鎌田大地の移籍金や年俸に背番号!嫁が美人!海外の反応も調査!

この記事は4分で読めます

長谷部誠選手が活躍するドイツのフランクフルト。

今シーズンからは、そこにもう一人の日本人が活躍しています。

それが今回代表招集された、鎌田大地選手です!

 

開幕からピッチに立つ時間もどんどん増えてきているので、長谷部選手のようにチームの主軸になる日も近いかもしれません。

そんな鎌田大地選手ですが、移籍金年俸はいくらなのでしょうか。

また鎌田大地選手というと、奥様が美人だと話題になっています。

そこで気になる移籍金や年俸、背番号に加え、結婚に嫁の情報も調べてみました!

スポンサードリンク

 

鎌田大地のプロフィール

出典:https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=63526

鎌田大地(かまだ・だいち)

1996年8月5日 愛媛県生まれ

身長 180cm

体重 72kg

ポジション MF

利き足 右足

伊予市立伊予小(キッズFC)〜岸和田市立北中(ガンバ大阪ジュニアユース)〜東山高〜サガン鳥栖〜フランクフルト(ドイツ)〜シント=トロイデン(ベルギー)〜フランクフルト

 

小学校で全国制覇しているってすごいですね!

早くから注目されていた選手だったんですね。

その後もG大阪ジュニアユースに所属し活躍するものの、ユースには上がれず、東山高校を選んだそうです。

それでも高校時代は個人レベルでも注目を集めていました。

1年生から試合に出ていて、3年時にはキャプテンとして活躍。

高校時代からその柔らかなタッチで「強くて早くてうまい」という印象で、異彩を放っていたようです。

Jリーグ5チームからオファーがあったと報じられていました。

出典:https://web.gekisaka.jp/news/detail/?125560-129989-fl

 

ただ本人がサガン鳥栖の退団時に行った挨拶では、「高校時代に行く場所のない自分に声をかけてくれたのがサガン鳥栖だった」という話をしていましたので、案外、現実的なオファーをしたのはサガン鳥栖だけだったのかもしれませんね。

 

サガン鳥栖の対談セレモニーでは次のように話していました。

初めて九州に足を踏み入れ、いろいろな人に出会って、お世話になりました。高校生のときに行くチームがなかった僕に、サガン鳥栖だけが唯一声をかけてくれました。2年半という短い間でしたがサガン鳥栖には本当にお世話になったし成長できました。

出典:https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20170625/604778.html

 

サガン鳥栖に対する愛情は強いようで、このような話もされていました。

僕はサガン鳥栖を離れますけど、世界で活躍することでサガン鳥栖の名前を世界に広められると思うので、プレーでではないですけど、違う形でサガン鳥栖に貢献したいと思います。

出典:https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20170625/604778.html

中田英寿さんにとってのベルマーレ平塚や、香川真司選手にとってのセレッソ大阪のように、鎌田大地選手もクラブを象徴する選手になってくれることでしょう。

 

鎌田大地の移籍金と年俸

鎌田大地選手がサガン鳥栖からフランクフルトへ移籍したときの移籍金は、およそ3億円と言われています。

まだ若い選手ですから将来性を考えての移籍金になるのは当然ですが、それでもまだ日本代表選手でもないときに3億円での移籍オファーってすごいことですよね。

それだけ評価されているということですね。

実際サガン鳥栖に在籍時代は、65試合に出場し13ゴールを決めています。

U-22にも選出されていて、将来が期待されるプレイヤーと成長していました。

フランクフルトとしても、鎌田大地選手の将来性を考えて4年契約をオファーしたそうです。

かなり高く評価されているんですね。

 

年俸ですが、次のように推移しています。

2015年 360万円(サガン鳥栖)

2016年 480万円(サガン鳥栖)

2017年 700万円(サガン鳥栖)

2018年 2200万円(フランクフルト)

 

2019年の年俸はわからなかったのですが、レンタル移籍していたベルギーでの活躍が認められ、フランクフルトに残るかセリエAのジェノアに行くか、という状況だったので、どちらにせよかなり評価が高まっているのだと思います。

そうすると倍増くらいはしてそうですから、5000万円近い金額になっているのではないでしょうか。

今シーズンのここまでの活躍なら、来シーズンからは億を超える年棒を受け取るのも可能かと思います。

 

鎌田大地の背番号

鎌田大地選手はサガン鳥栖での背番号は24番からスタートしました。

その後主力に定着すると、7番へと変更。

出典:https://ls2014.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/columnsv2/columnsv2_46682.jpg?date=20181212162753

 

シント=トロイデンでは15番でしたね。

ベルギーに来て鎌田大地選手の才能が爆発しましたね。

本人もシント=トロイデンでの活躍で、ヨーロッパで戦っていく自信が芽生えたのではないかと思います。

フランクフルトでは、初めは40番でしたが、現在は15番に変わっています。

一時はジェノアへのレンタルも噂されていましたが、主力の移籍なども関係して鎌田大地選手の重要性が増したのでしょう。

もちろん鎌田大地選手のプレーがフランクフルトのフロント陣にインパクトを残したことが1番の理由だと思われます。

出典:https://www.football-zone.net/archives/215577

 

最近では相手チームから、要注意選手の一人として鎌田大地選手の名前が挙がることも度々あり、市場価値が倍に跳ね上がったとも言われています。

今回は日本代表のワールドカップ予選のメンバーにも選ばれましたが、それも納得ですね。

 

鎌田大地の嫁がかわいい

鎌田大地選手のことを調べると、必ず登場する「嫁がかわいい!」という情報。

実際どんな方なのか画像を調べてみたのですが、たしかに可愛い!

出典:https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20170625/604778.html

 

なんかもう、モデルさんみたいに美人な方ですね。

主役は鎌田大地選手なんですが、奥様の方しか目に入ってこない…すみません。

なんかサッカー選手って、やっぱりモテるんでしょうね。

鎌田大地選手なんて、ルックスもいいし、何より身長180㎝の長身ですから、やっぱり目を引きますよね。

私服の鎌田大地選手はこんな感じ。

 

奥さんとは同年代で、20歳での結婚は奥様にとっても大きな決断だったと思います。

鎌田大地選手の結婚の報告でもあったように、奥様も自分がやりたいことがあったようですが、鎌田選手の夢を優先させたようですね。

鎌田選手の海外移籍が決まった時に、スポーツ選手の妻として夫の私生活を支えようと決めたのかもしれません。

 

フランクフルトでの活躍は、かなり周囲の評価を変えているようです。

このまま1シーズン好調が続けば、同じチームの長谷部選手のように、本当にドイツでも認められるプレーヤーになると思います。

奥様も同行しているのできっと私生活の面では大きなサポートを受けているはず。

鎌田大地選手のこれからの活躍が楽しみですね!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。