堂安律の移籍金や年俸はいくら?背番号や海外の評価をチェック!

この記事は3分で読めます

堂安律選手のPSV移籍が決まりましたね!

PSVといえば、オランダの名門クラブで、過去にはロマーリオやロナウドなども所属し、最近ではパクチソンが所属していましたね。
パクチソンはここでの活躍が認められて、その後マンチェスターUへ移籍し、世界的プレイヤーとなりました。

そんな名門クラブに所属することになった堂安律選手ですが、移籍金はいくらだったのか、背番号は何番で年俸はいくらか、またポジションを争うライバルにどんな選手がいるのか、そして海外の反応はどうなのか。
その辺りの気になることを調べてみました!

スポンサードリンク

 

堂安律 プロフィール

ーーーーーーーーーーーー

名前:堂安律(どうあん りつ)
生年月日:1998年6月16日
出身地:兵庫県尼崎市
身長:172㎝
利き足:左足
ポジション:MF
所属:ガンバ大阪→FCフローニンゲン→PSVアイントホーフェン

ーーーーーーーーーーーー

堂安選手は中学時代から注目されていて、ガンバ大阪と名古屋グランパスエイトからオファーがあったそうです。

ガンバユース時代から早くもトップチームに呼ばれ、高校2年生の時に公式戦デビューもしていました。

 

しかしガンバって若い選手を育てたり経験を積ませるのがうまいですよね。

稲本潤一選手や宇佐美選手、井手口選手など、早くから若い選手がクラブで実績を出しています。

そして堂安選手も早くから才能を開花させ、10代にして早くもフローニンゲンでオランダへと活躍の場を移しています。

出典:https://www.football-zone.net/archives/154792

 

もちろんアジアのマーケットに関心があって、マーケティング的な要素はあるでしょうが、それでもアヤックスやPSVが獲得を目指すということは、実力が認められているという何よりの証ですね。

 

堂安律 移籍金と年俸

堂安選手のPSVへの移籍金ですが、およそ8億8千万円! と言われています。

ガンバからフローニンゲンへの移籍では2億6千万円でしたから大幅に評価が上がっていますね!

 

しかしこのところ、日本人選手のビッククラブへの移籍が急に増えています。

久保選手や安部裕葵選手はもちろんですが、冨安健洋選手もボローニャへとステップアップしましたしね。

(冨安健洋選手の移籍金についてはこちら)

 

堂安律選手の年俸ですが、報道されていないので、PSVでの年俸はわかりません。

ただし、ガンバでは年俸が600万円、その後フローニンゲンで4000万円ですから、おそらくPSVでは少なくとも倍増はしているのではないかと思います。

ちなみに、堂安律選手と一緒に現在の日本代表で「新三銃士」と呼ばれている中島翔哉選手と南野拓実選手の年俸は、

中島翔哉選手がカタールにいた時に4億円(ポルトでの年俸は不明)、

出典:https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=61626

 

 

南野拓実選手が1億3千万円と言われています。

出典:https://www.football-zone.net/archives/188934

 

 

南野選手がいるオーストリアリーグよりはオランダリーグの方が格は上ですし、クラブとしての知名度も違うので、少なくとも南野選手よりは高い年俸になっているのではないでしょうか

 

堂安律 背番号と海外の反応

堂安律選手のPSVでの背番号が25に決まりました!

フローニンゲンで最初につけていた背番号ですね。

フローニンゲンでは翌シーズンに7番に変更となりましたが、PSVでも活躍して来季は背番号7をつけれるようになってほしいです!

出典:https://www.sankei.com/entertainments/news/190909/ent1909090001-n1.html

 

堂安律選手のPSV移籍については、賛否両論あるようです。

肯定的な意見が多いながらも、堂安律選手選手が10億近い移籍金を払うほどの価値がないというものや、すでに力のある選手がいるチームに、適切な補強ではないという意見も出ているようです。

 

それでも、間違いなく貴重な控えにはなるであろうし、場合によっては先発での出場もありうるという意見もあり、決して実力を過小評価されているわけではなさそうです。

これからが本当の勝負の時だと思いますので、頑張ってチームでの存在感を高め、チャンピオンズリーグでも活躍して欲しいですね!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。