コパアメリカ2019 日本代表メンバーと背番号!スタメンも予想!

この記事は4分で読めます

サッカー日本代表が招待チームとして参加する、南米サッカー最大のイベント、“コパアメリカ”がまもなく始まりますね!

 

残念ながら多くの選手が所属クラブとの兼ね合いで参加できず、決して最強の日本代表とは言えないメンバーになりました。

しかし、その分若い選手が多く入っていて、初代表の選手も多くいるので、それはそれで楽しみなメンバーではあります。

 

そこでコパアメリカに参加する日本代表のメンバーと背番号、所属チームを調べてみました!

スポンサードリンク

 

目次

コパアメリカ2019日本代表のメンバーと所属チームと背番号

コパアメリカ2019日本代表の予想スタメン

 

コパアメリカ2019日本代表メンバーと所属チームと背番号

コパアメリカ2019に挑む日本代表の招集メンバーがこちらです。

(左から背番号 名前 所属チーム。※は初招集。)

 

GK
1 川島永嗣(ストラスブール/フランス)
12 小島亨介(大分トリニータ)※
23 大迫敬介(サンフレッチェ広島)

▼DF
2 杉岡大暉(湘南ベルマーレ)※
4 板倉滉(フローニンゲン/オランダ)※
5 植田直通(サークル・ブルージュ/ベルギー)
14 原輝綺(サガン鳥栖)※
15 菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)※
16 冨安健洋(シント・トロイデン/ベルギー)
19 岩田智輝(大分トリニータ)※
22 立田悠悟(清水エスパルス)※

▼MF
3 中山雄太(ズヴォレ/オランダ)
6 渡辺皓太(東京ヴェルディ)※
7 柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
8 伊藤達哉(ハンブルガーSV/ドイツ)
10 中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)
11 三好康児(横浜F・マリノス)※
17 松本泰志(サンフレッチェ広島)※
20 安部裕葵(鹿島アントラーズ)※
21 久保建英(FC東京)

▼FW
9 前田大然(松本山雅FC)※
13 上田綺世(法政大学)※
18 岡崎慎司(レスター/イングランド)

 

初招集のメンバーが13人いるのですが、本当にフレッシュなメンバーですね。

それだけ実績のない選手ばかりとも言えるのですが。。。

 

ただポイントごとにベテランや経験のある選手が入っていますので、彼らを中心に、そこにうまく若手が絡めば、面白い日本代表になるのではないかと期待しています。

若手の多いチームの中では、岡崎慎司選手や川島永嗣選手の存在は大きいですね。

 

コパアメリカ2019 日本代表の予想スタメン

そして勝手ながら、スタメンを予想してみました。

 

GK  大迫敬介 

DF  植田直通 冨安健洋 板倉滉

MF  菅大輝 中山雄太 柴崎岳 原輝綺

FW 中島翔哉 岡崎慎司 久保建英

 

GKは大迫敬介選手になるのでは無いかと思います。

大迫選手はサンフレッチェで全試合出場。

 

DFは植田直通選手と冨安健洋選手に板倉滉選手。

おそらく3バックになると思われます。

その中で、DFリーダーとなる冨安を中心に、ともに海外でプレーする植田選手と板倉選手を予想しました。

植田選手はすでにA代表でも実績がありますし、板倉選手は何と言ってもマンチェスターシティ移籍が大きな話題になりましたよね。

現在はレンタルでフローニンゲンでプレーしていますが、久保建英選手同様、日本が世界に誇れる逸材であることは間違いありません。

出典:https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20190115/892675.html

 

MF は、ボランチにチームの中心の柴崎岳選手。

ワールドカップも経験している日本の司令塔は今回のチームの中心になるのは間違いないでしょう。

柴崎選手のパートナーとなるのは、中山雄太選手と予想します。

センターバックもできる大型のミッドフィルダーですから、ちょうど遠藤航選手のバックアップという感じでしょうか。

アジアカップでは不在になった時に改めて遠藤選手の存在の大きさを痛感することになりましたよね。

柴崎選手の負担を軽くして攻撃に時間を割かせるためにも、中山選手の責任は大きいと思われます。

 

両サイドのウイングバックには、菅選手と原選手を予想しました。

この二人は守備も攻撃もとにかくアグレッシブですよね。

運動量もすごいですから、3バックシステムのウイングバックとしては理想的な選手だと思います。

このポジションはとにかく運動量が要求されますからね。

 

FWについては、中島選手と久保選手はFWに入れましたが、実際は3-4-2-1という布陣になります。

1トップと2シャドーということですね。

この2シャドーが自由に動いてMFとFWの間をつなぐ役割になりますね。

時に1トップを追い越してゴール前に飛び込んだり、中盤に下がってボランチやDFからのパスを引き出したりと、攻撃に関しては2シャドーの役割は大きいです。

何より日本の若き天才と呼ぶにふさわしいこの二人が、一体どのようなサッカーを見せてくれるのか、楽しみで仕方ありません。

出典:https://dot.asahi.com/dot/2019060800009.html

 

そして1トップは岡崎慎司選手。

大迫勇也選手とも永井謙佑選手とも違う特徴を持っていて、ゴール前の飛び出しもできれば、中盤のつなぎ役として引いてボールをもらうこともできるし、前からプレッシングもできる万能FWですよね。

2シャドーは守備への貢献はあまり期待できないので、その分を岡崎選手が担って、天才たちがそのテクニックを披露する後押しをしてくれるはずです。

 

まとめ

若いメンバーが多いですが、森保ジャパンがスタートした時もそうでしたね。

ロシアワールドカップのメンバーから大きく変更して、若い選手が多かったため、先を見据えたメンバー構成と思われていました。

ところが始まってみれば、中島翔哉選手や南野拓実選手など、すでに海外で実績を残している選手たちが、西野ジャパンよりもスピーディーで完成された試合を見せて、みんなを驚かせましたよね!

今回のコパアメリカでも若手が多く入ったことで、さらにスピードアップした日本代表が見れるかもしれません。

 

アジアカップでは、スタメンと控えのメンバー間の差が大きく、チームとしてのオプションが少ないことが問題でした。

メンバーが固定され、相手にも研究されやすく、途中交代で流れを変える選手もあまりいないという状況でしたから、今回のコパアメリカのメンバーから、A代表の新たな戦力となる選手が出てきてほしいですね!

期待して応援しましょう!!

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。