キリンチャレンジカップ2019日本代表ボリビア戦(3/26)スタメン予想!

この記事は3分で読めます

キリンチャレンジカップ、コロンビア戦は惜しい敗戦でしたね!

前半はかなり押し込む展開もあって、この時間に先制点を取れたら良かったのでしょうが、そこはさすが試合巧者の南米勢。

守るところはしっかり守って、決定的なシーンは中島翔哉選手から鈴木武蔵選手へのクロスくらいでしたかね。

 

それでも新しい選手も試せて、香川真司選手と乾貴士選手の共存、さらに南野選手も交えたプレーには、セレッソファンならずとも、胸が熱くなる瞬間だったのではないでしょうか。

そこで期待が高まるのは次のボリビア戦ですね!

ボリビアはやはりコロンビアと比べると実力が少し落ちますし、新メンバーもチームにフィットしだした第2戦ということもあり、内容も結果も期待が高まります。

 

そんなボリビア戦の気になるスタメンを予想してみました!

スポンサードリンク

キリンチャレンジカップのボリビア戦、予想スタメン

キリンチャレンジカップの第2戦、ボリビア戦では、森保ジャパンはどんなメンバーでスタートするのでしょうか。

以下が、私が予想するボリビア戦のスタメンです。

 

GK:シュミット・ダニエル

DF:西大伍、冨安健洋、三浦弦太、安西幸輝

MF:柴崎岳、小林祐希、宇佐美貴史、乾貴士、香川真司

FW:鎌田大地

 

GKはシュミット・ダニエル選手と予想します。

コロンビア戦の東口選手は悪くなかったと思いますが、まだGKの争いは横並びだと思います。

そこでボリビア戦ではシュミット・ダニエル選手を予想しました。

 

DFでは右サイドに西大伍選手と予想します。

Jリーグのベスト11にも選ばれた実力者であり、室屋選手がケガで別メニューでの調整という話も聞いているので、右サイドは西大伍選手で決まりでしょう。

左サイドは安西幸輝選手と予想します。

コロンビア戦では数分の出場でしたが、ボリビア戦に向けて代表の雰囲気に慣らす意味があったのでしょう。

非常に攻撃的なサイドバックですから、ボリビア戦では果敢な攻撃参加を期待したいです。

センターバックは現在の序列からすると、冨安健洋選手が一歩リードしていると思われます。

吉田選手の代わりにコロンビア戦では昌子選手が入りましたが、少しポジショニングに問題が生じる場面もありました。

今回のボリビア戦では昌子選手の代わりに三浦弦太選手が入り、冨安選手との相性がいいのはどちらか、という確認になると思われます。

畠中槙之輔選手は後半からの出場になるのではないかと思います。

 

続いてMFですが、まずはボランチが柴崎選手と小林祐希選手を予想しました。

ボリビア相手には押し込まれるような展開もないでしょうから、ディフェンシブな選手をボランチに2人置くことは考えにくいです。

そうなると、柴崎選手ともう一人のボランチですが、コロンビア戦で違和感なくチームに入っていった小林祐希選手が、もう少し長い時間プレーしたらどうか、というのが見ものです。

山口蛍選手よりは攻撃的なセンスがあるので、柴崎選手と二人でうまくボールを動かすことができるかもしれません。

橋本拳人選手は、やはり後半から出場ではないかと思います。

 

攻撃的なMFにはやはり三銃士と呼ばれる、堂安・南野・中島の3選手がファーストチョイスですが、堂安選手が怪我で別メニューになっているようなので、ここは乾貴士選手が入ると思われます。

また森保監督がかなりメンバーを変えることを公言しているので、南野選手、中島選手も代わり、宇佐美貴史選手に香川真司選手が出場することが予想されます。

このあたりはロシアワールドカップも経験しているメンバーなので、コンビネーションの面ではあまり問題がないでしょう。

宇佐美選手と乾選手が両サイドから崩しながら、中央の香川選手とポジションチェンジをしたり、流動的に動いていくのではないかと思います。

南野選手と香川選手が変わることで、縦への推進力というより攻撃のバリエーションが増えるでしょうから、スピード感が少し薄れるかもしれませんが、大迫選手のようにボールを落ち着かせる役割を香川選手がになってくれることを期待したいですね。

 

そしてFWはコロンビア戦で途中出場となった鎌田大地選手です!

ベルギーで得点を量産している鎌田選手は、日本人にはあまりいないタイプの大柄なストライカーで、イブラヒモビッチような柔らかさと強さを持った点取り屋といったら言い過ぎでしょうか。

ベルギーリーグは決して守備の強度が強いリーグではないですが、それでも鎌田選手のゴールシーンを見るとヨーロッパの選手のような、シュートにうまさを感じるプレーが多いです。

ヨーロッパの大型のディフェンダーと普段から対峙しているので、大迫選手のバックアップとしても期待が持てる選手なのは間違いないですね。

 

選手個々では期待の持てる選手が多いので、あとはコンビネーションがどの程度うまくいくかがポイントですが、短い時間でも実戦で一緒にプレーできたことは大きな収穫だったでしょうから、次のボリビア戦ではきっと結果を出してくれることと思います。

南米勢に弱い日本ですが、コパアメリカに向けて新戦力の発掘になるといいですね!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。