予想される準決勝のイラン戦。気になる日本代表のスタメンを予想してみました!

スポンサードリンク

 

日本とイランの過去の対戦成績

日本とイランの過去の対戦成績を調べてみました。

日本代表はイラン代表と過去18回対戦し、5勝6敗7分で19得点し22失点です。ほぼ互角の試合結果ですね。ややイランの方が優勢と言えるかもしれません。直近の試合は、2015年10月13日の親善試合で1-1で引き分けでした。

近年のイランはワールドカップに出場したり、ヨーロッパで活躍する選手もいたりと、国際大会でもしっかり結果を残していますので、非常に強敵なのは間違いありません。FIFAランキング的には日本50位、イラン29位と、格上と言って良いでしょう。

注目選手は、現在プレミアリーグのブライトンでプレーする、FWジャハンバフシュ選手。

https://twitter.com/winning_2018_/status/1089489767840997376?s=21

オランダ・エールディビジのAZで得点王に輝き、約25億円の移籍金でブライトンに加入しています。オランダの得点王からプレミア入りなんて、ある意味スター街道を進んでいますよね。トッテナムのソンフンミン選手のように、アジアの選手ながらプレミアリーグでもスター選手になる可能性を秘めています。

今回の準決勝に対するモチベーションも非常に高いようですので、日本のディフェンス陣はかなり苦しめられることになりそうです。「死ぬ気で戦う」と言うことですから、日本の選手もかなりの覚悟が必要ですね。

 

アジアカップ2019日本代表 イラン戦の予想スタメン

準決勝のイラン戦は間違いなく厳しい試合になるでしょう。そんな重要な試合で日本代表のスターティングメンバーを飾るのは、次のメンバーと予想します。

GK:権田

DF:酒井 冨安 吉田 長友

MF:堂安 柴崎 南野 遠藤 原口

FW:大迫

GKとDFラインは、今までの継続で権田選手と今までの4バックで間違いないでしょう。

MFは、守備的な位置に柴崎選手と遠藤選手。現状ではこの2人のボランチの組み合わせがファーストチョイスと思われます。

攻撃的選手は、やはり堂安、南野、原口の3人。堂安選手と南野選手は動かないところでしょう。原口選手と乾選手は、乾選手という可能性もありますが、やはり守る時間が多くなることを考えると運動量が持ち味の原口選手を使うと予想します。守備の時間が長くなることが予想されるので、とにかくボールを追いかけ回すという点では、原口選手のタフさは大事な要素になってきますね。

そしてFWですが、待望の大迫選手が復帰しそうです!!

https://twitter.com/gekisaka/status/1089312043218264065?s=21

今の日本代表は、大迫選手の存在で成り立っているといっても過言ではないです。大迫選手がいないと中盤の選手も生きないし、前線でキープできないため守備の時間が長く、DF陣の負担も大幅に変わってきます。大迫選手が復活することで、今までの日本代表と大きく変わってくることは間違いありません。このリニューアルされた日本代表がイラン戦でどんな戦いを見せてくれるのか、今から楽しみですね!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。