朝を活動的に過ごす効果【おすすめの行動】

lifehack

朝の時間を活用するのが大事なのはわかるけど、何したらいいのかな。有意義な朝の過ごし方が知りたいな。

でも、やっぱり二度寝したりしちゃんだけど、朝は何をしたらすっきり起きれるんだろう。。

朝におすすめの行動を紹介します。

それぞれの効果についても説明しますね。

「朝活」なんて言葉もあるくらい、朝に生産的な活動をすることのメリットはみんなが知っていますよね。

でもやっぱり早起きするのって大変。せっかく目を覚ましたのに、ベッドから出れず二度寝してしまう人もいると思います。私もその一人。

そんな方に、朝に活動する効果やおすすめの行動を紹介します。

スポンサードリンク

朝、起きるの辛いですよね。

私も二度寝したことが何度もあります。

 

そんな私もいろいろな本を読み、またYouTubeでインフルエンサーの話を聞いて、朝活動する事の重要さに気付き、早起きや生産的な活動ができるようになりました。

朝に活動する事の効果と、私自身も体感した「おすすめの行動」を紹介します。

 

 

朝、活動する事の効果

  • 朝は頭が活性化している
  • 周囲に意識を逸らすものが少ない

朝は頭が活性化する、脳の「ゴールデンタイム」

当然ですが、睡眠中に脳が休まったことで、朝は頭がとても元気な状態にいます。この時間をメールとかSNSのチェックに使ってしまうのはもったいないですね。

スターバックスCEOのハワード・シュルツ、Amazonのジェフ・ベゾス、Twitterのジャック・ドーシも朝を有効活用していることで有名です。

 

それと意志力を表す、いわゆる「ウィルパワー」も減っていないため、理性が有効に働くので余計な誘惑に惑わされません。

ウイルパワーは朝から様々な決断により疲弊し、夜にはほとんど残っていない状況になっています。

そんな中、生産的な活動をしようとしても、テレビやアルコールなど余計な誘惑に惑わされるのも無理はありません。

 

意識を逸らす雑音が少ない

朝、誰も起きていない時間帯だと、余計なノイズに悩まされることがないですよね。

誰かから電話がかかるとか、家族から用事を頼まれるとか、宅配が届いて中断せざるをえないとか、、、

集中を途切れさせるこうしたノイズが生産性を下げてしまいます。でも朝ならそれが避けられます。

 

朝とるべき行動

目を覚まして、せっかくベッドから出たなら、次の行動をして健やかな朝を始めましょう。

カーテンを開ける

日光を浴びると体が朝だと認識します。

日光を浴びる効果は、

  • 眠気を引き起こすメラトニンという物質が抑えられる。二度寝をしなくなる。
  •  「セロトニン」という神経伝達物質が分泌される。脳を活発に働かせる鍵となる物質なので、頭が覚醒される

こちらの医療法人のサイトでも紹介していますので、間違いないですね。

https://heisei-ikai.or.jp/column/serotonin/

 

水を飲む

胃腸が活発化して、腸内環境を整えます。

腸内環境を整えることが大事なのは、今さら言うまでもないですよね。「腸活」なんて言葉も流行りましたが、腸が元気だと体も元気になります。

マコなり社長もお勧めしています。

朝に絶対にやってはいけないワースト5

 

 

軽い運動(散歩)

20分程度の散歩(ウォーキング)で十分です。

メンタリストDaigoさんもおすすめ。科学的にも証明されているようです。

効果は、以下の脳内物質が分泌されます。

 

脳の認知能力を高めるドーパミン

気分を高めるノルアドレナリン

抗うつ作用のあるセロトニン


継続することが苦手な方は、とりあえず1日やってみて、その効果があるか自分で確認してみるといいですね。

人生が当日から激変する【朝の行動】とは?

 

 

今日何をやるか、行動をイメージする。

その日に達成すべきことを紙に書いたり、言葉に出して自己宣言することで、目標が明確にインプットされ、達成率が上がるはず。私は実感してます。

朝にやることを整理してリマインダーを設定しておくと、リマインドされる前に気づいたりして、きっと1日の流れがイメージできるからかな、と思っています。

まとめ

朝は、

  • すぐにカーテンを開けて
  • 水を飲み、
  • 軽く散歩する

をやってみると、朝から気分良く1日をスタートできますので、是非試してください。

タイトルとURLをコピーしました